ここから本文です

損害保険会社の査定部門と弁護士では似たような仕事をしていると聞きます。損害保...

rdc********さん

2018/11/2319:00:03

損害保険会社の査定部門と弁護士では似たような仕事をしていると聞きます。損害保険会社の査定と弁護士、やっている仕事の違いはなんですか?教えてください。

閲覧数:
34
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ama********さん

2018/11/2419:58:43

弁護士は損害保険会社、被害者又は加害者の委任によって示談交渉や民事訴訟を行っています。損害保険会社の査定部門の社員は、約款や保険契約の範囲内ではありますが、示談交渉も民事訴訟の内部の当事者として行っています。どちらも、程度の差はありますが、専門知識に基づいてほぼ同じ仕事をしており、外部委任か内部の当事者かの立場の違いだけです。一般会社の法務部員と顧問弁護士との違いに似ています。なお、社員も会社を代表している場合は当事者ですから、弁護士法違反(非弁護士活動)にはなりませんし、損害査定士も研修を受け損保協会の民間資格を取得してやっています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

職業とキャリア

職業

  • この仕事教えて
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる