ここから本文です

【ランディチェアについて】

k_a********さん

2018/9/1517:00:03

【ランディチェアについて】

ハンスコレーのランディチェアの名前の元となった展覧会について質問です。

ランディチェアの名前の由来は、「ランデスアウスシュテルング」と言う展覧会のために制作した椅子だからランディチェアと名付けられたと本で読んだのですが、そもそも「ランデスアウスシュテルング」と言うのは日本語に訳すとどのような展覧会だったのでしょうか?

ネットで調べても出て来なかったため、こちらで質問させていただきます。

知っている方がおられたら教えていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

閲覧数:
16
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

r_i********さん

2018/9/1603:23:58

ランデスは田舎の意味、アウスシュテリングは展示場の意味。スイスが25年ごとに開催している国際博覧会で、1939年は田舎をテーマに展示を行ったみたいですよ。

https://www.eda.admin.ch/aboutswitzerland/ja/home/gesellschaft/gros...

特に1939年、チューリヒで開催された“Landi(田舎)”は、完全に国防の精神一色に塗りつぶされており、加えて、スイスの快適な田舎暮らしと産業都市での騒々しい生活との比較を強調し、チューリヒ湖畔に実物大の“スイスの村《田舎の小さな村》”が再現された。

ランデスは田舎の意味、アウスシュテリングは展示場の意味。スイスが25年ごとに開催している国際博覧会で、1939年は...

  • r_i********さん

    2018/9/1603:28:59

    ランディチェアは、1939年にチューリッヒで開かれた「スイス国際博覧会」で、公式屋外用のチェアとして採用された。デザインを手がけたのは、当時まだ学生であったスイス人デザイナー、ハンス・コレー。

    コンペでは、針金の脚に穴あき板金の座をのせたミニチュア・モデルを見せた。先鋭的でありながら機能性の高いフォルムは、これ以降、屋外チェアの基本形となっていく。

    背もたれとシートが一体になったシェルチェアの構造は、脚部の上のシートをねじ止めしているだけという単純さ。素材にはこの時代、スイスの重要輸出品であったアルミニウムを、全パーツに使用している。

    ゆえに軽くて丈夫。体になじむ質感もある。さらに軽量化のため91カ所にパンチングを施すことで、約3kgにまでウエイトダウンすることに成功。“穴あきデザイン”だから、当然、雨水はたまらない。
    中略
    タオルでひと拭きするだけでピカピカのチェアに戻る。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる