ここから本文です

ヴァイキングと北米大陸 なぜ忘れられた? ヴァイキングが北欧から現在の英国、...

gar********さん

2018/10/3101:34:27

ヴァイキングと北米大陸 なぜ忘れられた?

ヴァイキングが北欧から現在の英国、ロシアに入った事は
伝承されているのに北米入植の話が忘れられていたのは何故?

マルコ・ポーロ、コロンブスと南北アメリカが西洋に
「再発見」される展開はすごいというか空しいというか。

補足お二人とも興味深いお話ありがとうございます。言葉、数字といった情報の功罪を強く感じます。個人的には最近情報の「呪縛」としての側面を思う事が多かった。現代ではアート、エンターテイメントが全般にネタ切れ傾向にある。明確に情報が蓄積され消えない問題によるもの。「TV時代の手品師は辛い。苦労して作った芸が瞬時に全国放送され消費されてしまう。」とう趣旨の話を読んだのが20年くらい前。スポーツでは数字を競うタイプのものが地獄と化しつつある。無限に蓄積される過去との競争。かなうわけ無い。相対的な競技も映像が瞬時に流布されライバルにコマ送りで技術解析されちゃう。うー あー じゃあヴァイキングの北米入植はむしろ忘れられて良かったのかな?

閲覧数:
28
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

air********さん

2018/10/3103:11:11

口述あるいは、記録としても残っていても、それらが伝承、伝説であり、物語的な解釈をされてしまったからでしょうね。

記録以外での、物証があればともかく....北米大陸でヴァイキングの遺跡が発掘されたりで、今日では、ようやく、その功績が日の目を見ているし、知られているけど。

また、今の様なグローバルな情報化社会ではないから、特定の地域やコミュニティーで、(仮に、伝承、伝説の類いだとしても)語り継がれたりして、知られていて当然な情報が、その地域やコミュニティーの外へは、伝わる事も無い。

そうなると、結局は、コロンブスの耳には入らなかっただろうから(実は、知っていて、あるのは確実だと思って、実は出立してたなんて事だと、面白いネタですよね (w)、でも、実際は、ガチで、インド目指したと....

そういう中で、本来情報を知り得ているはずの、特定の地域や、コミュニティーですら、時代が経つと忘却の彼方となり、かつての出来事も、事実かどうか曖昧となり、伝承・伝説となり、物語の世界扱いと....

到達こそすれ、植民地として入植しても、永住は出来なかったから尚更ですよね。
植民地が維持されて、交流とか継続されていれば、また、違った展開だったかもしれませんけど。

こうなると、やはり現在においては、遺跡なり、確かな物証として、何か出てこない限りは、物語の範疇から出られないと。
幸い、遺跡も見つかり、物語ではなく、事実だったと、再認識をされていますけど。


もう、40年以上前かな....子供の頃に読んだ本(船や航海に関連する図鑑の類い)で、ヴァイキングのアメリカ到達の話しが出ていて、これを知っていたので、歴史の話しでチラホラでてくる「コロンブスのアメリカ大陸発見」の話しとか、当時の図書室・図書館にある子供向けの偉人のお話で「コロンブス」の生涯とかの話しとか読むと、そういう事には、全然振れられていないでスルーなので、子供心に、なんかシラけた記憶はあります (w

1960年代には遺跡の発見があり、1978年には、ヴァイキングの遺跡が世界遺産登録をされていたりですから、私が子供の頃でも、遺跡は発見されているので、その筋の情報が早い人は知っていた、偶々、私の読んだ図鑑の執筆者も、そういう当時の最新の情報を載せたのかなと。

  • air********さん

    2018/10/3103:14:52

    歴史って、過去の古い事なはずなのに、変化をする。

    旧来と異なる話しがでてきたりで、新しい話しが次から次に出てきたりで、楽しいですよね (w

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/10/31 15:28:07

1978年に世界遺産登録という話は衝撃。アカデミックに認識が塗り替えられたという事ですよね。隠蔽なのかなんなのか・・・おれは40代ですが義務教育では一切教えられなかった。同時に情報をめぐる問題(補足参照)。勝手な願望を書くならコロンブスの西インド諸島到達こそ史実+100年くらいは忘却されてほしかったな。というかあの船団は海の藻屑になってほしかった。お二人とも回答感謝。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

lom********さん

編集あり2018/10/3110:19:38

ヴァイキングの出発地はアイスランドです。


当時のアイスランドは議会による民主的な独立国家であり、本国であるノルウェーの支配下に入ってあたわけではありません。


そのアイスランドで産まれた人物が、アイスランドの植民地とされていたグリーンランドを経由してカナダ付近に入植しようとしました。


しかしそれは失敗しグリーンランドに撤退し、入植を試みた人物も一人だけなので、アイスランドで伝承的に語り継がれるに留まったのでしょう。北欧に伝わった可能性もありますが、業績として確かに北欧経由でヨーロッパに伝わるようなものでも無かったのでしょう。


アイスランドが北欧の支配下に入るのはそれから200年も後のことであり、その頃には伝承以外には忘れ去られていたのかもしれません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる