ここから本文です

源頼朝は、眠っていた征夷大将軍と言う官位を引っ張り出したわけですか。 平家...

rit********さん

2018/9/423:47:07

源頼朝は、眠っていた征夷大将軍と言う官位を引っ張り出したわけですか。

平家は武家ですが征夷大将軍には興味を持たなかったわけですか。

それ以後の武家は、頼朝の成功を見て征夷大将軍に価値を見出したのですか。
武家の棟梁と言う意味を持つようになったのですか。

閲覧数:
190
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

won********さん

2018/9/502:29:02

頼朝が征夷大将軍という職を、国内に朝廷と幕府という2つの日本政府が合法的に存在する理由づけに使ったから。

日本人はなぜか誰も疑問に思わないが、鎌倉時代から明治維新まで、日本は朝廷と幕府という2つの日本政府がある異常な国だった。先週の西郷どんでイギリス公使のパークスが「日本は帝と将軍のどっちが偉いんだ!」みたいなことを言っていたが、日本以外で1つの国に2つの政府と2人のトップがいるなんて非常識な国は世界中どこにもない。

言うまでもなく日本は古来から朝廷(天皇)が治める国だが、平安時代の末期に武士が台頭し、武力と経済力を背景に、源頼朝が鎌倉に武家政権を樹立した。しかしこれは言ってみれば暴力団が鎌倉一帯を勝手に自分たちの縄張りにしたようなもので、法的な存在根拠は何もない。

そこで源頼朝(実際には大江広元らしい)が考え出した裏ワザが征夷大将軍。征夷大将軍は都から東北地方まで遠征するから、途中のどこかに前進基地が要る。征夷大将軍になれば、鎌倉政権は蝦夷征伐ための前進拠点だという理屈が使えるわけ。

しかも源頼朝にとって東北のドン・奥州藤原氏は、源氏の祖先である八幡太郎こと源義家から手柄と領地を横取りして栄えた憎き国。平家の次に奥州藤原氏を滅ぼすためには適当な大将軍ではダメで、征夷大将軍である必要があった。

こうして源頼朝が征夷大将軍の職を幕府という軍事政権の存在理由にしたことで、これ以後、征夷大将軍は軍事政権のトップ=武家のトップという意味になった。足利尊氏も徳川家康も、源頼朝のこのやり方をマネして幕府という軍事政権を合法化しただけ。

源頼朝が天才政治家と呼ばれる所以。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

xxx********さん

2018/9/506:17:42

nic***さんの回答が正解で、won***さんの回答は間違いです。

源頼朝は朝廷側に『征夷大将軍』という具体的な官職は要求しておらず、あくまで『大将軍』という名がつく官職を求めています。
その中で朝廷側が征夷大将軍を選定したのが真実です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nic********さん

2018/9/500:29:15

頼朝が朝廷に要求したのは何でもいいから「大将軍」という名称の官職で、征夷大将軍には拘っていません。
奥州藤原氏が、当時の「将軍」である鎮守府将軍だったからです。
後白河がそれを拒絶し、頼朝も興味を失った後に征夷大将軍に任命されたのです。
頼朝が死亡時に唯一就任していた官職であることから、頼朝の正当な後継者が就任する象徴的官職となり、頼朝が獲得した様々な権利が征夷大将軍の権利となったのです。

「征夷大将軍、源頼朝」に関する質問

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる