住宅ローンの頭金にするはずだった1000万を 住宅ローン減税のために頭金なしですることになったので 十年間1000万が浮いたんですが、どう運用するのがいいと思いますか?

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(5件)

0

銀行定期とかでいいと思いますよ。個人向け国債も悪いとは言いませんが固定される期間が長いです。そのお金はどこかで繰り上げ返済するんでしょう。まあ通常は住宅減税効果を繰り上げ返済による支払金利低減効果が上回った場合が該当するんでしょうが、それがいつ来るかはわからないからです。 それはなーんもなければ減税が切れる10年後でしょうが、金利があがれば来るかもですし、失職したり、事故や病気で働けなくなれば減税されるべき所得自体がなくなります。 10年もあればなにが起こるかわからず、その1000万は自由に使える余剰資金ではないのです。なのですぐに使えるようになるという流動性が重要です。 んで預金であればネット銀行とかでキャンペーンもよく行われており、個人国債の利回りを大幅に上回ることもしょっちゅうあります。また下回ったとしても現状では1000万で一年ランチ代にもなるかならない程度です☆

0

元本保証の金融商品 個人国債が一番の候補かな 住宅ローン減税のメリットが有るのは、住宅ローン金利が金利1%以下の場合です 1%より高い場合は早急に繰り上げ返済すべきです 元本保証の投資信託等は信託手数料取られて結果元本割れしそうです

0

10年間で他にどれだけ貯蓄ができるかや、幾らの繰上を必須と考えているかによります。 一般には、1000万繰上するつもりが、900万しかできなくなっても死にはしませんので、元本保証に拘る意味はないです。 よって積立NISAに全力(一人分なら400万)。 残りを、団信で不足している箇所をカバーするように外貨建の貯蓄型の死亡・介護・特定疾病保険。(ただし10年後には解約しない) 住宅ローン控除期間が終わったら、繰上と運用を天秤にかけつつ、確定拠出を追加。