ここから本文です

そもそも北朝鮮観光は、四六時中「案内員」に監視されて、自由な行動などできない...

アバター

ID非公開さん

2018/8/2712:08:30

そもそも北朝鮮観光は、四六時中「案内員」に監視されて、自由な行動などできないはずなのに、何で軍事施設を撮影した容疑で捕まるわけ?そもそも「決められた観光コース」内にそんな場所に近づけるわけないじゃん?

閲覧数:
58
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2018/8/2717:49:32

監視が付くのは観光ビザで入国した人だけです。
労働ビザ、報道ビザ、配偶者ビザ、祖国訪問ビザなど監視は付かないです。
北朝鮮で日本料理店を営む藤本健二さんにも監視は付いていないでしょ!

ちなみに報道ビザなら1万~3万ドルで簡単に入手できます。
ただ、出国時に厳しく検査され、PCなんかはシステムフォルダを含めた全てのフォルダをチェックされます。
その中に偶然軍事施設の一部が一緒に写った写真が見つかったために拘束されたというのが大方の観測です。

アバター

質問した人からのコメント

2018/8/28 08:01:02

その藤本なんとかは、元金正日専任料理人(自称)でしょ。特権階級だろ?しかも現地妻と子供もいて。そもそも監視が付くわけないだろ?

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nab********さん

2018/8/2712:38:13

私自身が実際に北朝鮮ツアーに参加した経験があるのですが、本当におっしゃる通り、撮影禁止施設に近づくことなんて「普通のツアー参加者」では無理です。

普通のツアー参加者は、飾られ整備された「彼らが見せたい所」だけにしか連れて行ってもらえません。

普通のデパート買い物客がバックヤードに近づけることはなく、普通の映画館利用で映写室に入ることは無いのと同様、普通に北朝鮮ツアーに参加していれば、お客様用の「キレイな北朝鮮」にしかアクセスできず、もちろん撮影はほぼ完全に自由です。むしろ「どんどん撮って下さい」的なノリです。

そこで考えられるのは、要するに週刊誌などにネタを売るフリーのジャーナリスト、あるいは、視聴回数狙いのユーチューバーなどが、意図的に何か姑息な手を使って、無理やり撮影を強行したというケースです。

要するに、故意犯による自業自得ということです。
そういうことをすれば、北朝鮮でなくてもそれなりの仕打ちは受けます。

例えば日本国内だって、例えば警察署の庁舎内に入り込んで内部の隠し撮りを続けていて発覚すれば、そりゃ当然しばらくの間は拘束されて取り調べを受けると思いますよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

gog********さん

2018/8/2712:16:12

街中にある兵士の詰め所も軍事施設です。また、公表される拘束の理由は表向きのものですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる