ここから本文です

ミャンマーが相次ぐトラブルで戦闘機の輸入先を変更するようですが、もし日本が退...

ar7********さん

2018/10/2007:49:18

ミャンマーが相次ぐトラブルで戦闘機の輸入先を変更するようですが、もし日本が退役予定のF-4EJ改を安く譲る(J-7以下の放出価格)話を持ち掛けたとしたら、ミャンマーは購入するでしょうか?

閲覧数:
65
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

you********さん

編集あり2018/10/2012:02:44

ミャンマーがどういう情勢にある国かご存知ないんですか?
常日頃から国内少数民族相手にドンパチやっている国ですよ?空軍の戦闘機…使い古しのJ-7だってお飾りではなく、現役でバリバリ実戦に投入されているんです。武装勢力の拠点を空爆し、少数民族の村をナパームで焼いたりしている。ただでさえ、いまロヒンギャの人権問題で国際的にミャンマーは大きな非難を浴びている状況にあります。
そういう国に軍用装備品を輸出・譲渡するという行為が何を意味するかは、解りますよね。
基本的に紛争地帯にある国とか国民を弾圧する独裁的な国には武器を輸出しないのが原則のはずですが、ところが現実には欧州製の武器がたくさん紛争地帯で使われているので、ドイツやスウェーデンは平和国家を自称するくせに偽善的だ、他国の戦争を食い物にする死の商人だとして槍玉に挙げられて責任を問われたりする。
日本もこうした人道に対する犯罪の片棒を担ぐのかと言われる立場になってしまうんですがそれは如何なものか。
そもそも、ミャンマーはロシアから新品のSu-30SMEを6機購入することが決まっていますし、必要があれば追加注文するでしょうから、扱い難そうな日本のF-4EJ改なんて興味ないでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mi5********さん

2018/10/2011:28:08

タダでもいらないでしょう。
下で他の方が書かれている通り、フレームの余命がほぼ尽きています。

タダで譲り受けて、使えそうな部品(主に電子装備)だけ外して中古市場で売る…という選択肢はありえますが、日本政府の不興を買うし、ミャンマー側だってそれなりの矜持(中古解体業者じゃない)はあるでしょうから、やらないでしょうね。

戦闘車両や艦艇だと、中古でもそれなりに使える可能性はありますが、余りに古い戦闘機は維持経費ばかり嵩む割に可用性が低く、もちろん戦闘能力だって最低ですし、そもそも突発故障して墜落するリスクが高過ぎます。

ゴミはゴミとして捨てる他ないでしょうね。

gis********さん

2018/10/2009:44:26

空自のF-4EJ改は、
・いい加減フレームが寿命なのを騙し騙し使っているので、機体寿命は残っていない。それを全て取り替える事が可能とも思えないし、できたとしても新品のF-16を買った方が安い。
・F-4EJ改はまさに「魔改造」された機体であり、電子系は下手なF-16より充実している。そんな機体をおいそれと外国に譲渡はできないし、そう言う部分を外したら飛べるかどうかすら怪しい。
(古い部品を残しているとは思えないので)
...と言った理由で無理ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

haa********さん

2018/10/2008:58:58

貴方は、相互運用性(インターオペラビリティ)って言葉知らないの?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

oot********さん

2018/10/2008:07:47

ありません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる