ここから本文です

平成30年度行政書士試験受験者です。 一般知識の問題56の正答は1と4のどちら...

a12********さん

2018/11/1317:27:36

平成30年度行政書士試験受験者です。
一般知識の問題56の正答は1と4のどちらだと思いますか?
各予備校の解答はきれいに割れています。
没問の可能性もあるでしょうか?

閲覧数:
2,292
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mys********さん

2018/11/1515:23:14

ほぼ確実に1だと思います。

1は前半は〇だが個人情報の保護に関する法律(以下個人情報保護法)
36条1項~3項の規定から適用されるように読み取れる。

4は個人情報保護法36条の1項で匿名加工情報(匿名加工情報データベース等を構成する ものに限る)という規定や2条4項で「個人情報データベース等とは…(個人の権利利益を 害する恐れの少ないもの…を除く)と書いてあることからデータベースに属しないのは 権利利益を害するおそれが少ないので保護する必要なく
個人情報保護法の範囲になっていないと考えられる。したがって4は〇

没問の可能性はほぼゼロです。

質問した人からのコメント

2018/11/20 13:49:20

皆様ご回答ありがとうございました。
具体的な条文を挙げて説明して下さったmys…さんをBAに選ばせていただきました。
ちなみに私は4を選んだのですが、どの肢を選ぶにも「とりようによっては」という条件付きでの選択にならざるを得ませんね。
これは、答えがわからず悩むというより日本語の読解で時間を消費してしまう悪問だと思います。
そういう意味で言えば今年の一般知識は文章理解が4問あったと思いましょう(笑

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hop********さん

2018/11/1913:41:32

私は没問になる可能性は高いと思っています。
なぜなら、正解肢を一つに絞るとしたならば、
各予備校の講師達の提示した根拠を覆す根拠が
必要だからです。しかも、法律の解釈の問題に
なっていますから、絶対こうだとは言いづらい。

分析してみると、

肢4 個人情報保護法が適用されるのは、
個人情報取扱事業者が取り扱う
個人情報データベース等を構成する
個人データであり、個人情報
データベース等を構成しない散在する
個人情報は個人データではない。

なんですけど、要するに、
「個人情報データベース等を構成する個人データだけで
あり・・・」としたならば、これは妥当でない肢であると
言えますよね。ところが「・・・だけであり・・・」とし
たならば、すぐに正答されてしまうので、
「・・・であり・・・」にしたんじゃないですかねー。
私の想像に過ぎないんですけどね。その結果、この肢4は
妥当でないとは言えなくなってしまった。
「・・・であり・・・」という表現は別に他のものが
該当しないと言い切ったということではないからです。

これって、問題作成者が、何とか正解させまいとして
日本語をこねくり回しているうちに、問題が破綻して
しまったということじゃないでしょうか。
かなり勉強している人は、正解肢が1.4.5のいずれか
であるということまではすぐにわかったと思うんです。
ところがそれからが困難になる。

まあ、穏便に済ませるという措置で、没問の可能性は
高いと思います。という私も今回受験した者で、この問題
が没問になれば足きり回避でたぶん合格します。
今回の一般知識・・・、こりゃないよ。。。

sak********さん

2018/11/1800:36:02

ある講師ゎ5を出してたけど・・・
まぁ、4で押し切ってほしいわ。
悲鳴と叫びが多いほうが
国家試験として楽しいしぃ。

gas********さん

2018/11/1715:41:59

考えられるのは、
1)1が正解
2)4が正解
3)1、4ともに正解
4)ボツ問となり、全員正解

個人的には、今年は一般常識が難しかったので、法令科目で180点以上でも、常識足切りになった人が多いと思われるので、4)になって記述を厳しく採点という形になりそう。

esk********さん

2018/11/1411:18:03

正解は、1です。
1は、匿名加工情報から考えたら、一発です。作成は、個人情報取扱事業者しか、できません。匿名加工情報取扱事業者としてはできません。作成で、考えて条文をよんでください。直接適用しないと、作成できません。
36条の1-3です。匿名加工情報取扱事業者が作成する場合は、個人情報取扱事業者として行います。

4は、正しいでしょう。個人情報保護法の適用範囲は、かなり狭い。
「個人情報」「保有個人データ」が書いてない、といってる方もいますが、個人情報取扱事業者が取扱う個人情報データベース等を構成する個人データ以外の「個人情報」は対象外、「保有個人データ」は、個人データのなかに、はいってます。

a46********さん

2018/11/1321:57:08

一般知識でここまで割れが続くのは
珍しいですね
これまでの流れだと予備校間で解答が割れた場合
翌日位に解答は統一されるのが通例なんですが
このまま割れたままだと
行政書士試験は複数正解はないので没になる
可能性はありますね
1,4,5で割れてたそうですが
どうやら1と4でどっちなのか?ですね
一般知識は足切基準もあり
ここの分野では割れ問は作らないでほしいですね

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる