ここから本文です

富士山の山頂の酸素、空気量は地上と比べると半分なんですか?

uto********さん

2018/10/1114:51:19

富士山の山頂の酸素、空気量は地上と比べると半分なんですか?

この前山頂の剣ヶ峰に行った時に
体力的にはクタクタになりましたが
呼吸が苦しいとかは全く感じなかったので
本当に空気量が少ないのかなと思いました。

閲覧数:
100
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sna********さん

2018/10/1203:22:44

酸素が少なくて呼吸が苦しい、ではなくて
体の中に酸素が行き渡らなくて
特に脳の酸素が足りなくなるのが
高山病だと思いますよ。

クタクタと感じられたなら
その高山病の手前だったんでしょうか。

酸素が少ない状態に体を慣れさせるのが
高度順応で、5合目で1時間ほどぶらぶらしとく
と良いです。

わたしは2回剣が峰に行きましたが
特に体調の変化は感じませんでした。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2018/10/1122:11:19

地表の7割程度の大気ですが、酸素濃度はほぼ同じなので、酸素量は地表の7割ほどだと思われます。呼吸が苦しい量ではありません。

mor********さん

2018/10/1121:05:19

山頂で空にしたペットボトルを持ち帰れば見た目でわかります。
体感は、呼吸を苦しく感じることはないです。
高度障害でも頭痛と吐き気が主な症状です。
登るスピードは落ちます。
本人の自覚は、ないですが。
GPSでチェック。

iri********さん

2018/10/1117:36:05

空気量を「空気がうすい」つまり濃度の意味で用いられていますね。

温度が同じならは空気の濃度は圧力に比例します。温度が変わる場合は詳しくはボイルシャルルの法則で計算してください。

また、高度による気圧変化は指数関数的な減少をしますから、富士山位の高さになれば1mにつき何hPa では正確性を欠きます。温度も高度とともに低下するので簡単ではありません。

大雑把に、気圧が濃度に比例すると考えてよいでしょう。富士山山頂の気圧は正式な観測値があります。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/nml_sfc_ym.php?prec_n...

平均して638hPaです。海面(標高0m)における平均気圧を1013hPaとすれば半分とはいかないまでも約63%です。しんどさから気分的には半分と感じることはあります。

tad********さん

2018/10/1115:00:39

空気の濃度は、気圧に比例する。
晴天時気圧は地上では、1013ミリバール、10m上昇するごとに約1ミリバール減少。
富士山は、3774mで、地表の7割程で呼吸困難にはならないが、7000mのエベレストなら4割以下となり、軽い酸欠になることもある。

nii********さん

2018/10/1114:56:15

空気の量は同じ。分圧が、低いだけ

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる