ここから本文です

本庶佑教授が今年のノーベル賞(医学生理学)を受賞した。日本人としては大変喜ば...

bc2********さん

2018/10/122:40:05

本庶佑教授が今年のノーベル賞(医学生理学)を受賞した。日本人としては大変喜ばしい報告ですが、教授の開発した「オプジーボ」は現在も高額な治療費がかかるという。しかも副作用も「半端ない」ようだ。

メディアの報道はオプジーボのについて詳しい解説をしてほしいところだ

閲覧数:
1,426
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mir********さん

2018/10/419:45:50

例外もありますが、ノーベル賞というのはロスチャイルドなどの国際的金融資本家たちにとって都合のいい活躍をした人に与えられるものであり、人類に貢献した人に与えられるものではないのです。

本庶教授のオプジーボにしても所詮抗がん剤の一種であり、オプジーボで救われるがん患者など1人もいません。

また、あなたは丸山ワクチンを推しているようですが、がんというのは食事療法で副作用なしに簡単に治せる病気なんです。日本の第一人者は真柄俊一という医師です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「本庶佑」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ss2********さん

2018/10/205:44:39

以前NHKが特番くんだような気がします。高額医療という観点からの番組でした。

eco********さん

2018/10/202:05:03

当該薬を製造販売している製薬メーカーを間接的にPRすることにもなるのでニュース報道程度の内容に落ち着くのではと思ったりします(ニュースでは当該製薬メーカー名は流していないですが、製品名からどこが製造販売しているかすぐわかります)。


詳しい解説はネットの関連用語による検索で得た情報や関連図書の情報を自身で探されるのでよいようにも思えます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

mop********さん

2018/10/201:35:26

1年くらい前に新聞で読んだが・・・


中国人の富裕層が癌になって、日本への就労ビザをバイヤーを通じて取得し、日本に入国する

就労ビザなら日本の健康保険にはいれるらしい

そしてオプジーボで1年くらい治療を受けて、完治して帰っていくそうだ

中国人が払う金は、保険の掛け金バイヤーに払う200万位。保険の掛け金100万位。高額医療費の減額制度で治療費が月20万くらいで1年間で240万

合計500万位で、1700万くらいのオプジーボを受けることになる

差額の1200万は我々日本国民のはらった血税から医療機関や製薬会社に払われることになる

オプジーボも中国人に食い荒らされてるんだがwww

gar********さん

2018/10/200:43:53

本庶教授が開発したというのは間違いです。

zut********さん

編集あり2018/10/200:34:51

確か。。。
薬価は2年に1度の改正、今年がその年で、
1年間で3500万だったのが1000万ちょっとに値下げだそうです( ´ ▽ ` )
まだまだ下がりそうです。
保険適用の疾病なら、高額医療費制度で個人負担の部分は心配ないし。
オプジーボは何クールか忘れちゃいましたが半年使用位でいいそうな。
分子標的薬は癌遺伝子に特異的に作用するので既存の物より効果が良い上、副作用が少ないのが特徴です。
オプジーボはこの分子標的薬の従姉のような存在でガンをやっつけるのではなく人が本来持つ免疫を高める薬です。なので理論上は副作用は少なくほとんど全ての癌に効果があると言えます(*´-`)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる