ここから本文です

漫画「ベルセルク」のことで質問です。

ツッチーさん

2018/9/3015:19:23

漫画「ベルセルク」のことで質問です。

原作3巻でガッツが初めて敵兵を倒した直後、別の敵兵の襲撃を受けてやられそうになった直後にガッツはガンビーノに助けられますが、このときガンビーノは何故ガッツを助けたんだと思いますか?

ガンビーノからしてみたらガッツは自分の妻であるシスを死なせたうえ、自身の片足を失った全ての元凶のような感じに思い、ガッツを厄介者同然に扱っていたにも関わらずガンビーノの立場ならガッツを助けずに見殺しにするか、敵兵に倒されたように装い、殺害するのが自然だと思いました。

ドノバンがガンビーノに頼んでにガッツを銀貨3枚で買ったと思われる描写はガンビーノがガッツを助けた後ですし、ガンビーノがガッツを助けた理由が分からないのでみなさんの意見を教えてください。

閲覧数:
60
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jel********さん

2018/10/506:02:22

ガンビーノはガッツ初陣の時に激励を送ってる辺り、3年前に薬をあげて以来多少はガッツを認めてる節があります
または、初陣の後にガッツが報酬を献上してるので稼ぎとしてガッツには生きていて欲しいと思って助けたのかもしれません
足を失った後の発言は単に自暴自棄になったからでしょう
なぜガンビーノがガッツを売ったのかは
①ドノバンが唆した
ドノバンが拾った子供に何で情を掛けるのか?シスを殺したガッツなど売ってしまえ、などと唆した結果プライドの高いガンビーノはガッツを売った説
②酔って思考力の落ちたガンビーノを説得した
翌日にガンビーノが二日酔いと言ってる辺り、ドノバンに飲まされて有耶無耶の内にガッツを売った (酒代としての銀貨3枚)
そして現実か夢か分からないガンビーノはガッツの顔をみて現実だと知る
ドノバンに文句を言う程ガッツに思い入れはないし、ガッツに謝るのはプライド的に不可能
しかし足を失って自暴自棄になったガンビーノは、あの時のガッツの表情からトラウマになってるであろうドノバンの件を言った説
こんな感じじゃないでしょうか

質問した人からのコメント

2018/10/6 23:42:54

>初陣の後にガッツが報酬を献上してるので稼ぎとしてガッツには生きていて欲しいと思って助けたのかもしれません。

ガンビーノがドノバンにガッツを売る直前、ガンビーノが足を失った後もガッツが報酬をガンビーノに渡してる描写があるので、非常に納得出来ました。

回答ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる