ここから本文です

大庄屋というのは、中抜きで儲けていたのですか。 年貢の中抜きで儲けていたの...

rit********さん

2018/8/1912:20:56

大庄屋というのは、中抜きで儲けていたのですか。

年貢の中抜きで儲けていたのですか。

藩が年貢徴収を委託していて、80俵の年貢であれば100俵や120俵を盗って、20俵や40俵が大庄屋の儲けになったのでしょうか。
中間マージンでしょうか。
余剰資本で酒つくりや高利貸しを併用しており、それでも儲けていたのでしょうか。

閲覧数:
82
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/8/2609:41:12

していない。
それに庄屋は高利貸ではない。
庄屋が中抜きをしていたら、
幕府に収める年貢が減って、
庄屋自体が罰せられる。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「庄屋とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2018/8/2100:12:33

庄屋は、納税の責任者でした。

役職としての「大庄屋」は存在しません。

村役人の基本的構成は、
名主・庄屋・肝煎、
組頭・年寄
百姓代・乙名(大人)

の3階層で、
これらは、地主・自作農の中から選出されました。

庄屋(名主・肝煎)は納税の直接責任者に指名され、個人として村邑の納税に対して連帯責任を負わされていました。

村中の有力地主でないと「納税の個人連帯保証」を負えませんでした。

地主・大規模自作農たちは、自身の所有田から得る収穫・小作料(小作人にとっては小作料全体を年貢と呼びました)から、租税としての年貢を支払いました。

庄屋に限らず、貸地を持っていた農民はすべからず、貢税以上の年貢を小作から取っていました。

ail********さん

2018/8/1920:24:34

藩により違いますが、
大庄屋は武士が農村に派遣され、定着しました。
庄屋の監視でしょう、中抜きして儲けていれば一揆がおきます。藩主が幕府から罰せられます。
してても記録ないのでわかりません。

庄屋はそんなことしねーよ

酒造家はいただろうが高利貸しなんて居ない

いったいどんなイメージもってんだ?

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2018/8/1914:50:57

庄屋は基本、ボランティアの名誉職で、原則無収入です。
元々、大地主の大規模農場主ですから、
他の農民から搾取しなくても、十分な収入があります。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる