ここから本文です

果樹でよく聞くウイルスフリーとはなんでしょうか?

sac********さん

2018/9/2415:14:50

果樹でよく聞くウイルスフリーとはなんでしょうか?

閲覧数:
45
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mya********さん

2018/9/2420:33:16

うちの近所に、過去にウイルスフリーの果樹苗生産で、スッゴク稼いで、近所でも有名な豪邸(マンション等も所有)に住んでる方が居ます。

簡単に言えば、無菌室で、無菌状態で果樹苗を生産するので、初期段階で病気(ウイルス)を持ってる事が無く、生育も良いと、当初は人気でガンガン売れてた様ですが、無菌状態で育てられたが故に、過酷な自然の環境下では病気になり易い。と言う事で、その施設は現在は稼働しておりません。

もう何十年も前の話では無いかと思いますが、未だにウイルスフリーが優れてると思って探される方も居るので、実際のところ、どうなのか分かりませんけど...

  • 質問者

    sac********さん

    2018/9/2501:23:30

    凄い!笑
    生産ということは研究施設かなにかあるんですかね笑
    ...
    まとめると、無菌質(苗が)のため、初期の生育で生育がいい!
    ということでよろしいでしょうか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/9/29 14:28:31

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2018/9/2418:41:09

ウイルスまたは昔はビールスと言いました。発音の違いかな。
要するに菌体より小さな小動物??であり、今の場合は植物に色々と悪さをします。
でも、椿のようにウイルスが入ることにより、ヨコモク等が入って、観賞価値を高めている場合もあります。
ウイルスフリーの苗は、今は殆んど茎頂培養で成長点のウイルスがまだ居ない先端を組織培養して増やします。
高温栽培でウイルスを無くすることもできます。
ウイルスが入りますと、大概は成長不良の現象が生じます。
柑橘類でハモグリガの幼虫が食い入った傷口より、カイヨウ病菌が入るのと同じです。一度は居ると、どうしようもありません。

参考まで。
https://kotobank.jp/word/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%28%E5...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

sou********さん

2018/9/2416:20:26

ウイルスフリーとは、生物がウイルスに汚染されていない状態のことを言う。一般的にウイルスフリーの植物では個体の成育が旺盛になる。

植物は動物と異なり、ウイルスを免疫系によって排除することができない。つまり、一度ウイルスに感染した植物は一生そのウイルスから逃れることは難しい。しかし、通常胚の中にまではウイルスは浸透しない。つまり、種子はウイルスフリーであり、種子から発生した植物はウイルスフリーであるといえる。
だが、植物の中には球根や挿し木など種子以外で繁殖する物が多く、またこれらの植物をウイルスフリー化することは以下の方法を持って行われている。

植物体の茎頂や葯壁細胞はウイルスに感染していないことが知られており、これらの細胞を培養して個体を再生することでウイルスフリー株を作る。ウイルスフリー株は再感染を防ぐため、厳重に管理・増殖される。

現在販売されているイチゴやカーネーションなどは、ほとんどがウイルスフリー化されている。

「ウイルスフリー - Wikipedia」から

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる