ここから本文です

鉄道にATS装置が付くようになったのはいつ頃からですか?

yfr********さん

2018/11/2522:17:37

鉄道にATS装置が付くようになったのはいつ頃からですか?

閲覧数:
35
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chu********さん

2018/11/2523:12:08

1962年に発生した三河島事故がきっかけで、ATS装置が付くようになった、この事故は 水戸行き下り貨物列車の信号表示の誤認で、そのまま運転し、三河島を4分遅れて発車した取手行きの電車6両編成に衝突・脱線、7分後に上野行き電車9両編成が突っ込み、脱線・転覆、沿線の倉庫に車両が転落し、死者 160人、負傷269人を出す大惨事の事故。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2018/11/2522:37:22

国鉄全路線への設置が決定したのは 1962年の三河島事故がきっかけです。

その前から「自動列車停止装置」という名称で都営地下鉄などで実験的に準備されていました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ons********さん

2018/11/2522:36:42

Wikiにも乗ってるよ
大正時代にすでに最初の試験が行われている
1954年に山手線・京浜東北線で使用開始

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる