ここから本文です

投票受付終了まであと3日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

なぜ 海水魚が体液と同じ塩類濃度の尿を少量排出し 淡水魚が体液より塩類濃度の薄...

アバター

ID非公開さん

2018/10/1015:25:45

なぜ
海水魚が体液と同じ塩類濃度の尿を少量排出し
淡水魚が体液より塩類濃度の薄い尿を多量に排出する
のですか?
海水魚は塩類濃度が高くなっていってしまうのを避けるために塩類濃度の濃い尿をだせばいいと思うの

ですが。

閲覧数:
32
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

回答

1〜1件/1件中

chi********さん

2018/10/1700:44:03

海水魚は体液よりも外液の浸透圧が高いので、水分が体外に出て行きます。これを極力防ぎたい海水魚は、水分を体内に多く取り入れるために沢山の海水を飲み、同時にエラから塩類を排出しています。要は、水分を多く蓄えておきたいので水分を尿として排出するのはよくないですよね。
そして淡水魚は体液が外液より塩類濃度が高い、つまり浸透圧が高いです。
これにより水分が体内に圧差を利用して入って来ようとするわけですから、体内環境を保っておきたい淡水魚にとって外からの水分は不要なわけです。
なんとなくイメージが掴めると理解が速くなりますよ!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる