ここから本文です

住宅所得資金に係る借入れ金の年末残高証明書について。今日、住宅ローンの借入れ...

pdk********さん

2018/10/1216:29:07

住宅所得資金に係る借入れ金の年末残高証明書について。今日、住宅ローンの借入れ証明書がきました。夫と2人で借りているので2通くると思ってましたが4通もきました。銀行に問いただしてみたところ、それぞれがお互

いのローンの連帯保証人になっているため2通ずつになるそうです。今年住宅ローンの借り換えをしたところで、今までも2人で借りていましたが、前銀行では主に借りている方の証明書が1通ずつしかきていませんでした。銀行の人の話だと2通とも年末調整に使ってよいということですが、前の銀行が間違っていたということになりますか?2通とも2人が職場だせば2人とも全額に対しての住宅ローン控除となるため、2重どりにはなりませんか??

閲覧数:
39
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

suy********さん

2018/10/1316:51:40

お二人の証明額の合計額が、実際に借りた金額より多くなければ2重どりにはなりません。

住宅取得資金を借り入れる場合、目的の金額が一人で借りられる借入限度額をオーバーしてしまった場合、または登記上の持ち分設定等でお互いに資金を調達したい場合に、夫婦それぞれの収入や担保に応じて別々に借り入れることができます。

その場合もあくまで証明額はそれぞれ借りた金額ですから、2人とも住宅ローン控除は適用になるはずです。

以前の銀行が間違っていた可能性はありますが、その時の証明額が2人合わせての額になっていたのであれば実質的な損失はなかったのではないでしょうか。

  • 質問者

    pdk********さん

    2018/10/1607:44:04

    いろいろ調べてみましたが、今までと同じ額でしか控除受けられないということはわかりました。連帯債務の方の証明書は借り換えのときは無意味のようです。お答えくださってありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる