ここから本文です

中学三年生です

aku********さん

2018/11/1823:29:49

中学三年生です

明日、面接練習があって自己アピール(自己PR?)をどう書けばいいのか分からなくて困っています。
とりあえず箇条書き的な感じで書いておきます
どうまとめて書けばいいのか分からないので例文お願いします。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
中学三年間吹奏楽をしている。
入った頃は楽しかったが、先輩が厳しく怖くて1年の後半から2年の夏休みまでほとんど行けなかった。
楽器の音も聞きたくない、音楽室にも行きたくない、部活動の話や行かないって決まってても部活動の時間が近づいてくると手の震えと吐き気が襲ってきた。
先輩が仮引退して、なんとなく部活に行ったら怖さなんてなくて楽しかった。そこからずっと部活に行って初めてコンクールに出たりアンサンブルコンテストに出たり、初めてこんなに楽しい部活だったんだ!って気づいた。
たくさん頑張って、それでも出来なくて泣いて、わからない所は友達が助けてくれて、練習は辛かったけどステージに立てた時の喜びはすごく大きかった。
頑張ればこんなに楽しいこと、こんなに嬉しいことが待っているっていうことを学んだ。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


志望理由も少し不安があるので添削できたらお願いします。⤵︎⤵︎⤵︎

私は、中学の勉強がとても苦手で基礎が少ししか身についてないと思います。そこでこちらの学校で少人数学級とベーシックの活用で基礎が学び直せると聞きました。また、多くのチャンスがあるこちらの学校でなら新しい自分を見つけ頑張りながらも楽しい高校生活を遅れると思い志望しました。

閲覧数:
195
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

non********さん

2018/11/1823:44:37

この手の文章の基本ですが、結論を先に書きましょう。この場合、自己PR・長所になる部分を先に言います。

それを踏まえてこの文章は自己PRではなく、今まで何を頑張ってきましたか?という質問に対する答えになっています。自己PRにするには例えば「私の強みは厳しい環境でも努力をし続けられる点です」や、「私の強みは吹奏楽で学んだ努力を楽しいと思える精神です」などになると思います。

質問者様は吹奏楽部で様々な経験をされたと思うので、後はどう頑張ったか、何をしてそれが身についたかなどの具体的なエピソードをその後に言えば大丈夫ですよ。

志望理由についても同じです。まず結論からですので、この場合「貴校独自の少人数学級でのベーシック活用に魅力を感じ志望致します」などで始めます。また基礎が少ししか身についてない、などのマイナスの事柄はストレートに言わない方が無難です。先ほどの自己PRと絡めて「コツコツ努力し続ける私に合っている」などプラスの方向で志望した方がいいです。
もしマイナス方面のことを正直にいう場合は、「他の学生よりも理解に時間はかかりますが、理解するまで努力し続ける私の正確に最も適しているのが貴校」のようにマイナス→プラスで最後は自分のプラス要素で終わるようにしましょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jjj********さん

2018/11/1823:42:14

「先輩が厳しくて〜先輩が仮引退して」の部分は
「先輩は厳しくも優しくてそんな部活が楽しかった。」ってことにしましょう。自己アピールなんて嘘つき大会なんで馬鹿正直に本当のことをいうのは良い選択とは言いませんね。部活動で良い経験をしているようなので先に記したよう事実と多少の嘘を織り交ぜて構成を練れば良い自己アピールになるのではないでしょうか

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる