ここから本文です

『新撰組血風録』で近藤がニセ虎徹を虎徹と見なして愛用していますが、あれは史実...

peace2qazさん

2018/10/3115:02:23

『新撰組血風録』で近藤がニセ虎徹を虎徹と見なして愛用していますが、あれは史実あんおでしょうか。本物を使いこなせなかったと言う意味ですか?

閲覧数:
80
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

col********さん

2018/10/3120:39:04

もともとは子母澤寛の『新選組遺聞』(昭和4年)の中の「虎徹の話」で紹介されている話で
「本人は偽物とも知らず珍重し、池田屋事変後に東下した時、わざわざ刀屋を呼んで礼まで言ったという話さえある」
としていますが、この逸話の出典は書かれておらず、史実かどうかは判断が難しいところです。

質問した人からのコメント

2018/11/4 21:55:17

みなさま、回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mas********さん

2018/10/3117:44:19

実物が残っていないのでなんとも言えません。
血風録は単なる小説です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる