ここから本文です

日本で憲法だとか軍事だのを言うとすぐ『右翼だ!怖い考えだ!!おたく、頭大丈夫!?』...

mgs********さん

2018/9/2111:42:14

日本で憲法だとか軍事だのを言うとすぐ『右翼だ!怖い考えだ!!おたく、頭大丈夫!?』って言われるのが多い。

でもそう思う根拠は何?

と質問すると答えられない人が多い。

これが今の日本社会の根強い現状?

日本国憲法の事を何と言ったらいいか、ん~タブーとされ、何処他人事で小さい時から基本的に正しく教育を受けて来ませんでした。

性教育と少し似てるような感じがありますが・・・。
性教育は自力で何かを得ようとすると誤った知識を持ってしまう。
例えばコンドームは避妊目的で広まってしまったけど性病予防目的で広まらなかったのは残念。
性教育の点は以上。

日本国憲法についての話に戻ります。

親が教育を受けて無いから、何かを子どもに聞かれても答えられない。

気があるなら自力で知識を得るしかない。

多数の意見が聞きたいです。

護憲の考えの人、改憲の考えの人。

改憲を望む保守の人。護憲だけど保守じゃあない人。
特に護憲で保守じゃない人の意見が自分は聞きたいなぁと。
自分の中では矛盾してるよなぁですが。

閲覧数:
63
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki********さん

2018/9/2111:47:16

そもそも義務教育で縄文、弥生時代や飛鳥時代などの遠い過去は例えば実際に縄文式土器作ったりで学習するのに、明治維新以降になると途端にトーンダウンし、特に近代史についてはないがしろにしているのが問題なきがします。
だから、わからないまま選挙権をもち、誰に入れても変わらないと興味を持たずに投票に行かず、また学校でやったからと戦国時代のドラマは視聴率が取れるものの、近代政治ドラマはまったく視聴率がとれないんじゃないかな?とおもうのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/9/28 08:34:06

回答してくださった方ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gin********さん

2018/9/2117:02:44

日本の近現代史は、例え明治維新からだとしても、高等学校でも週3回の授業でギリギリ現代までいけるかというほどボリュームがある。
それは世界史も同じで大航海時代・宗教改革以降の近現代史以降の場合は週6回は授業がないと、よほど内容を端折らない限りは終わらない。

でも、日本史も世界史も古代史から学んで欲しいという所に難しいところがあるのですね。世界史の場合は言うまでもなくそういう知識的背景を必要とされるからです。

例えば憲法を学ぶ→日本が輸入した欧米思想を学ぶ→イギリス流・フランス流・ドイツ流を学ぶ→イギリス史・フランス史・ドイツ史を学ぶ→大元となるローマ帝国とキリスト教世界を学ぶ→古代民主政とギリシャ哲学を学ぶという体系的学問が確立しています。

問題は日本史で江戸時代と明治時代の間と、戦前と戦後の間で発生している大規模な思想転換が「断絶」に見えるので「江戸時代以前の歴史は要らないで、明治から学べばよい」という発想がどうしても浮かんでしまうのですよね。
確かに思想・政治・経済は明治からスタートでも一定度効果があると思うのですが、例えば地方文化・日本文化・国内の観光など歴史的資源・地方資源に着目した場合は古代史からやらないとまずいという意見もわかります。

質問者様の憲法の話に戻しますが、私は今の自民党憲法草案も安倍晋三氏の自衛隊明記憲法改正案にも反対です。
まず、自民党憲法草案は自民党のサイトで比較しながら見れますが、とても文章の基調がしょぼい。日本国憲法の方が明確にして読みやすい内容であり、ところどころに憲法の目指す精神が分かる。その辺自民党憲法はあらゆる要素を混ぜ込んだだけの雑文で、文章レベルも低くて自民党の国語力を疑ってしまうレベルである。

安倍晋三氏の自衛隊明記ははっきり言えば与野党答弁でも「首相が任務内容などは変わらない」と宣言していますが、それなら大金を投じて国民投票をする必要性も感じません。また自衛隊は間違いなく日本で必要とされており公認されていて、自衛隊の存在でぎゃあぎゃあ言っていた戦後初期でもないです。むしろ、変にいじらない方が良いと思いますね。

ちなみに憲法に関する思考が育たないのは、そもそも日本社会が本質的に「疑うこと」よりも「判断中止して、従順であること」を求めているからです。
社員の残業問題・学校の部活問題・文科省の教育改革・内閣による憲法解釈の変更・モリカケ問題における「どこまでが関与か」・消費税増税と累進課税の問題。
どれも「政府も社会も本当に考えること」を求めていないと思います。だから口だけで、負担増だけの改革に止まってしまうのです。

憲法とて同様です。国が道徳教育の内容に言及するほど干渉するのに、憲法や他の分野では自由な議論を期待する…それは欺瞞でしょう。常に政府が主導権を取りたい、そのためには「国民には考えるより示されたものを受け入れて欲しい」という態度である限り、国民もそのように育つのが普通だと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jus********さん

2018/9/2111:59:01

改憲派の革新(旧民進党の凌雲会支持)という立場で回答します。

「自力で知識を得る」現状は健全だと考えています。
何故なら、他の意見に受動的に流される、という可能性が減るため。

しかし、自力で知識を得よう、と考える人は日本には残念ながら少ないため、憲法について理解がある人が少ないのだと思われます。

貴方の親は、憲法についての知識が少ないのだと思われます。であれば、自力で知識を得ることをおすすめします。例えば、ネットで調べるとか、詳しい人に聞くとか、憲法についての本を読むとか…。



<余談>
私の「日本国憲法」についての考え方
・政府の暴走を防ぐもの
・国民の自由や権利を保証したもの
・但し、国民に平和主義を押し付けている、という問題点がある。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる