ここから本文です

両面表ラバーでは試合に勝てませんか?カットの影響を余り受けないのがウリだと思...

pep********さん

2018/11/810:10:03

両面表ラバーでは試合に勝てませんか?カットの影響を余り受けないのがウリだと思いますが、前陣速攻型・スピードだけで勝負することはできないのでしょうか?

バトミントンみたいな感じかと思いますが、

補足今は両面で使ってる選手は少ないですよね?
私の卓球仲間では昔からやってる人がペングリップで使ってるだけです。

閲覧数:
52
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

acd********さん

2018/11/818:57:43

レアなチョイスで面白そうですが、現実はなかなか難しいでしょうね。

例えばフォア裏ソフトでドライブを掛け球を伸ばすと、バック表ソフトの滑る様な直線的弾道やナックルの球質がより生きます。

両面表ソフトでは「ギャップ」を生み出せず単調になり、慣れられるのも早いかと。


カットの影響を余り受けない、というのも間違いではありませんが、実際には裏ソフトでドライブを掛けて返すほうが有利です。

ドライブは弧線を描くため、打点が低くてもネットを越えやすく、その後沈むためエンドラインは越えてしまい難く、おまけにバウンド時伸びる、というとても都合の良い技術です。

これに対し表ソフトが得意なミート打ち(角度打ち)によるナックルは、直線的に飛ぶため打点が低いとネットしやすく、かといって高い弾道にするとオーバーしてしまいます。

つまりピンポイントで叩き込む必要があり、かなりリスキーです。


裏ソフトでドライブを掛ければバウンド後の失速が小さいので、表ソフトの方が絶対的に速い球が打てる、というわけでもありませんし。


と理屈を述べたものの…

カットマンにやたら強い表ソフト使いって片面ペン表だったりするんですよねー

絶妙なストップで手前に寄せて、台上処理が少し浮いただけでもパチンパチンコンパクトな角度打ちをぶっ込んで全然ミスしないというw

質問した人からのコメント

2018/11/11 09:38:43

皆さま、
回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

yon********さん

2018/11/817:25:29

昔、ジョニーファン(カナダ帰化。かつてのスーパーサーキットにも参戦)がいた。

やはり、フォアのミート打ち連打やピッチの速いバックのカウンターなどが冴えていた。
振り替えるにバドミントンみたい、とも言えない。

肝心のカットマン攻略だが、
裏ソフトと同じようなドライブ系のカット打ちからチャンスは強打する、といったラリー展開が多かった。

表ソフトは回転に影響されにくい反面、球が軽い(回転が少ない、失速しやすい)という特徴があり、
ピッチについていけたらカットで合わせやすい、という事を覚えておいてほしい。

だからペン表が、カットマン攻略するにあたり、前後の揺さぶりでストップやツッツキを交えたラリーだけでなく、
しっかり回転をかけたカット打ちのラリーからチャンスをうかがう展開も多い。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

uk_********さん

2018/11/813:16:01

今は、っていうか昔から両面表ソフトはほとんどいないです。
利点、欠点は他の方が書かれている通り。一般レベル、全国大会出場を目指すレベルであれば、充分やれると思います。

szb********さん

2018/11/810:38:51

試して見たことがあります。
スピード感のある攻撃
バックではナックルでも相手を翻弄できます。

その反面、自分のフットワークや切り返しにも速さが要求されます。
サーブがあまり強い回転はかからないので、スピード系サーブからの速攻が得意パターンになりますが、より速いスピードでリターンされると反応が難しくなります。

ドライブやカットは回転をかけることで自分の体勢を持ち直す時間も稼げますが、表はそれが難しいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる