ここから本文です

そもそもなぜ歴史や古いものが大切なのでしょうか? なぜ人々は古い歴史を守り...

アバター

ID非公開さん

2018/10/2214:23:51

そもそもなぜ歴史や古いものが大切なのでしょうか?

なぜ人々は古い歴史を守り保存すべきなのか?

なぜ歴史的建築物は大事であるのか?

歴史の勉強中です。
どうぞご意見よろしくお願い致します。

閲覧数:
72
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/10/2215:35:02

古代遺跡を世界的に発掘・保護するようになったのは意外にも150年前ほどからであって、それ以前は意義もなく保護もされていませんでした。

中国では万里の長城が荒れ放題、イタリアでは建築資材のためにローマの遺跡の石を砕いて使っていました。

シュリーマンが違法発掘でイリオンを神話から歴史に変えて以来、人々は何か取りつかれたように遺跡の発掘と保護を始めました。
※シュリーマンはトルコで古代ギリシャの神話上の存在と思われていたイリオンを発掘し、世界に衝撃を与え、世界最古参の”考古学者”になりました。

この人が書いた「古代への情熱」はベストセラーに。そして世界(というより主に西洋)で考古学ブームとなって以来、他国の遺跡を強制盗掘したり、急に遺跡の保護を始めたのでした。
古代エジプトの遺産のほとんどがイギリスの大英博物館にあり、英国が返還を拒否しているのもこのためです。

歴史的建造物の保護は「その国の文化や歴史の保護と伝承」とそれらしく伝えられており、現在となっては世界一体化よりも個々の国の歴史や文化を主張・尊重することが重要視されているので、相応の意味はあります。

しかしそのスタートは西洋のニワカ的ブームと資産価値、そして観光や観光資源という新たなカネになる産業創造のために始まったのでした。

世界遺産という考えも最近になってスタートしました。それまでそのような古いものはあまり重視されていなかったのです。

中には重視されていたものもありましたが、主に宗教や国家中枢に関わる文化が神聖視されて保護されていたのです。

例えば日本では伊勢神宮の遷宮や西洋では古い教会が保護されていたりです。これらは世界遺産が産まれる前から慎重に保護されていました。その人々の聖地やその時流行ってたもの、為政者が保護したものだけ残されていたのです。

他の古い家や昔に滅んだ文明の遺跡など、平然と破壊していました。それを保護するようになって、既に保護されていたものといっしょになったのが世界遺産です。

つまり世界遺産には2つあります。生きているものと、死んでるものです。

伊勢神宮や富士山は生きています。今も信仰を集めていて実際に効果を発揮し、保護されてきたからです。一方で古代ローマの遺跡や卑弥呼の遺跡は死んでいます。滅びそれを保護する者が無くなったからです。

伊勢神宮が立て直しされているのに対し、ローマの遺跡や卑弥呼の遺産は土に埋もれているのはこのためです。

毎年お墓詣りされている墓と、ずっと昔に誰も訪れなくなった墓の違いです。最近は所有者の無くなった墓をも発掘して見世物にしたり保護するのが流行っているのです。

アバター

質問した人からのコメント

2018/10/24 10:49:49

わかりやすく詳しいご説明ありがとうございます。
大変勉強になりました!

ベストアンサーに選べなかった皆さまもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hat********さん

2018/10/2322:42:21

お国自慢と商売の為。

ski********さん

編集あり2018/10/2218:16:41

歴史のないアメリカ人ご覧なさい。

ああなりたい?

2018/10/2217:20:12

ISがニネベの文化財破壊してるというニュースを聞いた時気が狂いそうになりました。イラク北部モスル(Mosul)で貴重な古代の石像をハンマーやドリルなどで破壊してるという。
エジプトのピラミッドやスフィンクスも偶像だから壊せという意見があるそうです。
日本だって光明皇后が聖武天皇の遺品を正倉院に保管してくれたから日本は文化財を失わずにおれた。自分たちの宗教一色にするために新しい宗教は自分たち以前の宗教の遺物を破壊したりする。

ギリシャもアルバニアも中世の歴史がごっそり奪われ焚書にされ、ギリシャ語の文献持ってるだけで火刑にされた。古代の建造物が破壊された。女神像が壊され
顔の部分が切り取られている。ミロのビーナスがなんとか畑から出土した。

これ以上焚書坑儒を繰り返して欲しくない。

ISがニネベの文化財破壊してるというニュースを聞いた時気が狂いそうになりました。イラク北部モスル(Mosul)で貴...

zeu********さん

2018/10/2215:08:07

いくつもあります。

①自分たちのルーツや文化を正しく理解するため

親が分からない人はどんなに立派な人物になっても必死に親を探します。
国家や民族とて例外ではありません。
人間だけが持つ本能なのかも知れません。
由緒正しきルーツの人は、それを誇りにしたりしています。

②未来を予想するため

歴史は繰り返すといいます。
全く同じことは繰り返しませんが、らせんで描いたように何回か同じようなことを起こしながら微妙に変化して、進みます。

そもそも私たち個人レベルでも、未来を予想するのは過去の経験がもとになっています。
特に近現代史は未来を予想するのに重要な手がかりです。
温故知新ということばも昔からあるぐらいです。


③人類の発展・発達のプロセスを知るため

②とも連動しますが、どうゆう社会だったからこのように変化していったという原因と結果から、プロセスが出てきます。
これを知ることにより、民族の持つ行動手段などがわかりやすくなる


④人類普遍のものを知るため

奴隷システムが当然だと考えられていた時代
男尊女卑が至極常識だとされていた時代
拷問や残酷な刑罰を何とも思わなかった時代
ゴミを自然界に捨てても何も言われなかった時代

人間の常識、価値観というのは時代によって変わります。
それを知ることは人間の文明ステップを知ることにもなります。
また、どんな時代でも変わらない価値観というのもあります。

親子の絆、男女の愛、名誉や財を欲する心、虚栄心、亡くした者への思い・・・原始時代も今も変わらない普遍のものが抽出できます。


つまり歴史を学ぶことによって

自分たちのルーツ、文化を正しく知り、未来を予測し、人類の発展プロセスや普遍な価値観、事態と共に変わる価値観を知ることで社会の在り方を考える材料になるためです。

人間や社会(世の中)の本質を知るということになるかと思います。

yuk********さん

2018/10/2214:26:31

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる