ここから本文です

人間失格以外の太宰治の作品のおもしろさって? 『人間失格』読んでから、『斜...

rik********さん

2018/9/1612:38:57

人間失格以外の太宰治の作品のおもしろさって?

『人間失格』読んでから、『斜陽』や『走れメロス』などを読んだところで、『愛だとかなんとかいうけど結局あんたは人のこと愛せない人間なんでしょ?

』とか『道化乙』的な感想を持ってしまいます。

太宰治は人間失格以外は道化の文学と思ってしまい萎えてしまうんですが楽しみ方を教えてください。
※人間失格については、道化をかなぐり捨ててただただ世間に自分は狂人ではない。私のような気持ちは誰だってあるはずだ的な太宰の悲痛な叫びが伝わってくるので好きです

閲覧数:
291
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

des********さん

2018/9/1612:53:07

人間失格は、太宰治が自分の友人が書いた日記を元に書いた小説です。太宰治に関わらず、小説の人物たちは、作家の一部です。人間失格の葉蔵しかり語り手しかり。メロスしかりセリヌンティウスしかり。太宰治の文学はほぼ、道化の文学です。自分を時に貶め、時に崇め。
小説は全て虚構です。虚構に自分が染まり過ぎぬよう、お読みください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる