ここから本文です

かけそばの件。 定期的に、蕎麦(盛り蕎麦)の食べ方について、質問が上がります...

プロフィール画像

カテゴリマスター

oob********さん

2018/11/1222:43:05

かけそばの件。

定期的に、蕎麦(盛り蕎麦)の食べ方について、質問が上がります。
汁をつける・あまりつけない。
音を立てる・立てない。
こう食べるのが通だ。

どっちでもいいのですが



かけそばに関しては、食べ方の蘊蓄質問があまり見当たりません。

なぜですか?

『鬼平犯科帳』吉右衛門版で、天ぷらそばの是非に関して、うさぎ君とネコ殿が論争していたので、何かしら一家言を持つ人がいてもいいと思うのですが。

閲覧数:
194
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/11/1223:29:29

蘊蓄ではないのですが、落語家で蕎麦の食べるシーンのナンバーワンといわれている5代目柳家小さん師匠、あれは落語がラジオ番組で全国に放送される際、音だけで蕎麦を手繰っているのをラジオを聴いている人にわかってもらうために強調した演出で始めたものでした。

その上、更に、小さん師匠が凄いのは、「うどん屋」という演目では最後の方で客が鍋焼きうどんを食べるシーンがあるんですが、「時そば」と続けて聞いてみても、啜る音が麺の細いそばと太いうどんでは音が違うんです。
流石、人間国宝になるような落語家ですね。

小さん師匠、あまりにも蕎麦を食べるのが有名になってしまい、高座ではなくプライベートで蕎麦屋に行ったときに、周りの客があまりにも注目するので蕎麦屋に行って蕎麦を食べなくなってしまった、という話しを晩年にしていました。

浅草の尾張屋本店で落語家の方たちが蕎麦を食べているのをよく見かけます。

  • 質問者

    oob********さん

    2018/11/1307:53:12

    ありがとうございます。

    そう言えば、NHKのチコちゃんが、「蕎麦屋で落語家がうどん食うてるところを見るのが楽しみ」と言ってました。

  • その他の返信(5件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/11/18 21:23:40

皆さん、ありがとうございます。
蕎麦は、かけでも盛りでもささっと食べようと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2018/11/1622:57:23

天ぷら蕎麦は、私も職場や知人と互いにウンチクを云々したことはありました。でも、かけそばは、素早くお腹に入れば良いときに食べるもので、そもそもウンチクを云々する食べ物ではないと思います。麺や汁のウンチクを云々するのは、もりそばです。

蕎麦に関しては、そんな構図があります・

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

lap********さん

2018/11/1408:03:28

かけそばって具材なにもない素そばですよ?
論争のしようがないような・・・しいていうなら七味の量くらいか?

逆に天ぷらそばとかだったら、天ぷら論争よくおきてるじゃないですか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/11/1307:05:04

東アジア特に日本の場合は食器を持って食べる。独特の食文化圏です。欧米には見られません。やはり箸を使い食べますからそうなります。中国も食器を持つことはマナーに反します。

日本は箸と食器ですから利き手に箸、反対の手には食器を持ちます。したがって麺類は丼を手に持って頂きます。尚昔はテーブルも椅子もありません。座ったところに食器、そして膳ができても座った膝の高さ程度、麺類でもなんでも食器を持たなくては食べられません。

したがって麺類の丼はあまり大きくては手に持って食べられませんからそこは考えた大きさで提供するのが店側が注意すべき点です。現在豪華な大きな丼を使い。重くて持てない為、散り蓮華を添えたりしますが、「中国か」とツッコむところです。ひどい場合は小さなお玉(一人用的なサイズ)を添えますが、小丼もとんすいも出さずに、客側もそのお玉を蓮華代わりに使う等めちゃくちゃな食べ方がみられますが、現在、新たな食文化到来なのでしょうが、ひどすぎるマナー違反以前のもんだいです。

それらの食文化から、蕎麦は鬼平の頃(本来はテーブルと椅子はあり得ない)
蕎麦の歴史を文献に詳しく見れば、思い込みや錯覚、現在の生活環境との混同もあることがわかる。したがってすすりこまなければ食べられない。という現実問題。丼を持たないで食べれば自分の座った高さつまり犬食い。
かけ蕎麦は鰹だし醤油、味醂、砂糖がなくては作れない。良質な下り醤油から安価的な地回り醤油は1860年代、鬼平は天明は1787頃の話 味醂が佃煮に使われたのはこのころ蕎麦の汁がやっと生まれたころの話

かけ汁が今の形、味に完成したのは文献によれば1804年頃。砂糖等は昭和20年代まで一般家庭では貴重。

※ と答えましたが、

>鬼平犯科帳』吉右衛門版で、天ぷらそばの是非に関して、うさぎ君とネコ殿が論争していたので、何かしら一家言を持つ人がいてもいいと思うのですが。<

○ 天ぷらそばの是非の論争について答えていないことに気づきました。

ウサギとカメの論争内容は私は知らずに、かけそばの食べ方で答えましたが良かったのでしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2018/11/1305:27:55

>かけそばに関して

上方落語の「うどん屋」は、所謂もりではないくて「かけうどん」タイプだと思います。そして「時そば」は、かけそばですね。

かけそばは、かっ込むように食べて喉越しを楽しんでいます。

それに対してかけうどんは、麺の歯ごたえを味わっています。

食べ方の蘊蓄が、ほぼ共通感覚として固定しているので、特に質問する「必要」がないと思います。

もっとも、質問する必要があきらかにないようなものを知恵袋では見掛けますので、過去に遡れば、それなりに質問されているかもしれませんね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cr4********さん

2018/11/1300:57:46

本当の蕎麦通はいろいろとゴタクを並べて蕎麦を語る
ことは一番野暮なことだと知っているから、ウンチク
など語らないのです。うまい蕎麦をただ黙って食うこ
とが一番粋なことだと知っているのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる