ここから本文です

先代の春風亭柳朝は落語、特に江戸っ子の職人を演じれば同時期の四天王の中でも1番...

ham********さん

2018/11/302:34:55

先代の春風亭柳朝は落語、特に江戸っ子の職人を演じれば同時期の四天王の中でも1番と感じましたが、なぜ柳朝は知名度では他の3人よりも格段に劣るのでしょうか?

閲覧数:
61
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yan********さん

2018/11/308:54:10

>知名度

活躍されていたときの知名度はとくに他の3人に比べて低いということはありませんでしたよ。

今の人の中で知名度が低いのは、1982年12月に脳梗塞に倒れ、それ以後高座に出演できなかったからてしょう。

もう37年も経ってしまいました。

知名度が低いのはそれだけが原因ですね。

因みに、あの怖いもの知らずの談志師匠か世の中で一番怖いと思って低姿勢にしていたのが5代目春風亭柳朝師匠なんですよ。

古今亭志ん朝との二人会『二朝会』、落語会でチケットがすぐに売り切れのはしりでした。

当時はたいへんな知名度でしたよ。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

blu********さん

2018/11/306:14:49

>江戸っ子の職人を演じれば同時期の四天王の中でも1番と感じました

志ん朝が演じる職人は威勢よく啖呵を切って良かったですし、談志が演じる職人は江戸っ子の気質を顕わしていたように感じて、円楽の演じる職人も味がありました。柳朝の演じる職人が「特に素晴しかった」わけではないと思います。

さっぱりとした芸風で、四天王とも呼ばれる名人芸でしたので「知名度では他の3人よりも格段に劣る」ことはありません。ちょっと勘違いをされておられるようです。弟子を育てる名伯楽としては秀逸でした。柳朝がトリの時は、好んで寄席に足を運んだ懐かしい記憶があります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる