ここから本文です

エクスカリバーって誰が作ったの?

chi********さん

2018/10/2203:03:08

エクスカリバーって誰が作ったの?

アーサー王とか、エクスカリバーって言葉自体は有名だから知ってるけど、どうやってできたかがよく分からない。

少し調べてみたら、石から抜いたー。とか、カリバーンってやつを鍛え直したー。とかってのはありました。

でも、石から抜いたなら、それを作った者、刺した者は誰?って話ですし、カリバーンを鍛え直したって言うならそのカリバーン自体は誰が作ったか?あと、鍛え直したってのも誰が?

もしわかる人がいたら教えてください。

閲覧数:
170
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cel********さん

2018/10/2311:30:52

先に結論を申し上げると、『中世のアーサー王伝説の中のこれに“エクスカリバー(あるいは石から抜かれた剣)を作ったのは〇〇”と書いてある』と言う説明は聞いた事が無いです。

ですので『エクスカリバー(あるいは石から抜かれた剣)を作ったのが誰か』は、中世の伝説のどれにも載っていない、と思います。万が一、それを説明している人がいたら、それは、その人自身が思いついたか、中世以後に誰かさんが思いついた話を受け売りしているのだろう、とも思います。(勿論、誰のいつの作品のここにこう書いてある、と言う説明付きだったら、話は別ですが…)

ですので、『石から抜いた剣を作った者、石に刺した者は誰?』について、本当の意味で「わかっている」人は誰もいないのではないでしょうか?(勿論、私の知る限りの知識によれば、ですが…)

なお、カリバーン(Caliburn)は、エクスカリバー(Excalibur)と同じく、アーサーが持っていた剣の名前として、様々な本で様々な呼び方がされている『別ヴァージョン』の一つに過ぎません。
『エクスカリバーは、カリバーンを鍛え直したもの』ってな話をどこかで聞かれたのなら、それは、近現代(ひょっとしたら、現代の日本人の?)、誰かさんの誤解あるいは(意図的な)創作でしょう。


これから後は、アーサー王伝説自体に強い興味が無い方には、うるさいウンチクにしか聞こえないかも知れないので、読み飛ばして頂いても構いません。

最近の日本では、アーサー王伝説にゲームをきっかけに興味を持った方が多い様ですね。勿論、それは100%個人の自由であって、それに良い・悪いがあろうはずも無く、また、ケチをつける気もこれっぽっちもありません。

ただ、その過程で、あたかも『アーサー王物語』みたいな一冊の本があって、そこに書いてある事だけがアーサー王伝説で、それさえ読めば『アーサー王伝説の全て』がわかるかの様な“イメージ”、というか誤解が一部に広まっている様な気もします。

実際には、アーサー王伝説と一言で言っても、現在のウェールズ人の中にあった伝承を題材にして、12世紀以降様々な人が様々な創作をして、それらをひとまとめにして『アーサー王伝説』と呼んでいます。
だから、例えば、アーサー王伝説では『アーサーが持っていた剣はエクスカリバーなのか、石から抜いた剣なのか、どっち?』みたいな疑問に答えようと思ったら、この人の創作ではどうなっていて、一方この人の創作ではこうなっていて…、と言う風に答えるしか、本来はあり得ません。
裏返せば、『アーサー王伝説』の全貌を把握するには、理屈上は、中世の伝説の全てを読む必要がありますが、中世文学を専門に研究している学者の中にそういう人はひょっとしたらいるのかも知れませんが、私の様に元々ブリテン島の古代・中世の歴史に興味があって、その絡みでアーサー王伝説についても、中世の伝説の極々一部の現代英語訳を読んだだけで、あとは「アーサー王伝説事典」みたいな本を時々ひいている程度の素人には到底不可能です。

いずれにせよ、気軽に「アーサー王伝説では…」みたいな言い方をしている人をネットで見かけたら、一応眉に唾をつけて聞かれた方が良い様には思います。

で、その程度の知識しかない自覚がある私ではありますが、エクスカリバーと「石から抜かれた」剣の関係を知る限りでご説明すると…

「Historia Regum Britanniae」(直訳すれば、“ブリタニアの王達の歴史”)という12世紀前半に書かれたラテン語の本があります。これは、ブリテン島の歴史を、極々一部は史実も取り入れながら(例えば、カエサルとかもちょろっと書きながら)、どの程度がそれ以前からあった伝説で、どの程度が著者自身の創作なのかもハッキリしない、壮大な『偽の歴史書』ですが、この中でアーサーは、ブリタニアの王として大昔から連綿と続く系列の一人に位置づけられ、北はアイスランド、デンマーク、ノルウェー、西はアイルランド、南は(現在の)フランスまで征服した偉大な王として描かれています。そして、その中でアーサーはカリブルヌス(Caliburnus)と言う名前の剣を持っていた事になっています。カリブルヌスは、アヴァロンの島で作られた、とは書いてありますが、作った者の「名前」は書いてありません。
そして、恐らくはこの本が重要なきっかけのひとつとなって、アーサーに(多少なりとも)関係する膨大な数の物語を中世の詩人が創作しました。つまり、ネタとしてはアーサー関連を使った物語を、色々な人がそれぞれ《別個》に作っていった、という事です。聖杯探索とかランスロットとかは、この過程で創作された物語です。
そして、カリブルヌスが(より正確には、それ自身がウェールズ語からの派生ではありますが)元になって、そういった《別個》の伝説の中では、エクスカリバー(Excalibur)とかカリバーン(Caliburn)とかを含む、様々な呼び方をされました。
更に、エクスカリバー(本当は呼び名のヴァリエーションはありますが、以下では全てエクスカリバーに統一します)はアーサーに湖の乙女が与え、アーサーが瀕死の重傷を追った時に湖の乙女に返させた、という話も出来ました。

一方、このエクスカリバーとは《別》に、アーサーが剣を石から抜いて“正統な王”である事を示したエピソードを含む物語も、中世に創作されました。(もっとも、「アーサーが石から剣を抜く」エピソード自体は、それがその詩人の創作なのか、あるいは、それ以前に古くからの伝承から採ったのかは、また別の話)
尚、こちらでもその剣を「誰が作ったか」を(私の知る限りでは)述べている伝説はありません。

つまり、この段階では、エクスカリバーと石から抜いた剣は、《別ヴァージョン》に出てくる、(であるからして、当然)何の関係も無い『別物』で、ある系列の物語では『アーサーはエクスカリバーという剣を持っている」、別の系列の物語では『アーサーは石から剣を抜いた』という事になっていた、という事です。

ところが、このどちらのヴァージョンもよく知られるようになったからでしょうが、石から抜かれた剣もエクスカリバーという名前で呼ばれるようになって行きました。つまり、ある系列の物語では“湖の乙女から貰ったエクスカリバー”が登場し、ある系列の物語では“石から抜かれたエクスカリバー”が登場する、という状況になった、という事です。

そして、この様にお互いに影響を受けつつ、様々な人達が(題材はアーサー絡みとは言え)個別に創作していった異なるヴァージョンの伝説を、15世紀後半に一冊の本に纏めたのが『Le Morte d'Arthur』(直訳すれば、“アーサーの死”)です。この本は、剣に関しては、上記の二つの系列をそのまま取り入れてしまいました。つまり、同じ本の中で、『湖の乙女から貰ったエクスカリバー』も『石から抜かれたエクスカリバー』も両方登場する、あたかもエクスカリバーが二本あったかのような話になってしまった、という事です。

中世の伝説ではこういう事で、元々別系統の話に出てくる剣が、両方ともエクスカリバーと呼ばれるようになってしまって、どっちがどっちか、二本あるのか、そこらへんがゴッチャになっている、という事です。

なお、現在「アーサー王物語」みたいな名前で出ている本は、全部といって良いぐらいと私は思うぐらい、高い確率で『Le Morte d'Arthur』のダイジェスト版ですが、「エクスカリバーが二本ある」かのようになっている元の本の書き方をそのまま採り入れているか、どちらか一方だけをエクスカリバーと呼ぶ様に修正しているか、は、ダイジェストした人の考え方次第、とは思いますが、私の「印象」では、石から抜かれた剣はエクスカリバーとは呼ばない様に修正したものが多いような気はします。

ところで、神話・伝説は、時代をかけて無数の人が少しずつ創作を加えて成長していくものです。ですから、別ヴァージョンが生まれるのは、ある意味「必然」とも言えるでしょう。
ですから、後の時代の人間からすると「辻褄が合わない」、「両立しない」ヴァージョンがあるのは、珍しくない、むしろその方が多い、と言った方が良いかも知れません。

冒頭で申上げた通り、ゲームから伝説に興味を持つ事に良いも悪いもあろうはずがありませんが、それとは全く別の話として、ゲーム系の出版社が出している(アーサー王伝説を含む)ヨーロッパなどの神話・伝説の『事典』の様な本を含め、ゲームの設定のネタとして神話・伝説を考える人達の中には、そういった矛盾を勝手に「辻褄あわせ」してしまう傾向がやや見えるような気はしています。ゲームの「設定」では、“矛盾”とか“わからない”とかがあると何かと都合が良くは無いのでしょうが…

ゲームの設定をするのなら、それはそうしないとマズいのでしょうが、それがもし「伝説」自身の説明にも影響しているのならば、それはちとどうかな…、と思います。

「カリバーンが鍛え直されたのがエクスカリバーだ」ってな創作をしたのがいつどこの誰で、その人の心は私にはわかりませんが、一般論として、違う呼び方があるだけなのをこのように「辻褄あわせ」してしまう、といった傾向は、ネットなどに転がっている「ゲーム系」の知識には見られるような気はしています。

超長文失礼しました。

  • 質問者

    chi********さん

    2018/10/2312:43:43

    長文お疲れ様でした。

    やはり、剣を作った者はあまり知られていないんですね。自分の書いている小説の登場人物として出したかったので少し残念です。

    あ、あと、後々聞こうと思っていた2本のエクスカリバーのことまで教えていただき、ありがとうございます。

    はぁ。にしても……剣を作ったの、伝わってなかったんですね。……残念です。…本当に。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる