ここから本文です

持ち株会について質問です。 上場後の会社で持ち株会に加入し、積立購入する事で...

rai********さん

2018/9/218:26:46

持ち株会について質問です。
上場後の会社で持ち株会に加入し、積立購入する事での一般の投資家と比較した場合での金銭的なメリットは、奨励金がある事くらいでしょうか?

特に市場価格より安く購入出来ている訳ではな

いという認識で間違いないでしょうか?

現在、持株会に加入しているのですが、上記の様な事であれば特に続ける事もないかなと考えており、ご質問させて頂きました。

閲覧数:
95
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2018/9/221:48:44

買付価格は市場価格なので、安くはありません。
奨励金が付いているので、給料からの控除額で考えれば、
奨励金の分だけ安く買えているとも言えます。

ドルコスト平均法での購入として考えてみます。

例えば月々10万円の積立で、10%の奨励金なら
11万円分買い付けますから、5000円の株を
22株買い付けます。給料から10万円控除されただけで
22株買えたので見かけ上は4545円で買ったことに
なります。売却すれば、11万円になります。
売却時の税金は取得価格を5000円と見なすので掛りません。
1万円儲かることになります。

もちろん、10%の奨励金で1万円給与が増えたようにも
見えるので、所得税が増えますが、所得税が5%なら
500円ですから、売却益1万円を考えるとおいしい話に
なります。


上場企業で最近配当が増えてきている企業なら違うメリットが
考えられます。 長期保有することになりますが、配当の
再投資による資産増です。
単位株未満の端株を買い集めることが出来るので、細かい
金額ですが、再投資により株数が増えるので、利回り5%超
もありえます。また、株価がつり上がれば、含み益40%超
にもなります。
#私の会社は、奨励金5%25年加入で累積2000万。
利回り5%、含み益80%です。
株式の配当利回りは最近やっと3%程度ですから、かなり
大きく廻っていると言えます。

質問した人からのコメント

2018/9/2 22:30:12

非常に丁寧にお答え頂き有難う御座いました。


私は積立額がそこまで大きくないですが、実質な利回りも考慮して今後を検討してみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ken********さん

2018/9/219:53:10

「金銭的なメリットは、奨励金がある事くらいでしょうか?」

はいそうです。

市場で買い付けているので、安く買えることはありません。

zxy********さん

2018/9/219:40:43

考えようによっては、「奨励金がある≒市場価格より安く購入できる」になります。そうじゃないと、社員がわざわざ「持株会」に加入するメリットはないですからね。

奨励金が10%であれば、市場価格より10%(厳密に計算すると違うけどね)安く購入できると考えるのが妥当じゃないですか。

xxe********さん

編集あり2018/9/218:37:34

持株会の存在意義や旨みは、投資家側でなく、会社側にあるのだと思っています。

社員が自社の株を持つことで、株価の変動や業績に寄らない株主を増やすことができることと、社員の労働意欲を保つことを目的としているのではないでしょうか。

以上から、私は持株会に加入していません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる