ここから本文です

コールマンケロシンの639 最初にプレヒートしますが。あれは何のためにやるの...

アバター

ID非公開さん

2018/9/2617:27:55

コールマンケロシンの639
最初にプレヒートしますが。あれは何のためにやるのでしょうか?
原理を教えてくださいますか?

また、寒い日に前回にしないと炎上する原理も教えてください
プレヒートは、何分くらいやればよいのでしょうか?

閲覧数:
126
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zxx********さん

2018/9/2620:25:16

加圧式の液燃ランタンだけでなく、アルコール(石油)ランプや石油ストーブにロウソクなども、燃料が液体(固体)のまま燃焼していません。

ガス化(気化)して、気体燃料が燃焼しています。

加圧式のランタンの場合、ジェネレーターでガス化して、バーナーキャップ部で燃焼してマントルを輝かして照らす仕組みです。

ケロシンの場合は、常温ではかなり気化しにくいので、プレヒートして強制気化させるのです。
十分にプレヒートできていれば、ガスランタンみたいに、点火時に火だるまにはなりません。

燃料がガソリンであっても、ケロシン同様にプレヒートすれば、点火時に火だるまにならず安定燃焼して、光量調節もすぐに可能です。

>寒い日に前回にしないと炎上する原理も教えてください
⇒加圧式ランタンは、基本的に全開使用の方が調子がよく使用できます。
それは、常にジェネレーターが熱せられいるので、ジェネレーターで燃料が常に気化しするのですが、光量を絞ると熱量が減りジェネレーターの温度も下がって、燃料が気化しにくくなりガス不足で燃焼不安定になるから。

>プレヒートは、何分くらいやればよいのでしょうか?
⇒適当ですが、季節に応じてアルコールカップの7分目~9分目くらいですかね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rrr********さん

2018/9/2618:25:07

たしか、ジェネレータを加熱してタンク内の灯油の気化を促進するためだったと記憶してます。
灯油は常温で気化しないので。
639なら時間と言うより、『プレヒートカップに一杯に燃料アルコールを入れて燃え尽きる寸前・ボッボッとかポコポコとかの音が聞こえるまで』ですね。

寒中使用はしていないのですがポンピング(加圧)不足でもなるので、タンクの圧力が下がって気化しきっていない液体灯油がマントルに噴霧されてるんだと思います。
早く詳しい原理を知っている方から回答が来ると良いですね。

tok********さん

2018/9/2618:13:04

灯油は気化する温度が高いので気化させる為です、ガソリンも液体状態では火が付かないです。ガソリンの場合は気化する温度が低いので、、っていう感じだと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる