ここから本文です

民法の期間の計算方法。3日だと翌日から起算しますが、これを4320分と表現してある...

kou********さん

2018/10/213:48:33

民法の期間の計算方法。3日だと翌日から起算しますが、これを4320分と表現してあると即時から起算される事になるのでしょうか?それとも、1日を超える、時、分、秒、の時はどんな表現をしようと、翌日から起算される

のですか?

補足他にも、同様に、4年を126230400秒と表記すると即時から起算される事になるのでしょうか?

閲覧数:
94
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kor********さん

2018/10/218:18:53

(期間の起算)
第百三十九条 時間によって期間を定めたときは、その期間は、即時から起算する。

これあるのみですね。何の疑問もありません。

  • kor********さん

    2018/10/218:40:58

    あらら。シャワーを浴びて見直して見ると、先に第139条の規定に触れた回答が付いていましたね。回答を書くために民法を開いた時は付いていなかったのですが。こういうときは、後に付いた回答を消すのですが、条文の理解を正確にするために、あえて消さずに書き加えます。

    (期間の起算)
    第百三十九条 時間によって期間を定めたときは、その期間は、即時から起算する。
    第百四十条 日、週、月又は年によって期間を定めたときは、期間の初日は、算入しない。ただし、その期間が午前零時から始まるときは、この限りでない。

    ということで、「その期間が午前零時から始まるときは、この限りでない。」ということは、第140条の規定内部の問題であり、第139条の規定には及びません。

    よって、質問の場合は、他の条件を何も考える必要がなく、即事起算です。



  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/10/3 07:44:10

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

fjc********さん

編集あり2018/10/219:47:26

期間の計算については、時間で指定した場合には、即時から起算されます(民法139)。日、週、月、年で期間を指定した場合には、翌日0時から起算します(民法140条)。

これらの規定は、あくまでも「期間の計算」についての規定なので、契約期間の開始は、別の話です。契約書に期間の開始の時期が年月日で記載されていれば、当該日の0時からとなるでしょうし、記載がなければ、契約成立の条件は、原則は当事者の合意ですから、合意した時点から、となるものと考えられます。

契約期間の計算の起点と、契約期間の始期は、別々に考えるべき事柄です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる