ここから本文です

株式市場における「出来高」とは その1.株式市場で毎日「本日の出来高は…万株で...

fus********さん

2018/10/1913:28:44

株式市場における「出来高」とは
その1.株式市場で毎日「本日の出来高は…万株でした」などという言葉が出ますが、株式には一株単位、100株単位,1000株単位など様々ですね。

特に最近は1000株を100株に変更することが多くなっています。出来高は基本的にそれぞれ単にその売買成立の株式数を足したものでしょうか。あるいは一旦単位を基準値に変更してから、改めて足した数字でしょうか。

その2.当然でしょうが「1株出来ました」というときは売りと買いの取引成立で「1株」出来たということですよね・・・。
基本的なことで申し訳ないですが教えてください。

閲覧数:
46
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

atk********さん

2018/10/1914:56:03

>その1.
>出来高は基本的にそれぞれ単にその売買成立の株式数を足したものでしょうか。

はい、その通りです。

>あるいは一旦単位を基準値に変更してから、改めて足した数字でしょうか。

関係ありません。
例えば、1000株×10回 売買が成立すれば 出来高:10,000株 です。
これを基準値に直しても、100株×100回になり、同じく 出来高:10,000株です。

>その2.
>売りと買いの取引成立で「1株」出来たということですよね・・・。

その通りです。
1株が売り手から買い手へ移動したのです。

質問した人からのコメント

2018/10/22 11:19:26

atk****様、簡単明瞭な回答納得いたしました。そういえば本年10月から、100株単位制度が発足しましたので、今回の当方の疑問もこれからはなくなるでしょうね。
ご回答ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる