ここから本文です

憲法改正で戦争?そんなことはないが、しやすくはなるとは思いませんか?

アバター

ID非公開さん

2018/11/2018:19:04

憲法改正で戦争?そんなことはないが、しやすくはなるとは思いませんか?

自衛隊が法律で認められたものになり米軍と肩を並べて戦えるようになる
問題は戦う場所で海外派兵中であれば国外の敵と戦うことになりきっと国を守るための戦いで戦争ではないと言うだろう
(これまでと違うのは自衛隊員が死ぬということ)

まぁ今までのように派兵されたはいいが撃ちかえすことさえ禁止では何のために行くのかさっぱりわからないことも確かだが、そもそも派兵していなかったものをずるずると派兵して、現実に戦えないという実績を積み、ほらやっぱり憲法がおかしいから戦えないじゃないかということで憲法を変えるテコにしたいとしか思えない
自衛隊は国土しか守れませんとアメリカに言い切って卑怯者と言われようが金だけ出せば憲法も変える必要はない

実際テロリストが相手ならそれは戦争ではない
何しろテロリストは国ではないのだから一方的にあれは国じゃないと言っておけばそれは戦争ではない
だが、人死にが出ればエスカレートするのが紛争と言うものでいつまで戦争ではないと言えるかはわからないだろう

解釈で自衛隊を作ったアメリカと日本政府が少しでも自衛隊を動かせるようにすれば、さらに拡大解釈がしやすくなるので戦争参加がしやすくなる

本来、法を解釈(例外を作るのもその一つ)すれば何でもできてしまうのであって、今までそうやって自衛隊を維持してきた日本政府(ほとんど自民党)とアメリカを信用していいものか、そこが一番問題!!

立憲民主党が正しいかどうかはさておき、「立憲」とは厳格に憲法を守る(国を縛る)のが先で変えなければならない場合は憲法を変えてから、それに則って国を運用するという意味

何が正しかったか僕には言えないが、ドイツも日本も昔の憲法が悪くてあのめちゃくちゃな戦争に突入したわけではないということだ
扇動者によって世論が醸成されると法律は守られなくなる
その意味では法は無力だ! 「民」が自立して考えることができない間は結局戦争は止められないのかもしれない


ここからは、蛇足です

現実を見ろ、戦争はあるじゃないか! と言い続ければ民は平和を志向せず戦争だけを考える!!
正しいよね、その通りだよ、確かに戦争はあるのだから!!

じゃあ、いつ平和について考えるんだい? いつ平和を志向するの?
せめて同じ時間数だけ平和にするにはどうするか考えてよと強く言いたい!!
平和を作ろうとしない限り平和にはならないのは自明だと思う

昨年のノーベル平和賞をよく考えてみて下さい
icanは数人が運営している組織だそうだ
それでも核兵器禁止条約を成立させた

閲覧数:
64
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kom********さん

2018/11/2018:35:14

その通りだと思います。
いまの安倍政権の動きが筋違いなのは、日本の公務員はきちっと憲法を守らねばならないと憲法に書いてあるのを、その頭目自体がまともな理由もなくおおっぴらに憲法を変えようとしている、ここが悪の根源なのです。公人の頭目だから権力を持ち何でもやりたい放題、憲法だって変えて自分の思うままに出来る、これが今あべがやろうとしていることで、公務員は国家も地方も安倍に忖度して憲法擁護の動きを「政治運動だから」と抑えてかかっている。これはまったく憲法主義ではなく奇怪な状況だということです。
仰るとおり自衛隊を認め九条をなくしたら戦争がやりやすくなることは事実です。あべは実際何を血迷ったのか戦前の体制に憧れて軍隊を強化していることは疑うまでもなくじじつです。許せませんね。日本は今の平和国家を貫かねばならないと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kim********さん

2018/11/2020:22:26

相手は、中国韓国北朝鮮だぜ。

相手が悪過ぎるよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

sz2********さん

2018/11/2020:01:28

貴方の思考は湾岸戦争以前の外交音痴の日本人のもの。

自衛隊が法律で認められる?
自衛隊は自衛隊法と自衛隊設置方があるから完全に合法だ。ただ9条に反しているから違憲だ馬鹿共は言う。国防と外交が国の最低限の責務だがそれを担う自衛隊を否定するのであれば憲法自体が歪で不全である事を証明している。

日本は資源がなく貿易で成り立っていて、例えばシーレーンを中国が封鎖してしまえば日本は枯死してしまう。そうなれば自衛隊を派遣して撃滅しなくてはならない。
例えば強大な中国軍が日本を侵略してきた場合、これを撃退するために台湾やASEAN等アジア各国の協力が必要になるが逆に中国が台湾やASEANを侵略した時自衛隊を派遣して背面から攻撃して侵略を掣肘しなくてはならない。所謂集団的自衛だ。日本の反日サヨクがあれほど集団的自衛権に反対するのはこれをさせない為に中国から命令指示されているからだ。

日本とアメリカを信じて良いかという問いは、そのまま周辺国を現在進行形で侵略している中国共産党を信じろと言っているものだ。そして貴方は侵略者を信じる事を平和だと言っている。

一切、同調出来ない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jgs********さん

2018/11/2019:37:13

交戦権を認めなければ誰かしら死なない限り人を守れない。それが今の憲法だ。
そしてPKO派遣の際ROEが定められているため危険と判断した際危害射撃が許可されています。後歴史勉強しよう。日本が第二次世界大戦に突入してしまった本当の理由。その当時アメリカの政権内は旧ソ連のKGBによって支配されていたこと。

urg********さん

2018/11/2018:39:40

「国の交戦権はこれを認めない」って書いてあるだろう。
これが問題だ。

dar********さん

2018/11/2018:19:40

危険だと思う。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる