ここから本文です

ゴッホの絵画をホームページの壁紙などに使いたいのですが、著作権などはあるので...

アバター

ID非公開さん

2018/9/1216:49:52

ゴッホの絵画をホームページの壁紙などに使いたいのですが、著作権などはあるのでしょうか?

問題ありますか?

補足因みに一部を切り取り合成した形で使うだけで、絵画に関したページでも、絵画じたいをどーこーしてビジネスをする訳でも全くありません。

この質問は、男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
87
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hyu********さん

リクエストマッチ

2018/9/1217:03:23

ゴッホの死後128年ですので、すべての作品の著作権は切れています(笑)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

vnk********さん

2018/9/1709:28:53

不特定の人の目に触れるHPはマズいと私は思いますが

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

ase********さん

リクエストマッチ

2018/9/1218:16:39

著作権は問題ありません。
ただし「著作者人格権」を侵害する可能性はあります。

著作権というのは、著作物に対する財産的な権利で、これは作者の死後50年で消えます。
しかし著作者人格権というのは、死後も消えることのない作者の権利になります。
具体的には「公表権」「氏名表示権」「同一性保持権」の3つです。

このうち「同一性保持権」は読んで時のごとく、勝手に改変しちゃダメよ、という権利です。
ただ厄介なのが、この『改変』の判断。
貴方はゴッホの絵画を「切り取り合成した形で使用する」との事ですね。
これは一見、絵画そのものに手を加えていないので改変に見えないのです。
ですが「コラージュ」という作品をご存じないですか?
既にある画像などを組み合わせて、別の作品に仕上げるという表現方法。

実はこのコラージュが「同一性保持権」を侵害しているのではないか、というのは、ここ数十年ずっと議論されてるテーマです。
そして裁判でも、侵害とみなされるかどうかは作品によってまちまちです。
もし貴方のHPを見た人が、これは「コラージュ」であり「同一性保持権」を侵害していると判断した場合には、公表中止を求められる可能性があります。

まあ、ここまで散々脅しましたが、仮に言われたところで公開を止めればいいだけです。
財産権である著作権は切れていますので、とんでもない損害賠償が来るとかはないので安心して下さい。

ただ、「同一性保持権」という権利がある事を理解して、
偉大なクリエイターである先人の作品を壊さないように創作すれば良いと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

aro********さん

リクエストマッチ

2018/9/1217:38:59

複製画像には、複製者の著作権、使用権が存在します。
フリーを宣言している画像ではない限り、掲載しているホームページ、掲載されている書籍、誌面等の著作が存在します。

また、絵画の画像そのものの著作権は切れていますが、絵画には「持ち主」がいますし「資産価値」がありますので、持ち主に使用許諾を求める必要があります。画集などには載っていても、有所有物としての使用許諾の権利があります。
無断複製されたものは、著作権、商用云々関係なく、損害賠償請求をされることがあります。
公式複製されたものは、複製画を描いた人、撮った人の著作権があります。

日本の法律ではなく、持ち主、複製主の住む国の法律が適応されますので、誰が所有しているかをよく調べ、許諾を得る必要があります。

ゴッホクラスになると、突然海外の弁護士事務所から数千万の請求が来ても、なんも不思議ではありません。
(依頼してOKしてくれれば数十万で複製させてくれるかもしれませんが)
これは、著作権侵害云々の話ではなく、画像の使用許諾による利益を侵害された、損害賠償の形を取ることも多いです。

例えば、1934年に著作権の切れているはずの「大きなのっぽの古時計」の楽曲には、公式に権利を取得してレコーディングした平井堅にも、彼の死期50年まで権利があります。
また、訳詞者は死後50年が経過していないので、日本語の歌詞の著作権は切れていません。

ゴッホの死後50年たったからといって、権利者がいなくなるわけでは無いので、「特に海外所有者の資産価値のある著作物」(絵画、映画、写真、翻訳物、楽曲)等は、注意してください。

いきなり数千万~数億の損害賠償請求(著作権料請求ではない)が海外から届いて、身柄を拘束されても知りません。
(戦前の無声映画のワンシーンを非商用のチラシに使って、億単位の請求が来た人を知っています。交渉の結果事前許諾を得ていたことにしたそうですが、交渉や許諾料など相当額かかったそうですよ。)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tur********さん

リクエストマッチ

2018/9/1216:58:53

商用目的でなければ問題ないです。
※例えばTシャツにプリントして売るとか

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tad********さん

2018/9/1216:55:54

自由。
俺は、ゴッホの画集からスキャンしたのを自分のパソコンの背景にしている。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる