ここから本文です

断熱、、優先順位をどのようにすればよいのか迷っています。

mad********さん

2018/9/1919:04:35

断熱、、優先順位をどのようにすればよいのか迷っています。

35坪、4LDK木造二階建て住宅

R値天井5.26 壁2.76 床3.57

天井
セルローズファイバー200mm


高性能省エネグラスウール、アクリアネクスト105mm


XPSⅢ 100mm、構造用合板28mm

トリプルガラス複合サッシLOWeアルゴンガス
第1種換気システム(熱交換でない)
次世代省エネルギー基準等級4

以上のような条件で換気システムを熱交換タイプにするべきか、サッシを樹脂サッシにするべきか悩んでいます。
断熱地域区分はⅢ地域です。
ハウスメーカーの設置できるのはダクトレスの熱交換タイプだと思われます。

仮に全て樹脂サッシに変更したらいくら差額が出るか聞いたところ50万以上ということでした。現状、予算がオーバーしてしまっているので、何を優先すべきか、または現状の仕様でも問題ないのか分かりません。
約18畳のLDKには180×220の掃き出し窓が2つあります。
仮にこの窓2つだけでも樹脂サッシに変更したら体感できるほどの効果があるでしょうか?
よろしくお願いします。

閲覧数:
158
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

福味 健治さんの写真

専門家

2018/9/2009:22:27

大阪で設計事務所をしています。

お住まいはどちらでしょうか。仕様だけを拝見していると結構寒さの厳しいところにお住まいなのではと推察いたします。

熱交換を選択されても、樹脂サッシュを選択されても、体感的には殆ど変わらないかと思います。
複合サッシュですと、極端に寒い地域だと結露や熱損失を頭に入れておかないと快適な生活は望めませんが、そこまで寒ければ、熱交換せずに暖気を逃がしてしまうのは、不経済極まりない事になります。

ご予算を超えているのであれば、樹脂サッシュにこだわるより、熱交換機付第一種換気設備を用いた方が経済的かと考えます。

回答した専門家

福味 健治さんの写真

福味 健治

建築家

現代の“数寄屋”請負人。ローコストであなた好みの家を造ります

【一級建築士】 【設計専攻建築士】 【住宅性能評価員】 【応急危険度判定士】 【木造耐震診断受講者】 【IAU型免震設計資格者】 【被災度判定講習受講者】 【木造耐火建築物講習受講者】 【「All About プロファイル」認定建築士】 【読売新聞「マイベ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

kam********さん

2018/9/2009:27:06

①同じガラスを使う仕様(ペアやトリプル)で比べた時に、「アルミ樹脂複合サッシ」と「樹脂サッシ」との間に、「価格の差(納品価格)」はありませんよ。 値段に差があるのは「やりたくない!」と言う意思表示ですよ。

②「ダクトレス熱交換型」は全て外国製品で、日本製は一つもないので、値段が高いので余りお勧めではありません。 特に新築であればダクト方式の方が安いですよ。

③南東北地域であれば、天井でR=7.89、外壁R=5.26、床R=3.94くらいの性能値を目指した方が良いですよ。 値段の差は知れていますから。



「補足」があれば「追記」が可能です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる