ここから本文です

中欧帝国について 19世紀後半、プロイセンオーストリア戦争を経ずに 中欧7000...

nao********さん

2018/9/622:49:16

中欧帝国について

19世紀後半、プロイセンオーストリア戦争を経ずに
中欧7000万帝国が完成していたらどうなっていたでしょうか。

首都ウイーン、経済の中心ベルリンでしたら
1フランスとの戦争には容易に勝利していた
2東欧の資源や耕作地が既に手に入っている
3ロシアの驚異がより小さくなる
4英仏を凌ぐ人口や経済力で、海外進出へ集中できる

このようにメリットたくさんです。
東欧の民族主義も豊かなドイツの勝馬の流れがあれば
噴出することはなかったと思います。

このようなメリットを分析し
プロイセンがオーストリアとうまく手を組んでいたならば
ドイツの未来はどうなっていたでしょうか?

閲覧数:
55
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ris********さん

2018/9/711:22:00

同じような理由で中小民族がくっ付いたのがユーゴなどですが、あのように失敗したので、同じ理由でいずれ解体されるでしょう。ユーゴはロシアやドイツの脅威がなくなり、平和な世では民族単体でやっていけるという風潮も後押しになりました。

ユーゴでのクロアチアとセルビアの成り行きが、そのままドイツとオーストリアの成り行きになるでしょう。どちらも同一民族同一くらいの力のある2国で、クロアチアがほぼ単体なのに対してユーゴはハプスブルクのように他民族混成国家でリーダ-格でした。


ドイツオーストリア連合が成立するには、共通の脅威がないとなりません。仮に何等かの理由があってどちらかがリーダーとなって両国が合併したらどうでしょう。

まず早々にドイツ人以外の国が離反するでしょう。オーストリア帝国内では支配側に居られたハンガリー人も、まず完全な少数派。他の民族もドイツ人完全優先の社会ではただの奴隷です。

オーストリア帝国が持ったのは、民族主義が出た時代でも、オーストリアを立てねば自分たちもドイツに併合されそうで危ないと思ったからです。ドイツオーストリア連合だと少数民族を合算してもドイツ人8~9割です。1割の発言権ではそれは併合された民族と同じです。

少数民族がオーストリア帝国を立てたのは、オーストリアがドイツを追い出された結果、ドイツ人のほうが少数になっていて、少数民族が結束すればドイツ人の意見を覆せるため、ドイツ人たちも支配者気取りできず親分・協力者として方々の意見を吸い上げないとやっていけなかったからです。

クロアチアとセルビアが並立し結果対立したのも、双方が同じくらいの数と力があったことから、一強を防げたため、お互い”妥協”して一緒の国をやっていたのです。2者が協力すれば、他の少数派は封殺もできます。オーストリアとハンガリーが”妥協政策”で協力したのと同じです。


それで仮にベルリン一強なりオーストリア一強なりで、リーダーシップを発揮してドイツ・ハプスブルク連合帝国が出来たとします。しかし時は民族主義加熱時代。ドイツ人国家である同国から、スラブ民族は脱退していきます。ドイツ人国家を立てたところで、彼らに何らメリットはないからです。トルコなりロシアが彼らを併合しようとドイツに併合されようと変わりません。何せそれまで、ドイツなりトルコ人に併合され言いなりになっていた民族ですから、元通りになるだけです。

それならハプスブルク傘下の少数民族も離脱し、中欧連合国かスラブ連合王国を作ります。史実では中欧諸国がオーストリア帝国に入っていたので、残った地域でユーゴ王国がそれを実現していましたが、ドイツ人優先国家とロシア人優先国家に挟まれた中欧諸国は、ロシアとドイツの緩衝国家として生きぬくほうを選ぶでしょう。史実でも戦後はそうでした。



となるとせっかく成立したドイツ・ハプスブルク帝国も結局まとまりがあって国家としてまともに動ける人的・軍事的資源はどう頑張ってもドイツ人だけになります。オーストリアの人口(ドイツ人)は1000万人もいません。メリットが上下オーストリアの小州2つ増やすだけな上に、デメリットで皇帝か王かで争って船頭多くして船山登っていたでしょう。争いに挟まれる少数の南ドイツ諸国のドイツ人はドイツ人なのに下等に扱われ、いいことがまるでありません。プロイセン王は先見の明があったと言えます。

なお実際に第一次世界大戦では、ドイツ帝国がオーストリア政府を占領して奪取し、ドイツ軍に編入してから進撃を始めました。臨戦態勢ではドイツ人優先が取られたので、オーストリア諸民族は戦後に分裂しました。連合国も一部では「少数民族問題は面倒くさいので、独立せずにオーストリアに留まって欲しかった」ほどですが、どう頑張ってももうオーストリアに残る者はいませんでした。

というように結局オーストリアのドイツ人は大戦でドイツに吸収されつつも大したことなかったので、メリットは限りなく少なく、苦労は増えるでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rur********さん

2018/9/623:18:00

ちょっと無理です。

普墺戦争せずにオーストリア主導で統一はまあ良いんですが、
その場合プロイセンはプロイセンとして残ります。

普墺戦争してオーストリアが勝たないと中欧7000万帝国ルートはちょっと無理です。

オーストリア及び中小ドイツ諸国にとってはメリット一杯かもしれませんが、肝心のプロイセンに何もメリットないやん。ハプス総取りなだけじゃん。


単独で対処できるロシアの脅威をちょっと小さくするためだけに、単独でやっていけるプロイセンにハプスに下れと。いや無理。
というか実際、何もメリットないからドイツ統一しなくて良い(寧ろしないほうが良い)プロイセンを、他のドイツ諸国が統一ドイツの主力として欲したから小ドイツなんて意見が出て来たわけで。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる