ここから本文です

生後1ヶ月の子供がいる父親です。 今朝、子供の目やにがひどかったので妻と病院に...

アバター

ID非公開さん

2018/9/2714:38:20

生後1ヶ月の子供がいる父親です。
今朝、子供の目やにがひどかったので妻と病院に行きました。
診察が終わり医師が点眼薬を処方しますと言ったその時でした。妻がどうしても薬は使いたくない

と言い出したのです。
そうなんです、うちの妻はワクチンや投薬治療を極限まで拒否する人なのです。
まだ結婚する数年前、彼女(妻)が麻疹にかかった際に自分の自然治癒力で治すといい始めた時からこの拒絶体質に気付きました。
その後もいかなる高熱が出ようと咳・鼻汁が出ようと病院には行くものの薬は拒否し続け、何度か説得を試みましたがダメでした。
そして結婚を意識し始めた時、もし子供が産まれたら予防接種や必要な薬は使うという約束をして今に至ります。
ちなみに私は医療機関に勤めていて、薬に関しては医師の指示通り服用したり予防接種にも肯定派(一般レベル)です。

今回の子供の目やにに関しては軽微な内容だと思いますが、今後この先妻が子供に対して必要な治療の阻害をしてしまうのではないか不安です。

私と同じような境遇を経験された方、なにか良いアドバイスをお持ちの方は回答お願いします。

補足妻自身の治療方針については、私は何も口を出さないと約束しています。

閲覧数:
343
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2018/9/2715:26:48

私も奥様と同じタイプで、
ホメオパシーや自然治癒力的な事を信じておりました。
娘が飛び火に掛かった時、私の意見を尊重してくれた先生は弱い漢方薬で治療していた為、治る所かほぼ全身に広がってしまいました。
他の病院で、「薬を使わなければ治らない。このままでは入院です。」と言われたので渋々ステロイド等の治療を受け入れたらあっという間に治ってしまいました。
私の頑なな態度で娘を苦しませてしまったと反省しました。
必要最低限でしかお薬を出さない信頼出来る先生に出会えたので、今では基本お医者様に従っています。
当時の私は、私が一番子供の事を考えてるって思っていたので、夫の意見は聞きませんでした。
奥様ご本人が薬を拒否してお辛いのは自分の責任ですが、もしお子様が絶対的に薬を使わなければ治らない病気になられた時は奥様が何と言おうと、旦那様がお子様を守ってあげて下さい。
その時は恨まれるかもしれませんが、長引いて辛いのはお子様ですし、治ればきっとお薬を使って良かったと思ってくれるはずです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/9/2716:08:26

    ご回答ありがとうございます。
    まずはお子さんの件、ステロイドの決断はかなり苦渋の判断だったと思いますが良い医師の元、完治できて良かったですね。
    おっしゃる通り、おそらく私の妻もあなたと同様な思想・方針があるのだと思います。
    私自身、絶対的な正解はないものだと思い受け入れてはいますが自分のことよりも子供を思う以上悪化させてからでは遅いと思ってしまいます。
    なので妻自身の問題であれば妻の意見を尊重しています。

    非常に参考になりました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cb_********さん

2018/9/2814:46:50

例えば、ワクチンについて。

肺炎球菌やヒブワクチンが導入されてから、細菌性髄膜炎が激減したことは、よく知られている事実です。

http://medical.radionikkei.jp/kansenshotoday_pdf/kansenshotoday-140...

上のリンクにグラフがあります。細菌性髄膜炎は致命的になったり、脳の後遺症を残したりする重症感染症です。

かかると重症化する病気だから、ワクチンが作られているのです。

奥様は麻疹を自然免疫力で治されたかもしれませんが、SSPE亜急性硬化性全脳炎の存在はご存知ですか?頻度は低いものの、麻疹にかかって数年以上経過してから発症して、根本的な治療はなく、寝たきりになって意識がなくなる病気です。

ワクチンを打たないのは、お子さんご自身と、お子さんの周りのワクチンを受けたくても受けられない妊婦さんや免疫不全の方などを危険にさらす行為です。

ワクチンについては、以下のページが有用です。

http://www.know-vpd.jp/

お父さんが、お子さんを守ってあげてください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

qua********さん

2018/9/2813:25:08

医師や医療従事者などの高学歴者ほど
製薬会社が作った教科書が全てなので体のことを知りません

東大出ようが京大出ようが
癌すら治せませんし
造血機能の仕組みすら知らないのですから

医師は歴史や行政や社会構造などを勉強しているわけではありません


発熱は体が免疫力を上げて闘っている証拠ですし
咳や鼻水などもウイルスを排除している証拠です

何故?それを薬で止める必要があるのですか?


必要な治療はあるかと思いますが
文面の内容から判断すると
明らかに全て不必要な治療行為です


そもそも、発熱、咳、痰、鼻水、下痢、嘔吐などの
体から出る症状は、熱でウイルスを殺したり
体内から異物や菌を出すなどの
【治癒反応】が【正常】に働いている証拠です

【正常】なので、病院へ行って
それらを解熱させたり薬で止めるような
【異常】な事をする必要はありません


治療が必要な症状は
低体温や便秘・鼻詰まりなど体から出ない時など

または
高熱とともに激しい頭痛や意識障害、けいれん
めまいなどを伴うなら
治癒力が負けているので問題なので
その時は病院へ行く必要があります

安易に病院に行く必要もありませんし薬を飲む必要もありません

現在の過剰な医療行為で
どんどん人間本来の自然治癒力が失われて
普遍的な新たな病気を作り出しているのです


皆さん製薬会社が作った病名に振り回され過ぎです

もともと自然に治していた病気なのに
薬を売るためにわざわざ病名を付ける

薬が出来ると病名が付けられ
病名が付くと保険適用可能になる

そしてTVで宣伝して病院に行かせて薬漬けにするのが
現在の医療製薬業界がやっていることです

症状=病気だと洗脳させる
これらが学会・医療・製薬業界がメディアを通じて作りあげた
一生、病院へ通いお薬手帳と共に生活していく薬漬けシステムです

その結果、世界の人口1.8%の日本人が
世界の薬の40%(タミフル75%)を消費している薬漬け大国です

その医療費は国家税収とほぼ同額の40兆円です



そもそも
病院で行う治療とは
原因にアプローチぜずに
結果にだけ焦点を当てた
【対処療法屋】の【薬物専門店】でしかありません


もともと19世紀まではあらゆる治療法が存在していました

ナチュロパシー自然療法
オステオパシー 整体療法
サイコパシー 心理療法
ホメオパシー同種療法

それらを19世紀半ばに
国家権力と石油化学メジャー(ロックフェラー)が結託して
アカデミズム(学会)を取り込んで
世界の医学利権を独占したのが
現代医療と言われる薬物療法アロパシー&ビジネスです



>薬に関しては医師の指示通り服用したり
>予防接種にも肯定派(一般レベル)です


魚屋に行けば新鮮な魚を勧められるのと同じで
魚屋に行って野菜を勧められません

薬物専門店に行けば
薬物が勧められるだけの話です

病院に症状を誤魔化す薬物は売っていても
健康は売っていません

一般人レベルが全員騙されているから
医療費が40兆円になるのです


白血病は鎖骨の歪みが原因であるにもかかわらず
血液内科は血液の数値しか見ません

鎖骨の歪みで
造血を管理しているヘルパーT細胞が作られる
胸腺が機能低下していることなど知りません


医師は症状に応じた薬で対処する知識は
製薬会社が作った教科書で勉強しているかもしれませんが
医師は製薬会社が儲からない免疫学や
自然治癒力など勉強しているわけではありません

医師は神様でもなければ仏様でもありません

もしかして
医療信者の教祖的存在なのでしょうか?


症状=病気ではなく
症状=病気を治そうとする体の治癒反応です

それらを薬で誤魔化して止めて
異常なことをして
その病気に対して何の解決もしないから病気が慢性化するのです


医師は症状や薬の知識があるだけで
この国の歴史や行政・社会構造などを勉強しているわけではありません



ワクチンに予防効果はありません

効果がないだけならまだしも有害無益です


ワクチン接種で感染症が減少したのではなく
インフラ整備と栄養状態の改善で感染症が減少したのです

http://kozawa-iin.sakura.ne.jp/img/gurafu.jpg

ワクチン導入は患者が減少した後

ワクチンの手柄にしたいだけです


ワクチンは日米年次改革要望書で
米国の命令で接種勧奨しているに過ぎません

医師が年次改革要望書を読んでいるのですか?

医薬品添付文書すら読まない医師もいるというのに

現在の製薬会社は第一三共以外の大株主は全て外資です
TVは東京MX以外の大株主は電通含めて外資です



ワクチンは国策であり外資のビジネスです

日米年次改革要望書により
米国製薬業界の強い圧力により勧奨が求められ
米国の属国の家畜である日本人が
米国の為に接種させられているだけ

昭和22年以前の米国に支配されていない時代のご老人達は
ワクチン接種などしてません

アレルギーやアトピーで苦しむご老人を
見たことも聞いたこともありません


エビデンスは製薬会社が御用学者を数億単位で雇って
捏造・改ざんされたものが正当化されているだけです

ワクチンは約150種類の添加物などが
直接血管内に直接入ることで排除出来ずに
免疫抑制をかけて、感染症の慢性状態を作り出します

ワクチンは Th2 サイトカインを増やしTh1 サイトカインを抑制して
子供の体内でIgE抗体の産生を増加させ
ぜんそくアトピーなどのアレルギー反応を誘発するので
アレルギーや喘息・アトピー
自閉症・発達障害の原因になるのがワクチンです


そもそも
患者もいない
自然治癒もする
対処療法でも治る
副作用のリスクがある

何故そのようなワクチン接種が必要なのでしょうか?

予防とは感染しない自己免疫力の向上です
感染しても発症を抑える自己免疫力の向上です
発症しても重症化にならない自己免疫力の向上です

赤ちゃんにとっての予防は母乳の質です



■アレルギーや自閉症や発達障害を起こす物質とワクチン

【チメロサール】
チメロサールは、成分の半分がエチル水銀です
水銀は神経軸索や脳細胞に損傷を与えます
(DPT、インフルエンザ)

【ホルムアルデヒド】
シックハウス症候群」の原因物質のうちの一つ
国際がん研究機関により
グループ1の化学物質に指定され発癌性
(インフルエンザ)

【アルミ】
免疫作用を働かせるためアシュバンドとしてアルミを使っています
アルミは脳に蓄積すると脳機能に影響を与えます。
(インフルエンザ、DPT、ビブ、肺炎球菌、日本脳炎)

【デオキシコール酸ナトリウム】
動物臨床で、脳関門の損傷、皮質体積の減少、神経細胞の減少
(ほとんどの生ワクチン)

【グルタミン酸ナトリウム】
脳で興奮毒になり脳機能を損傷
(ほとんどの生ワクチン)

【ポリソルベート(界面活性剤)】
脳関門の損傷、皮膚のバリア破壊
(DPT、ビブ、肺炎球菌、日本脳炎、インフルエンザ)


*勿論これらの物質は、消耗性疾患、慢性疾患、アレルギーの源



【発達障害、自閉症】


全てのワクチンに副反応の恐れがあり
発達障害や自閉症の原因としてもワクチンが疑われます

自閉症の研究・医療団体ジェネレーションレスキューは
カルフォルニア州とオレゴン州で
子供を持つ親を対象に
ワクチン接種と未接種を比較する調査を行いました

対象となった子供の数は17674名で結果は以下の通り

ワクチン接種した子供の喘息罹患率は120%増
ワクチン接種した子供の男児のAMHDの罹患率は317%増
ワクチン接種した子供の男児の神経疾患罹患率は185%増
ワクチン接種した子供の男児の自閉症罹患率は146%増



ワクチンのデータなどは
改ざんして捏造して作られるのはごくごく普通の話

薬を実験する人と承認する人は同じで
製薬会社から金銭供与を受けて全てがお金の関係

1000回実験して998回失敗しようが
2回成功すれば成功例が評価されるだけの話です

それを見せられて効果があるエビデンスと言っているだけです


医療・製薬分野は世界で約1000兆円の超巨大利権です


日本は米国に勧められるからと言い
米国はWHOが勧めるからと言う
そのWHOを作ったのは国連で
その国連を作ったのはCFRです
CFRを作ったのはロックフェラー財団です
ロックフェラーは石油・製薬業界で米国を掌握しています

完全なるマッチポンプです

WHOは製薬会社の寄付で運営されています
出回っているエビデンスは御用学者を億単位で雇い
製薬会社がロビー活動を行い作ったエビデンスだけが承認される

独立系の民間機関の反対論文などは抹殺・隠蔽されるのが当たり前

大学の研究費を出しているのも製薬会社

医師連盟は政治に関与して医療分野の予算を奪うのが仕事
医師は製薬会社から接待や金銭供与を受けるお仲間

厚生労働省の天下り先は製薬会社で自らの保身が一番
TVメディアのスポンサーは製薬会社ですから真実は放送されない
日本の報道は全て米国大使館でチャックされ
米国に不利な報道は許されない

こんな世の中で
真実の情報など一般市民に流れません

出回っているエビデンスを信じろと言う方に無理がある


少し歴史や社会構造を勉強すればわかること


平均寿命などは厚労省が
期待して予測して補正した数字です

期待して予測して補正したら、捏造と言う


医療に騙され
年間35万人の癌患者のうち
28万人が癌治療で亡くなっているのが現実

50年前、人口8000万人に対して医療費2000億
現在13000万人に対して医療費40兆円

人口1.5倍に対して医療費200倍

医療は病気を治しているのではなく
医療が病気を作っているのです


木を見ず森を見よと言いますが
一般市民は木しか見えてませんが
医療従事者は葉っぱしか見えていません


森という世界の医療利権や
この国の歴史やワクチン行政の仕組みや
社会構造を見ないことには真実など何も見えません



正しいのは奥様です

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

igh********さん

2018/9/2809:18:48

薬学部卒の社会人ですが、世の中の諍いの殆どは誤解と欲から生じています。

欲は置いておいて、誤解の原因は知識不足(情報不足、相手に対する理解不足も含む広義の知識不足の意)です。

知識不足が誤解を生み、誤解が不信感を招き、不信感が争いを招くという構図です。

奥様の様なお考えの方は世界中に一定数おられ、それぞれが自分の信念で行動されていると思います。

そういう考えに至った経緯は人それぞれであると思いますが、薬学、医学を学んだ立場から申し上げますと、それらは全て知識不足による誤解が原因だと断言できます。

病気の中には薬を使わなければ治らない、或いは治癒率が低い病気も沢山あります。

もしもそういう病気に罹った場合でも薬を拒否してしまうと、治癒するかどうかは完全に運任せになります。

自然治癒力だけに頼るという事はそういう事を全て覚悟して生きるという事です。

運が良ければ長い年月健康で居られますが、運が悪ければ若くして生涯を閉じたり、病気の後遺症で一生苦しむ事になります。

自分の健康を運任せにしているのと同じです。

健康は生活のベースですから健康で無いと仕事も出来ないし健全な生活を維持する事も出来ません。

つまり人生を運任せに生きているのと同じです。

本当にそれで良いのですか?(と言っても本人には響くかどうか分かりませんが)

本人が納得しているのならそれは自己責任ですから他人がとやかく言う事ではありませんが、お子さんは親の所有物ではありませんし、親は子供を健康に育てる義務があります。

医学も薬学も科学と同じで人類が何万年も掛けて学んで得てきた知恵です。

自然治癒力を高めるのは健康を維持する為のベースとしてはとても大切な事です。

でもいざ病気になってしまったら人間の自然治癒力だけに頼ると助ける事が出来る命を失ってしまう可能性が高まります。

医師はそれを学んでいるからこそ薬を使って治療をしようとするのです。

「薬が病気を治すのではありません。病気から回復するのは全て人間の自然治癒力によるものです。」

これは真実です。

自然治癒力だけに頼る事を信じている人達はこの部分だけを見て誤解しているのです。

この文章には当然続きがあります。

「しかし全ての病気を自然治癒力だけで治す事は不可能です。」

「薬とは人間の自然治癒力だけでは治す事が出来ない病気の原因を除去したり症状を抑える事で、人間の身体の状態を自然治癒力で回復できる状態まで戻す手助けをするものなのです。」

そして、病気を治療する為に用いる薬によって健康被害が出る事は極力避ける必要があるので、薬の開発には厳しい試験を何重にも課して許容できる範囲の安全性を担保しているのです。

もちろん全てのリスクを取り除く事は不可能ですから、僅かなリスク(副作用)が存在する事は事実です。

しかし僅かなリスクを含んでいても、それを遥かに上回るメリットがあるものが薬として承認されるのです。

薬を否定する人達はこの僅かなリスクを殊更大きく捉えて拒否反応を示していますが、人間が生きていく以上一切のリスクを負わずに生きていく事など出来ないのです。

食べ物にも多くのリスクが存在しますし、もちろん自動車、飛行機、電化製品、ナイフ類、工場の機械類、工事用の重機など挙げたらきりが無いくらい我々はリスクが包括された生活を営んでいるのです。

リスクが存在するからと言ってそれらを完全に拒否していては現代人の生活など成り立ちません。

何事も極端に走る事はデメリットが大きくなるだけで決して良い事はないのです。

奥さんの様なお考えの方達は、そういう極論を信じている方達です。

説明しても納得を得る事は難しいとは思いますが、ご主人が理論を理解しておく事で諍いが大きくなる事が避けられれば良いと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

aki********さん

2018/9/2718:13:06

最終的に子供を守ることが出来るのは親なので、信念を貫くことが出来るなら、それはそれで良いと思いますよ。

ただ、この先、保育園や幼稚園に入園する際に、最低限、園側が求めてくる予防接種がありますので、受けてない=入園できないと言う事になります。

また、入園後、このような話はあっと言う間に広がり、〇〇さんの家は予防接種は受けさせない方針だから〇〇さんのところから水ぼうそうが感染した、等のいわゆるママ友いじめに発展する可能性もなきにしもあらずですので、目先のことだけではなく、長い目でゆっくり考えてみてはいかがでしょうか?

宗教的理由で輸血拒否してお子さんを死なせてしまい社会的問題になった事例もありますし…

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kam********さん

2018/9/2715:29:03

奥さんが、薬や予防接種について調べた上で、必要ないと判断したなら良いんじゃないの??感染症の時代毎の発生数を調べれば、ワクチン導入時には必要性が無くなった物がほとんどだし、発症者の接種歴を調べても効果は疑問だらけ。その上、副作用は報告された分だけでも感染症患者数を上回る。医療に従事してるからって、人の話は聞いても、自分で感染症やワクチンについて調べてないんでしょ??

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる