ここから本文です

心療内科で補中益気湯という漢方を貰っているのですが これはどういった薬な...

kya********さん

2018/8/1605:34:22

心療内科で補中益気湯という漢方を貰っているのですが


これはどういった薬なんですか?

この質問は、男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,203
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

the********さん

リクエストマッチ

2018/8/1610:32:34

病気で弱った身体を改善させる薬ですね。

ただ、これだけを飲んでいれば良くなるわけでもなく、補中益気湯で胃を活性化し、十分な栄養を摂れる身体に戻す作用があるだけです。

ですから、バランスの良い食事を心掛けてください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「補中益気湯」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dar********さん

2018/8/2112:34:37

補中益気湯とは

字の如く「気を補い、溢れさせる(巡らせる)」という処方です。

では気とは?

体を動かすエネルギーです。体が常に一定の体温(恒常性)を保てる、手足が動く、考える、話す、外部からのウイルスや細菌などの侵入を防ぐ・・・等々全ての行動は気があるからこそ成り立ちます。

では、これが不足をすると

・疲れやすい(動いたり、仕事の後に特に疲労感が酷くなる。休むと少し楽になる)
・脂っこいものが苦手(さっぱりしたものが好き)
・胃腸が弱い
・そもそもお腹がすかない(1日1食、2食でももってしまう)
・人に「食べないともたないぞ」と言われてシブシブ食べる。
・朝起きて布団から中々起き上がれない(しばらくモゾモゾしていないと動けない)
・疲れると頭痛が起こる(かろうじて痛み止めを飲まなくても我慢出来そうな鈍痛)
・午前中弱い(昼過ぎから動けるようになる)・
・冬が苦手
・カゼを引きやすい
・カゼが中々治らない(長期化してぶり返すことも/微熱がしばらく続くこともある)
・医師から胃下垂、胃アトニー、脱肛等言われた事がある。
・運動が苦手
・滝のような大汗をかいてシャツがグショグショになり、何回も肌着を取り換える
・ストレスに弱くなる。
・低血圧傾向

などの症状が起こります。但し個人差はあるので、全てではありませんし、一例です。全てあてはまるとは限りません。

補中益気湯の目的は脾を元気にすることで「健脾」といいます。「気」を作っている臓器が「脾」という所です。これは脾臓ではなく、架空の臓器と言われています(ここが漢方の難しい所です)胃で消化吸収したものを脾で更に濃縮して高濃度の栄養物質にして肺に送ります。肺というのは五臓の中で一番上にあるとされているので、上から全身に送る感じです。屋上にあるマンションの給水塔みたいな感じですね。上にあげるというのは、重力に逆らうので中々大変なのです(>_<)

脾が弱ると、上にあげられない、若しくは上手く高濃度の栄養物質を作れないので不良品として残ってしまいます。これが湿という不要な水分となります。本当は(湿→水→飲→痰)と濃度が変わるのですが難しいので湿で統一しますね。

この水が悪さをします。水は重い性質があるので。

・体が「重だるい」
・水分過多で「軟便、下痢傾向」
・頭部に水が栄養の通り道の一部をふさぐと、「頭痛(特に鈍痛)」や「めまい(回転性が多い)が起こります。
・天気が悪くなる(又は前)に体調が悪くなる。「重だるく」なる。
・下半身がむくみやすくなる
・体が冷えやすくなる
・口の中がベタベタする、ツバがよく飛ぶ

など水にまつわるトラブルが多くなります。この水のトラブルの度合いはご自身で見ることが出来ます。

鏡で舌を見て下さい。白っぽくて水を含んだ油揚げのようにふっくらしていませんか?又ふっくらする事で歯に当たるので、舌の周囲にデコボコの歯形が付きます。これは代謝出来ない水(湿)があり冷えている状態です。更に水(湿)が濃縮され慢性化すると舌にベッタリとして白い苔が付きます。ですので、普段から舌クリーナーをよく使っている方は、水の代謝が悪いという事になります。これは脾を元気にして、水をきちんと代謝出来る体に戻さないと幾らでも出てくるので、いたちごっことなります。西洋医学では雑菌で片付けますが、東洋医学ではどの位体内に水(湿)を抱えているかを知る大事な指標になります。

尚、舌が赤い、苔が黄色くなっている場合は、余分な熱を抱えているので補中益気湯の適用外となります。その場合は冷やしながら、余分な水をさばきます。

あとは、体の中から必要な物質を漏れ出さないように閉じ込める働きがあります。これが弱ると滝のような大汗を書き、出血しやすくなります。疲れが酷くなると歯ぐきから出血しやすくなりますね。

<注意点>
補中益気湯は使いやすい方剤ですが、一つ注意点があります。

上記に、必要なものが漏れ出さないように閉じ込めると書きましたが、実は悪いものも閉じ込めてしまう厄介な所があります。ですので

ウイルス感染、細菌感染、熱感を伴う炎症が見受けられるときは、これらを更に体の奥深くに侵入させてしまいますので、インフルやノロもそうですが、感染症(カゼも含む)にかかった時は一時中止をしてください。

そして、ウイルスや細菌と戦うと当然「気」を消耗します。1週間程度で一般的な感染症は落ち着くと思いますが、高熱も疼痛も引いたのであれば再開しても構いません。脾の気が不足した「脾気虚」タイプの方は、熱が引いた後も、37度台の微熱が続いたり、食欲が中々戻らなかったり、咳が残ったりします。そういう時もやはり、先の戦いで気が相当消耗しているので、補ってあげて下さい。咳が残って白い痰が出るときは、本当は「参蘇飲(じんそいん)」の方が良いのですが・・・中々取り扱いがないのが残念。

【養生法】
・冷たい物を避ける
・生姜やにんにくなど温めるものを多めにとる
・夏野菜(ハッパもの、ナス、トマト)やかんきつ類は特に体を冷やすので、注意する。ナスを食べる場合は生姜を+αするといいです。
・乳製品も体を冷やします。牛乳はホットミルク、ホットカフェオレ、ホットココアがオススメ。
・麦茶・ビールなど麦は体を冷やします。過剰摂取に注意。
・くるぶしが隠れるような靴下をはく(くるぶしが見えているのは冷えが入り込みやすいです)
・クーラーの冷気を直接浴びないようにする。

全部実施となるとかなり大変ですし、いきなりは相当にストレスとなりますので、出来そうなものを一つでも二つでもお試し頂くと宜しいと思います。


<余談>補中益気湯が適用する「脾気虚」タイプで。
①疲れるとめまいや頭痛を起こしやすい(めまい特に回転性が多い)舌に白い苔が多く付着している
⇒苓桂朮甘湯(りょうけいじゅっかんとう)

②下半身のむくみが強く、指でむくんている箇所を指で押すと中々戻りにくい
⇒防已黄耆湯

③脾よりも胃腸が弱っている。舌に厚い白い苔がある。
補中益気湯はそもそも食欲がわきませんが、「食べてみようかな~」と意欲はあるが食べてみると胃腸が重くもたれるタイプ。悪心・嘔吐を伴いやすくいつも胃腸の調子が悪い(疲れやすいなどはあるが、それでも全身症状より胃腸に症状が集中している)
⇒六君子湯(りっくんしとう)

④補中益気湯タイプで特に冷えが強くなり、冬が特に辛い
⇒人参湯(にんじんとう) 脾気虚の先にある脾陽虚という病態まで進んだ形です。脾気虚の慢性化、加齢に伴い移行していきます。

⑤④よりも更に冷えが強くなる(附子剤)
⇒附子理中湯(ぶしりちゅうとう)※人参湯に附子(トリカブトを加熱処理して温める力を強めたものです)を加えたものです。

★疲れやすく、年齢と共に、体の根幹を支える「腎」(脳、骨格、泌尿器、生殖器など体の根幹を司る部位の総称)に影響が及んだ場合。水溶性の下痢が起こりやすくなる、むくむ、膝に水がたまりやすくなる、冷えてトイレが多くなる(若しくは小便の回数が減り、むくみや膝に水がたまってしまう)冷えて腰が痛む(加齢による慢性化の腰痛)
⇒牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)/真武湯(しんぶとう)【腎虚水氾(じんきょすいはん)/脾腎陽虚】

★は脾というよりは「腎」にウエイトがあるので、参考として記載しました。
ただ、生まれつき体が冷えやすいなど、腎が若年層でも弱い方がいますので、そういう方で疲れやすい、下痢しやすいなど脾に及んでいる場合は【脾腎陽虚】という脾陽虚+腎陽虚という併せ持った病態であるので、水をさばき温める力を強めた方剤となります。補中益気湯では温める力が弱いので。

※めまいは、ストレスを受けると悪化をする、イライラしやすい、舌は全体的に赤く、特に舌の周囲が赤みが強い、冷たい物を好む、目が乾きやすい、充血しやすいなどのめまいには苓桂朮甘湯は使いませんのであしからず。熱があるので、熱を取り除く処方になります。補中益気湯が適用していれば一緒に服用することはありません。
⇒抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)/釣藤散(ちょうとうさん)←頭痛にウエイト

ここは難しい所なので、フーン程度で宜しいと思います。

長文失礼しました。

ご参考になれば幸いです、お大事にどうぞ(^_^)

yuu********さん

2018/8/1610:37:48

ご自分で納得いくまで検索してください。
薬の名前で検索もできますし、私のお勧めは「お薬110番」というサイトの「ハイパー薬事典」です。

アバター

ID非公開さん

2018/8/1607:34:07

私は、あまりの暑さで、体力低下のため[夏バテ]の漢方薬として処方してもらってます。

呼吸器内科で処方してもらってますが、内科全般で出してもらえるみたいです。

ket********さん

2018/8/1605:37:07

我々専門家が出している補中益気湯の未来をお読みください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる