ここから本文です

今はもう紙テープで電子計算機にプログラムを入力するやり方は全く行われていない...

アバター

ID非公開さん

2018/11/1001:57:54

今はもう紙テープで電子計算機にプログラムを入力するやり方は全く行われていないのでしょうか?

閲覧数:
147
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

max********さん

2018/11/1011:37:22

全く行われていません。
8inのフロッピーが出た時は驚愕
これを紙テープですると大変な長さになります。
8inて1Mですよ。
NC装置とかの古い機械には紙テープリーダーが有って、使っています。
ちなみにNC装置は内部メモリーでも運転出来ますが、この容量は10年ちょっとまで紙テープの長さで言っていました。
以下昔の書き物
新聞を見て絶句したのが、ファナックの新CNCの記事
”プログラムメモリーの容量単位が「メートル」から「バイト」に変わった”と。
なんでmがメモリー単位かと言うと。
昔はNC装置への入力は紙テープだった、これの長さが容量となります。
2.54mm/byte 紙テープ知ってるの今はほとんどいません。
後で映像貼り付けます。
今までメートルが単位とは、”皆で信じられない!!”
新聞には
こうした表記は世界でも工作機械業界特有とされ、
「何とも情けなかった」(メーカー技術者)

全く行われていません。
8inのフロッピーが出た時は驚愕
これを紙テープですると大変な長さになります。...

アバター

質問した人からのコメント

2018/11/10 17:24:09

大学のレポートがワードのデータ手渡しで提出と口頭で言われたのですが、USBメモリ無くしたので、JISコード表見ながら紙に手作業でパンチングしてます。これならデータ(ファイル形式書いてない)なので受け取ってもらえるはずです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

equ********さん

2018/11/1011:33:22

まだここで売っているようなので、需要はあるかも・・?
http://www.addo-japan.com/toriatukai.html

1970年代後半、某製造業の制御コンピュータの
磁気ドラム(ディスクではない)のバックアップを
月に1回くらい紙テープでやっていました・・・

パンチとコンペアで1日作業だった。
#巻き取る際にテープを踏んづけて切り、手作業で繋いだことも・・

プロフィール画像

カテゴリマスター

wak********さん

2018/11/1009:00:23

紙シートならあるね!

テープじゃないか。。。。

プロフィール画像

カテゴリマスター

sin********さん

2018/11/1008:55:55

8単位紙テープの製造が途絶え、ヤフオクなどに
偶に出る程度なので、業として続けることは無理
でしょう。

テープパンチャ/リーダの信号はプリンタポート
に近いか、RS232Cに変換して接続されるので、
それに改造して接続する方法が本に出てました。

qwe********さん

2018/11/1004:28:16

全く行われていないのでしょうか?
==>わかりません。

キーパンチャーという職種も求人は見ないし、、、、、
(データ入力とは区別して回答しています。)

pet********さん

2018/11/1003:17:08

LSIテスタの一部にはオプションとして残ってる。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる