ここから本文です

諸行無常を自覚することが煩悩を寂滅するひとつであるとされますが、諸行無常を自...

han********さん

2018/11/209:40:18

諸行無常を自覚することが煩悩を寂滅するひとつであるとされますが、諸行無常を自覚するとどのような心境にいきつくのでしょうか?

閲覧数:
65
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ino********さん

2018/11/213:38:39

涅槃経に雪山偈という有名な偈があります。いろは歌の元になったと言われています。
「諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅為楽」
いろんなものは常に動いていて留まっていない。いろんなものが生じたり滅したりしている道理がある。その生滅を已に滅したところは悟りの境地、安楽であるという偈です。

生滅とは頭の中の出来事なのです。真実は当たり前が当たり前に移っていくだけです。それを人間の頭が生滅ととらえそれに一喜一憂しているのです。そんな頭の中の一喜一憂を無くしてしまう。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dok********さん

2018/11/211:53:45

実際、諸行無常を自覚していない人を見たことがありますか?
ためしに、あなたは死というものを知っていますか?とたずねてみてください。
もし「それは初めて聞きました」という人がいたら、その人は諸行無常を自覚していない人です。
つまりブッダは諸行無常を自覚しない境地へいくことを解脱としたのです。
ですから仏教は、インドで亡んで、バラモン教に吸収され、ヒンドゥー教へと変わってしまったわけです。
そしてヒンドゥー教に吸収されず、逆にバラモン教をとりいれたのが、密教というわけであり、諸行無常を自覚することが、凡人であると知ることが大事であるというのが密教の本質であるわけです。

wrb********さん

2018/11/210:03:04

いつまでも子供ではない。
人に何でも「どうしてどうして」と聞いていい「お子ちゃま」ではない。
自分の頭で考えろ

と、言うことです。

war********さん

2018/11/209:57:12

要は諦めろということです。諦めれば欲もなくなります。しかしそんなものが人間の生なのか。

fhj********さん

2018/11/209:48:28

無常とは人はちっとも偉くならんということです
カネもってるとかいいクルマに乗ってるとか
そんなもんは大したことではないのです
そんな目先のカネに動揺しないことを無常を観ずるというのです

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる