ここから本文です

村上春樹よりも「優れている作家」がいるならば、教えてください。 村上春樹さ...

una********さん

2018/10/3022:51:20

村上春樹よりも「優れている作家」がいるならば、教えてください。

村上春樹さんに関する話題になると、「過大評価されている作家」、「あいつよりも優れた作家はいくらでもいる」などの、批判的な評価をする人を見

かけます(それもかなりの数の)。

私は村上春樹さんに対して、否定的な意見があるのもわかるけれども(私も村上さんの性的な描写が苦手です)、その評価は妥当なものだし、少なくとも存命している日本の作家ではトップクラスの実力者ではないかと思います。

批判的な意見を目にするたびに、文学を勉強している私としては、ぜひ村上春樹さんよりも優れた作家を教えてほしいという気持ちになるのですがじゃあその人たちの考える村上春樹さんよりも優れた作家は誰なの?となると、具体的な個人名が挙げられることはほとんどなく、あったとしても
三島由紀夫、谷崎潤一郎、夏目漱石、安部公房といった有名な文豪が挙がるぐらいで、
それ以外の存命している人物だと
村上龍さん、小川洋子さん、京極夏彦さん を挙げる人がそれぞれ一人いるくらいでした。

ただ単に批判するコメントよりも、具体的な人名を挙げてくれたほうが私も勉強できるのでありがたいのですが、三島由紀夫などのすでに古典として一定の評価がされていたり、教科書に載っていたりするような作家を引き合いに出すのは、何というか物足りないというか、フェアじゃないような気がします。
一番強いボクサーはモハメド・アリだ!と答えられたような…。ちょっとたとえが変かもしれませんが。
村上龍さんたちの本もいくつか読んで、それはそれで面白くて素晴らしい作家だと思いましたが、じゃあはっきりと優れているかというと、どうだろうと思います。どの作家さんにも、弱点のようなものがあるのを読んでいて感じました(私は村上龍さんの暴力的な描写が苦手です)。

僕は作家の優劣をつけるのは難しいと思いますし、頭ごなしに村上春樹さんを否定するのもおかしいと思います。

ですが、もしも村上春樹よりも優れた、あるいはもっと評価されるべき作家がいましたら、ぜひ教えてください。海外の作家も歓迎です(存命している作家が望ましいです)。

補足私は村上春樹さんが日本一の作家だと言いたいわけではないのですが、
どうして彼があそこまで否定されるのかが、よくわからないのです(単純に一番知名度があるからだとは思いますが。

他の作家は年齢が上がるにつれて、書けなくなって消えてしまったり、
賞の選考委員や文化人になって方向性を変えたりします。
私はそれは悪いことだとは思いません。
一方の村上春樹さんは40年近く作家として創作を続け、批判はありますが
一定のクオリティの保ったものを世に出し続けています。
私は彼が、すごく真面目に頑張っている人だと思います。

閲覧数:
769
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nek********さん

2018/10/3023:31:34

存命してる作家ですね。

スティーブン・キングは?
現代の娯楽小説に大きな影響を与えているよね。
ストレートなオマージュ作品として『バトル・ロワイヤル』や『屍鬼』、これらのオマージュ作品のさらにオマージュにあたるものまで、スティーブン・キングの作品の遺伝子って散見できますよね。

ジョン・グリシャムは?
リーガル・サスペンスってジャンルを構築したよね。

村上春樹より優れた、という貴方の主観を前提とした質問はさておき、村上春樹の「なにが」優れているのでしょう?
村上春樹が現在までに残したものに、なにがあるのでしょうか?
頭から否定するのはおかしいのですが、肯定する材料が見当たらないのです。

  • 質問者

    una********さん

    2018/10/3100:34:36

    回答ありがとうございます。
    二人の作家の作品、読んでみます。


    特に短編小説(30ページくらいの)を書かせると
    村上春樹さんは優れていると感じます。
    シュールなストーリーの中に
    無理なく登場人物が動かせていて、
    読み手にいろいろな感想をもつ余地を与えています。

    他の日本作家さんだと、
    無理やりハプニングを起こそうとして、
    登場人物が説明口調になったり、非常識な行動をとったり
    することもあれば、
    テーマを伝えようとして
    友情は素晴らしいとか仕事は大事といったことを
    登場人物がいきなり言い出したり思ったりすることもあります。

    海外の作家さんだとそんなことはないのですが、
    他の日本の作家さんの書く短編小説は、
    あまりうまくないと感じてしまいます。
    長編小説を窮屈にまとめたような…。

    好みの問題と言われればそれまでですが。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

squ********さん

2018/11/523:20:35

個人的には、日本の存命の作家で村上春樹より上の作家はまだ見たことがないです。
村上龍や小川洋子は、村上春樹よりも下だと思います。
ただ存命の海外の作家を挙げていいのなら、ミラン・クンデラは村上春樹よりはっきり上だと思います。「存在の耐えられない軽さ」も「不滅」も、どの村上春樹作品よりも傑作だと思います。
ミラン・クンデラがノーベル文学賞をまだ受賞していない以上、村上春樹が貰えなくても仕方がないでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pee********さん

2018/11/400:32:41

直近まで存命の作家が許されるなら彼の翻訳である
レイモンド・カーヴァーは優れた作家であるように
思います。会話の背後で揺れる微妙な意識のズレを
見事に表現しているのは、まさに天性の才能です。

村上さんの小説は、読書家でもない人でも読めるし
学識者でも深く味わえます。恐らく中学生から
経験豊かなご老人までの読者がいるでしょう。
こんな幅の広い小説を書ける作家は他にいないでしょう。

まるで、ロールシャッハのように読み手の力量に
合わせて、物語が薄くなったり、厚くなったりして
います。あるいは色や形を変えています。
このことはアマゾンレビューを見れば歴然です。
これだけ読み手に違った印象を与えるのは小説の
仕組みに要因があると思います。

しかし、本質的にはかなり深い部分まで掘り下げて
いる小説が殆どなので、主人公と一緒にどこまで深く
物語の底へ降りていけるかは、やはり読者の力量に
よると思います。
個人的には、同時代にこれだけの作家に出会えたのは
ラッキーだと思っています。

see********さん

2018/11/121:20:35

「すごく真面目に頑張っている人」と言う質問者さんの一文にとても胸打たれました。
私も、本当にその通りだと思う。

以前、村上龍が爆笑問題のラジオで、こんなことを言っていました。

村上龍「彼がやっている最大公約数みたいなものを掴んで虚構化するのは難しいことですよ。」

村上春樹が世界で受けるのは、世界中の誰にでも当てはまる、とても巨大な不安の塊みたいなものを掴んで、
それを物語化する能力だと思うんです。

でもそれは、ある種誰にでも当てはまるような命題についてを描いているから、
よく分かっていない人が読むと「つまんねえ、よくありがなこと書いてるだけだ」とか
「気取ってるだけだ」と言うように感じるんだと思う。
でも当然のことながら、世界中の最大公約数を掴むと言う行為はハッキリいって並大抵のことじゃない。
それをサラリとやっている風に見せる村上春樹と言う人は、やっぱりとんでもない努力家なんだろうなと思います。

と言うわけで、私個人の意見として、存命の日本の作家さんではやはり村上春樹が一番凄いと思います。
亡くなった方を入れていいなら、遠藤周作でしょうか。あの人は、人間の一生みたいな小説を書きます。別格。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2018/10/3122:21:14

エンタメ系の作家さんたちの中にも、村上春樹さん以上に「光るもの」を持っている作家さんはたくさんいます(村上春樹さんは半分くらい読みましたが「光るもの」をまだ見つけられないでいます)。

・17歳にして比類ない天才性をみせた乙一さん

・各作品ハズレなし、オリジナリティの高さ、端正な文章でで群を抜いている貴志祐介さん

・3作のみの傑作長編を残して、惜しくも30代で夭折した伊藤計劃さん

・ライトノベル的ホラーシリーズを書いていたのに、近年、人間性や現代社会に深く切り込んだ作品を発表し続けている櫛木理宇さん。そのメッセージ性はすでにベテランの桐野夏生さんを凌駕している。

・ちょっと小粒だが、純文学からエンタメへ移行した原田ひ香さん

・異色のおバカ天才作家、田中啓文さん。「忘却の船に流れは光」の世界観はすごいのひとこと

・たくさんの優れた作品を書き、中でも「だからドロシー帰っておいで」一作で、「ここに天才がいる」と思わせた牧野修さん

・クトゥルフ作家としてデビュー、ホラー→SF→ミステリーに移行した小林泰三さん

大人気作家、東野圭吾さん、宮部みゆきさん、伊坂幸太郎さん、湊かなえさんは「商業作家」、ようやく直木賞を受賞した恩田陸さんには、上記の作家さんたちに見られる「驚き」はない。

次に純文学作家さんでは、あまり読んでいないので、陳腐ですが

・宮本輝さん

・川上未映子さん

ともに「わかりやすい名文でストーリー性豊かな純文学が書ける」作家さんだと思います。

これから、村上春樹さんを超えていくであろう純文学作家さんとして

・本谷有希子さん

・村田沙耶香さん(芥川賞受賞作「コンビニ人間」以外に実は秀作が多いと思う)

・前掲の伊藤計劃さんの親友、円城塔さん

一方、吉田修一さん、中村文則さんは過大評価されていると思います。いずれにしろ、「火花」が芥川賞を取った時点で、日本の純文学界の先は見えたな、と。「火花」よりすごい、しかも「文学的」でメッセージ性が強く魅力的なテーマのエンタメ作品は、枚挙にいとまがないので。

案外、村上春樹さんは22世紀には忘れられ、筒井康隆さんや遠藤周作さん、吉村昭さんなどの作品が読み継がれているのでは、とも思います。とくに吉村昭さんには圧倒されます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

zzr********さん

2018/10/3121:18:18

俺自身は「村上龍&村上春樹の両村上は別格」という意見なんだけど・・

一方で世にある春樹氏に対する拒否感も分からなくはない。
期待するものとの落差や、理解しがたさがあるからね。で、そこのところは春樹さん自身が自覚的だったりもする。
「旧来の日本的なもの」ではない書き方を自覚的に用いてるんだよ。
ある意味、それに成功してるから批判を受ける結果になってるとも言えると思う。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる