ここから本文です

福島の原発事故があってから暫くは放射能汚染のニュースが毎日の様に伝えられてい...

mam********さん

2018/9/2300:56:53

福島の原発事故があってから暫くは放射能汚染のニュースが毎日の様に伝えられていましたが、今では全くテレビのニュースで見かけなくなりました。
ネットで調べると福島の小児癌が急増してるや

ら、5年後から徐々に癌罹患者数が増える等、心配な情報も入ってきます。
その逆に日本は韓国のソウルよりも放射線線量少ないから気にするなっていう情報もあったりします。
一体何が事実なんでしょうか?
色々なご意見を聞けたら大変参考になりますので宜しくお願いします。

閲覧数:
195
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ライリーさん

2018/9/2316:30:53

質問の範囲が広いので長くなるかも。。。


放射性物質は時間で減衰するので、見かけなくなったのはそういうことだと考えられます。また、理解が広がり、目を引くような大きな危険性が無いことが分かったことも報道が減った原因でしょう。

福島第1原発80キロ圏、放射線量71%減
2017/2/14 :日本経済新聞
原子力規制委員会は14日までに、東京電力福島第1原発事故発生から5年7カ月後の昨年10月時点の原発半径80キロ圏の放射線量分布マップを公表した。比較可能な2011年11月時点のデータと比べると、放射線量は71%減少した。
規制委によると、原発から北西方向に広がっていた年間追加被ばく線量で100ミリシーベルトに相当する「毎時19マイクロシーベルト超」の地域は事故直後から大きく減少。福島県北部から南西方向に延びていた0.5~1.9マイクロシーベルトの地域でも線量が下がっていた。


「小児癌が急増してる」というのは甲状腺がんの話ですが、増加は放射線が原因では無く、それまでしていなかった高精度の検査をいきなり大勢の子供にしたことが原因だと考えられます。
安く検診できる制度により甲状腺がんの検査が急増した韓国でも罹患率は急上昇しましたし、比較のため青森・山梨・長崎で福島と同様の方法で行われた検査でも、過去に高校生や大学生を対象に行った検査でも、福島と同じような割合で結節やのう胞やガンが見つかっています。
検査結果を見ると地域によって発見率に差が無い、つまり被曝線量と患者数に相関関係がありません。放射線による発症の特徴である若年に多いということも無く、普通の場合と同じで年齢とともに患者数が多くなっています。チェルノブイリと遺伝子型も違います。
そもそも甲状腺がんを発症するほど被曝した人はいません。チェルノブイリではしばらく事故が知らされず食品規制もされなかったので高濃度に汚染された牧草を食べた牛からの牛乳を飲んだ多くの子供たちが数百-数千ミリシーベルト被曝しましたが、今回の事故による被曝量はその100分の1以下です。
放射線の影響でがんが発生して検診で発見できるまで成長するには時間が掛かります。事故による放射線の影響であれば、事故数年後以降に発症はどんどん増加していくはずですが、3巡目では激減しています。これは放射線で多発したのでなく高精度の検診が原因であることを示しています。
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/images/20180306KenminKenk...


福島県の甲状腺がん「罹患率」は高くない - せいの@えりんぎの塩焼きに一票 - Yahoo!ブログ https://blogs.yahoo.co.jp/eric_plankton_jr/58274654.html

外部被ばくと関連性なし 18歳以下の甲状腺がん有病率 | 東日本大震災 | 福島民報
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2016/09/post_14160.html

甲状腺がん遺伝子変異、チェルノブイリと別型 福医大など見解 | 東日本大震災 | 福島民報
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/11/post_11022.html

甲状腺等価線量-チェルノブイリとの比較
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/151309.pdf#pag...

時論公論 「原発事故とがん ~福島 県民健康調査~」
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/237906.html

甲状腺結節性疾患追跡調査事業結果
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17965

韓国における甲状腺がん"過剰診断"の問題
http://blogos.com/outline/119882/

日本人高校生、大学生・院生の甲状腺がん発生頻度
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/6421.pdf#page=...

Science誌の今週号は福島特集
恐怖の流行
4 March 2016
“科学者はきっぱり否定する。「これまで発見されたほぼ全ての事例は放射線によるものではないことが根拠により示唆されている」と英国ケンブリッジ大学の甲状腺がん専門家Dillwyn Williamsは言う”
http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20160304#p14
(出 http://science.sciencemag.org/content/351/6277/1022

がん検診による「過剰診断」とは何か - 大阪国際がんセンターがん対策センター 大島明 特別研究員|WEBRONZA
過剰診断の存在は成人の前立腺がん、乳がん、甲状腺がんにおいても認められている。米国ダートマス大医学部教授のウェルチは米国国立がん研究所雑誌に掲載された論文の中で他の死因で死亡した人の病理解剖をして見つかった潜在的ながんの割合と生涯死亡(ないし転移)リスクとを比較して精度の高い検診により生前にがんをすべて発見した場合、これが過剰診断である確率は前立腺がんで87-94%、乳がんで43-90%、甲状腺がんで99.7-99.9%と推定した。また、ウェルチは検診の導入後罹患率が増加するが死亡率に変化がない場合、過剰診断の可能性があると警告した。
http://webronza.asahi.com/science/articles/2017101200001.html

WHO ― 世界での甲状腺がん増加の主な原因は過剰診断
https://www.iarc.fr/en/media-centre/pr/2016/pdfs/pr246_E.pdf

福島における甲状腺がんをめぐる議論を考える――福島の子どもをほんとうに守るために/服部美咲 / フリーライター
http://synodos.jp/info/19654

福島県で甲状腺癌が激増しているわけではないよ、というお話。
http://togetter.com/li/1036475


日本で癌が増加しているのは高齢化によるものです。若年世代が激減している一方で中高年の人口が激増していますから。年齢を調整した死亡率は減少しています。
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/image/OSV2019_1958-2015...

事故に起因する放射線による住民の被曝量は最大でも25ミリシーベルトとCTスキャン1回程度、最も高い県北地域や相双地域に限っても平均1.4ミリシーベルトで、98.6%が5ミリシーベルト未満などと、健康に影響する100ミリシーベルトを大きく下回っているとともに、避難区域以外でのその後の被曝量もほぼ年間1ミリシーベルト以下であり、放射線による健康被害は考えられません。

県民健康調査結果
http://fukushima-mimamori.jp/basic-survey/result/

平成29年度個人線量計(ガラスバッジ)の測定結果(平成30年3月1日更新)
3か月間の測定平均値
全年齢 0.04ミリシーベルト
https://www.city.fukushima.fukushima.jp/hoken-hoshasen-kikakukanri/...

年間0.64ミリシーベルトに低下 伊達の比較的高い地域 | 東日本大震災 | 福島民報 http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2016/08/post_14090.html

「事故による追加被ばく線量は0.3mSv/年程度 飯舘村で働いていてもね」
https://twitter.com/yard_1957/status/993814194184056832

「福島の外部被曝線量は高くない」 高校生執筆の論文が世界で話題に
福島県の高校生と、他県、他国の外部被曝線量はどれだけ違うのか。福島高校の生徒を中心に216人のデータを比較した英語の研究論文が専門誌に掲載された。オンライン版は無料で公開されており、全世界で3万ダウンロードを超えている。
データをもとに年間の被曝線量を換算すると差はごくわずかだった。福島県内では0.63-0.97ミリシーベルト、県外では0.55-0.87、海外0.51-1.1だ。
https://www.buzzfeed.com/satoruishido/fukujima-no-gaibu-hibaku-senr...

東電福島第一原発事故とチェルノブイリ原発事故の規模
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/130314_01a.pdf#page=4

国連放射線影響科学委員会(UNSCEAR)マルコム・クリック事務局長「原発事故による被ばくを原因とするがんの発生率の明らかな増加は考えられない」 | 東日本大震災 | 福島民報
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2016/11/post_14441.html

放射線 放射性物質 Q&A 国連科学委報告書の改訂版とは | 東日本大震災 | 福島民報
福島県では事故による被ばくの影響で死亡したり、深刻な病気になったりした事案は報告されておらず、今後、がんの発生率に明確な変化が表れ、被ばくによるがんが増加することも予想されない
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/03/post_14797.html

福島の被曝線量 チェルノブイリより「はるかに低い」 学術会議:朝日新聞デジタル
国内の科学者の代表機関である日本学術会議は、東京電力福島第一原発事故に伴う子どもの被ばく線量が、旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故より「はるかに低い」などとする報告書を公表した。
そのうえで、将来の統計においてがんが増加するとは予測されないとする国際機関の見解や、第一原発事故による胎児への健康影響がないことが実証されている――とする研究データなどを紹介している。
http://www.asahi.com/articles/ASK9F3QLYK9FUBQU00J.html

【SYNODOS】UNSCEARの報告はなぜ世界に信頼されるのか――福島第一原発事故に関する報告書をめぐって/UNSCEAR日本代表・明石真言氏インタビュー / 服部美咲
https://synodos.jp/science/21184

【正論】科学の営みが示した放射線被曝の結論 「報告」を読み論文の数と6年の歳月の試練に耐えた重みを評価する 東洋大学教授・坂村健 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/171026/lif1710260006-n1.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

komutai_tkさん

2018/9/2301:39:40

そうですね、本来であれば放射線医学総合研究所や国立がん研究センターなど、日本の医療の中枢が、報告された人数をまとめて公開するなど、国民に分かりやすく説明する必要があるのではないかと思いますが、例えば小児がんについては2011年までのデータしかありません。

https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/dl/index.html#incidence4pref

都道府県別に確認できるガンによる死亡率の情報(2016年まで)を確認する限り、どの地域でもガンによる死亡率は一貫して低下傾向にあり、福島でもガンの死者は減っています。

……細かく見ると、福島で、25-29歳で2012年に、5-9歳で2016年にがんによる死者が急増しているようにも見えますが、元々件数が少ないので、誤差の範囲だと思われます。

ガンになってもすぐ死ぬわけではないので、まだはっきりしたことは言えませんが、少なくともガンによる「死者」が増加ないし急増しているということはありません。

一方で、子どもの甲状腺がんについては、本来は見つからないガンがスクリーニング検査で発見されているというだけでは、説明が付きづらい件数になりつつあります。こちらも現状では仮に影響があったとしても限定的であるので、過度に心配する必要はありません。

原発事故に限って言えば内部被ばくが心配されるので、空間線量はあまり関係なく、ソウルより線量が低いから安心だという説明は正確とは言えません。

放射性物質というのは状態が不安定な原子核のことであり、これは時間をかけて崩壊し、安定した状態へ変化します。危険な不安定な物質程早く崩壊するので、汚染された量にもよりますが、数年単位で危険性は減っていきます。

残念なことに、東北ではまだ野生のクマやシカ、イノシシ、山菜、魚などから生体濃縮によると思われる高い放射性物質が検出されています。自然の食べ物を口にすることは避けた方が無難だと個人的には思います。

一方で普段人が暮らす場所は除染され、一部の酷く汚染された地域を除いて、現時点においては健康にさほど大きい影響は与えることはないと思います。事故当時に受けた影響がどの程度であったかは現在ではまだ定かなことは言えませんが、もともと2人に1人はガンになり、3人に1人はガンで命を落とします。心配しても仕方ないと思います。

red********さん

2018/9/2301:07:55

何が真実かは、はっきり言って断定できません。
政府は、自分たちに不都合な事実や、極度に社会を混乱させるような事実は、ひた隠しますから。
そして現政権に与する者は、事実を曲解してでもポジティブな情報を流し、一方で原発を推進する現政権にNoを突きつけたいマスコミなどもまた、事実を曲解してでもネガティブなデータを流します。

フェイクニュースが乱立していて、真実がどれかを見極めるのは困難です。原発事故のニュースに限った話ではないですけどね。本来は嘘であるはずの事象なのに、それがいつのまにか真実として人々の間に認知・拡散・定着することも、往々にしてあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる