ID非公開

2018/10/22 9:00

11回答

公正証書の清書作業について 公証人役場の求人情報を見つけたのですが、作業内容としては公正証書の清書や帳簿の確認みたいです。 これって具体的にどんな仕事なのでしょうか?

公正証書の清書作業について 公証人役場の求人情報を見つけたのですが、作業内容としては公正証書の清書や帳簿の確認みたいです。 これって具体的にどんな仕事なのでしょうか? 印刷会社の校正みたいな仕事なのでしょうか? また、どんな人間が求められますでしょうか? 一応、総務で4年ほど働いているのですがこの経験は活かすことが出来るのでしょうか。

職場の悩み | 転職505閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

公証役場で勤務していました。 公正証書の作成作業については正直公証人ごとに手法が違うので一概に「これ」とは言いにくいのですが… 基本的には公証人が案を作成し、誤字脱字がないか確認します。 公証人によっては、条文は公証人が書くけれど、不動産の表示等の形式的なところは書記に任せるという人もいます。 その他、定款の認証、私書証書の認証、確定日付が公証役場の主な業務です。 どの業務が割合が多いかは公証役場ごとに異なります。 来客対応や電話対応も書記の仕事です。 書類に間違いがあってはいけないので、几帳面な人・丁寧な人がいいです。 あとは、完全なルーチンワークで業務が何年たっても代わり映えしないので、それが苦にならない人。 お客さんに対して説明しなきゃいけないこともあるので、相続や離婚に関する基本的な知識はあった方が仕事がしやすいですが、仕事をしていたらおいおい覚えていくことになるので、入る時点ではなくても大丈夫です。 事務仕事をしたことがある人なら、ある程度経験は活かせると思います。