ここから本文です

中世時代のヨーロッパでは、海戦などで人間はどういう装備で戦っていたのでしょう...

han********さん

2018/9/2614:49:57

中世時代のヨーロッパでは、海戦などで人間はどういう装備で戦っていたのでしょうか。
ネットに載っている絵画で見ても、遠くから見た構図ばかりで人間については描写がほとんど無いのでわかり

ません。
歴史小説では鎧など着てる描写があることがありますが、やはり文字だけだといまいち分かりません。

閲覧数:
46
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fig********さん

2018/9/2809:38:54

文字だけだといまいち分からないと
文字でしか伝えられない知恵袋で仰るか!
さりげなく難題をつきつけていらっしゃるw

まぁ、

ヴァキング同士の戦いを見るに普通に陸上と同じような
兵装で戦ってますね。
(もともと沿岸域の陸上地帯を急襲する部隊ですし、そりゃあね)

言うてもヴァイキングなんて寒くて未開な北欧の蛮族なんで
そんな良いもの着てるわけもなく
せいぜい羊毛織のチュニックに
防寒を兼ねた毛皮の鎧(ハイドアーマー)を着てたとか
身分の高い人や金持ちの人だと
鎖帷子や革の鎧を着てたり銅製や鉄の兜を被ってたり
といった具合ですね。

地中海の覇権を巡って戦った
東ローマやアラブの海上での兵装は
さらに軽装です。

ギリシャやイタリア、スペイン
パレスチナやアフリカ北岸は
暖かいんで(っていうか暑い)
半袖の麻の服に
革の帯を締めたり籠手をはめたり胸当をつけたり
鉄兜をかぶる、その程度のもん。
(古代ローマの海上での戦いを描いたイラストも多いけど
基本自前で用意する防具類で
ロリカセグメンタタみたいな高級品着てた人が
あんなにいたとは思えない)

軽装の方が海に落ちた時に泳げるし
日差しの強い甲板上でも快適ですよね。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tkg********さん

2018/9/2809:55:03

具体的な海戦でいうと、プレウェザの海戦やレパントの海戦でしょうか。
時代考証を含めた動画が数多くありますよ
一例です。
https://www.youtube.com/watch?v=igJVWh0BRKc

2018/9/2711:35:52

ヨーロッパ中世で海戦と言えば、衝角で相手の船に突貫して穴開けて沈めるか、敵の船に乗り込んで切り込みのみです。

よく想像される帆船と大砲の戦いは16世紀後半以降にようやく始まります。当時、世界的に外洋で戦うということはなく、これは今でいえば宇宙空間で戦うような空想ごとでした。外洋は波が高く航海もやっとです。



中国では海戦というより大河で船同士の戦い、ヨーロッパでは地中海で海戦や小型ボートで川で上陸奇襲や乗り込み戦などしているような感じでした。

ローマ時代から中世末期まで海戦はほぼ進化しませんでした。ローマ人が使った衝角と乗り込み切り込みというのは、1000年以上変化がなかったのです。使用する船もガレー船のみです。

ガレー船とは漕ぎ手を並べて漕ぐ船です。戦争ではこの船のみが戦船で、帆船はトラックと同じく輸送用でした。理由は地中海があまり波がないので漕いだほうが早いのと、風をいちいち気にして操船するより、漕いで敵より有利な地から攻撃できること、最も重要なのは決まった目標に対して全速力で突撃できることです。

船の損害の半分は船首衝角による攻撃、もう半分は乗り込みで切り込んで船を乗っ取る方法です。東ローマ帝国のみはギリシャ火の火炎放射器がありましたが、秘密兵器で建造方法が秘匿されていて使用は限定的でした。火炎放射器のお陰で東ローマ帝国は一時、ヨーロッパの海洋覇権国でした。



ヨーロッパでは1000年以上、ローマ時代から1600年まで全く進歩がなかった海戦ですが、一応若干進歩したところがあります。

まず乗り込みを防止するために船の背丈を高くしてみたり、大砲付けてみたり、漕ぎ手を多くしてみたりと工夫した船は出てきましたが、大砲は役立たずでどちらかというと乗り込みされそうになったら撃つくらいの話で、どうしても乗り込み防止に重点が置かれていました。

ヨーロッパ初の大規模外洋海戦は1588年のアルマダ海戦です。このときは英国もスペインもやったことが無かったので双方とも大砲を遠くから撃ちあって全く当たらず、スペインは伝統通り乗り込みしようとするも荒波で接近が難しく、双方損害ほぼなしでそもそも戦いならず終わりました。

それで服装ですが、後期には鎧を着ずに戦いましたが、ローマ時代から中世まで漕ぎ手以外の乗り込み要員は鎧と武器という見た目です。銃兵を乗せたのはもっとあとで、上記通り乗り込みをいかにできるかが勝利のカギなので、乗り込んで乗りこまれて戦うのに有利な服装、つまり地上戦と同じ服装で戦うことになりました。泳げるかどうかとか考えるより、敵に刺殺されないようにするほうが重要です。



その後、近世になるとヨーロッパや中国で大砲を積んだ大型の木造帆船による戦いに移行します。

jsf********さん

2018/9/2709:55:48

ホーンブロワーは中世ではなく近世です。
中世はルネッサンスまでです

動きやすい片手剣、斧、短い槍などです。甲冑を着る人もいました(当時は泳げる人は少ないので、水に落ちたらどっちみち溺死します)
クロスボウ、弓なども使います。砲が出てきたらそれも使います。

mam********さん

2018/9/2615:08:31

イギリスの海軍を扱った小説では砲撃戦である程度片が付くと切り込んで剣劇です
ロープを使っててマストから飛びつくので重装備はしていないようです
海の勇者ホーンブロア、参照

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる