ここから本文です

アマチュア無線のアンテナについて質問します。 50Ω給電しているJ型アンテナが2...

jo2********さん

2018/10/1722:59:11

アマチュア無線のアンテナについて質問します。

50Ω給電しているJ型アンテナが2本あります。1本は144MHz、もう1本は430MHzです。
この2本のアンテナを1本の50Ω同軸ケーブルで給電したいと思

います。
同一周波数ならスタックの感じです。
やはり75Ωの同軸ケーブルを使ってのマッチングでしょうか?
ご教示ください。
よろしくお願い致します。

補足皆さん、ご回答、ご提案、ありがとうございました。市販のデュープレクサはUVで使っていますが、タダ?の実験アンテナ。無銭家精神を発揮できれば面白いと思慮していました。
皆さんのご意見を参考に、あれこれ試してみます。
結果、普通に2本の同軸ケーブルを使う、なんて姿かもしれませんが、
また、空でお会いする方もおみえにるかもしれませんが、よろしくお願い致します。73

閲覧数:
123
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jr6********さん

2018/10/1806:44:13

144と430の2本の同軸ケーブルを1本にする「デュープレクサー」(分配器というか混合器と云うか)を使う。

又は、素直に

アンテナ切替器を使う。

ある程度の損失ロスは(アマチュア精神で)無視するとして、自作する場合、

デュープレクサーは、ローパスフィルターとかハイパスフィルターとか作るのが面倒そうな感じ。
アンテナ切替器は、スイッチ切替だから簡単そうな感じ。

アマチュアだからロスは(とりあえず)考えない。使ってみて、自分なりに妥協できれば「良し」とする。
無銭家なら、いかに安価に作るかが、腕のみせどころ。

財力があるのなら、作るより買う方が、楽で簡単。

  • 質問者

    jo2********さん

    2018/10/1808:27:31

    そうですね。
    アンテナ切替器もありますが、給電部直下は手が届かない。
    今回のJ型アンテナは、大昔に購入したリボンフィーダーが見つかり、試しに作成したものです。GPより良さそうなので、無銭家精神がムラムラしてきたところです。w
    昨晩、質問の後、TV用のUV混合器が見つかりました。
    10Wを入れるとどうだろう?
    300Ωから75Ωなので、4:1だろう。
    J型は本来200Ωくらいのはずなので、50Ω給電は大丈夫そうかな?

    あれこれ思慮中です。
    失敗して元々、の考えで挑戦しようか。ファイルを飛ばしたりしない様、1W入力で‥
    今は、こんな思いです。

    ありがとうございました。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/10/18 18:42:15

ありがとうございました。

そうですね!
アマチュアなら多少のロスは良しとする 如何に安く作るかw

ない腕を振るってみます。
この週末の楽しみが増えました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

equ********さん

2018/10/1723:13:27

止めて切替式にしたほうが良いです。

各アンテナは、目的の周波数以外では50Ωになりませんので、
簡単にはマッチングしません・・・

#受信だけなら、大した影ではないのでT型コネクタで分岐するとか・・

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

roo********さん

2018/10/1723:16:14

同軸ケーブルのインピーダンスの問題ではないと思います。
周波数が整数倍でもないので、簡単に並列につなぐようなことはできないでしょう。
それぞれの給電部の前に、周波数トラップをつけるとか、バンドパスフィルタをつけるとかしないと、1本のケーブルでは給電できないでしょう。
(それとも、同軸ケーブルでそういうものを構成するということでしょうか?)
しかし、ポピュラーな144と430で、給電部のインピーダンスが同じ50Ωなら、市販品に、1本のケーブルで分岐して給電できるような品があるかもしれません。
自分は良く知りませんが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nan********さん

2018/10/1808:29:21

3.5と7の様なHFのアンテナと違って144/430MHz等の高い周波数のアンテナ、ましてやJ型みたいなアンテナでは互いの周波数に対するインピーダンスの影響がはっきりしません。なので1本の同軸で給電と言うのは考えなしで行うのはリスクがあります。

で、正攻法です。

まずは互いの周波数に対するインピーダンス(例えば144MHzアンテナにおける435MHzでの(複素数の)インピーダンス値)を測定します。 さらにオン周波数のインピーダンス値を測定します。 これで一つの周波数について結果として4つのインピーダンス値が得られたことになります。
両アンテナを合成した時の許容できる損失又はSWR値をまず決め、その許容値内に収まるT型合成ネットワークを2本の同軸ケーブル長を各々変えて設計します。多分、イミッタンスチャートが設計には便利でしょう。 さらに場合によってはケーブル長だけでなく50/75Ωの同軸を使い分けての各種計算を机上で試して設計する事も必要でしょう。

複素数のアンテナアナライザが無かったら諦めて下さい。 エイヤッと無手勝流でやるのもアリですが僥倖以外は良い結果は望めないでしょう。

oka********さん

2018/10/1809:00:07

こんにちわ。
ふつうに販売されている144MHzと430MHz帯の「デュープレクサ」を使います。デュープレクサで2本のアンテナを集合し1本の同軸ケーブルで給電します。
ただし、ほとんどの品物は屋内用なので、屋外に設置する時は(何と呼ぶのか判りませんが)電気配線用のBOXに納めて防水が必要です。
BOXはホームセンターで各種の物が販売されています。
アマチュア無線の販売店に相談するのが早道かなと思います。
頑張ってください。

プロフィール画像

カテゴリマスター

fau********さん

2018/10/1810:05:18

普通に「デュプレクサー」を使えば良いのではないかと思います。

昔は、質問者さんの今回の ご質問のように1本の同軸で2本のアンテナに給電する用途で屋外アンテナ直下)に設置するようなものがありました。

たとえば DP-DF-770のようなものですね。
https://aucview.aucfan.com/yahoo/d167851846/

現行モデルでは屋内用しかないようなので、中古で探すか、屋内用を防水ケースに入れるかでしょう。
こんなサイト見つけました。
https://tanukijima.at.webry.info/201805/article_10.html

しかしこんなことしなくても 電工で使う オウルボックスとか屋外用ブレーカーボックスで大きめのやつにケーブルの接続部分含めて 放り込んでしまえば、その方が後の取り扱いも簡単かと思います。
https://www.google.co.jp/search?biw=1010&bih=486&tbm=isch&sa=1&ei=b...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる