ID非公開

2018/9/15 13:42

11回答

ディシディアのストーリーについて。FF8のラスボス、魔女が登場していましたが(小学校にプレイした時の)記憶が正しければ、確かあの魔女は乗っ取られてたか操られてたかで実は悪い人ではなかったんでしたよね?

ディシディアのストーリーについて。FF8のラスボス、魔女が登場していましたが(小学校にプレイした時の)記憶が正しければ、確かあの魔女は乗っ取られてたか操られてたかで実は悪い人ではなかったんでしたよね? ディシディアの方では、再度乗っ取られた…的な感じなのでしょうか? (FF8をプレイした時の記憶が曖昧なので、勘違いしていたら申し訳ありません)

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

当たらずとも遠からず……と言ったところでしょうか。 アルティミシアが操られていたのは、ラストバトルでの最終形態の時のみ、その直前までは自分の意思で行動していました。スコール達との戦いで力を使い果たし、魔女の力に意識を取り込まれたという事かと思われます。(具体的な説明は今に至るまでされないまま。) アルティミシアが悪人かどうかというのも微妙なところで、FF8を何度もプレイしてストーリーを深掘りしていくと、アルティミシアが魔女の力を望まず継承した事で他の人々から恐れられ忌み嫌われた事や、世界を脅かす存在と判断され未来のSEED達と戦っていた事、いつの日か過去の世界から現れる伝説のSEED(スコールの事)によって倒されると予言された未来を変える為に時間圧縮を行おうとしていた事などが明らかになっていきます。 根っからの悪人ではないのですが、FF8やディシディアの作中で登場する時点では、人間や自分の運命を恨んで自分一人だけが存在する時間圧縮世界の完成を目指しています。