姑、舅の語源をどなたか教えていただけますか?

姑、舅の語源をどなたか教えていただけますか?

法律相談1,931閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

「舅」は、古くは「しひと」と言われていたようです。 平安時代初めの『新撰字鏡』という字典には、「婦翁、志比止」と記されています。「婦翁」とは、「妻の年とった父」という意味でしょう。「志比止」から「しひと」と言っていたことが分かります。 「しひと」とは、恐らく「し(る)ひと」、つまり、「知る(領る、とも。治める、という意味)人」、一家の長という意味だったのではないでしょうか。 時代が下るにつれ、「しひと」が音便形で「しうと」となり、「しゅうと」と発音されるようになっていったのです。 「姑」は、分かりますね、「舅+女(め)」です。ただ、ここの「女」は「妻」という意味です。「しゅうと」の妻だから「しゅうとめ」です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変勉強になりました。ありがとうございました。またご縁がありましたら、その際はよろしくお願いします。

お礼日時:2008/10/13 23:39

その他の回答(1件)