ここから本文です

インフルエンザの解熱にロキソニンは 良くないらしいですが ピリン系のセデスハ...

アバター

ID非公開さん

2018/11/2617:24:25

インフルエンザの解熱にロキソニンは
良くないらしいですが
ピリン系のセデスハイは飲めますか?

普通のセデスではなく
ピリン系のセデスハイです。

閲覧数:
1,250
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qua********さん

2018/11/2921:11:40

インフルエンザ脳症

厚労省の「インフルエンザ脳炎・脳症の臨床疫学的研究」(2001)で
脳症はインフルエンザウイルスのしわざではなく
一部の解熱剤が原因になって引き起こされていることがわかっています。

平成11年度厚生科学研究
ジクロフェナクナトリウム又はメフェナム酸が使用された症例では
使用していない症例に比較して死亡率が高い

【死亡率】

アセトアミノフェン 29.5%
ジクロフェナクナトリウム 52.0%
メフェナム酸 66.7%
その他の解熱剤 22.7%

アバター

質問した人からのコメント

2018/11/30 19:09:22

ありがとう御座います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nii********さん

2018/11/2920:42:37

素直にタミフル、いなびる、にしなさいな。

プロフィール画像

カテゴリマスター

宮元武蔵さん

2018/11/2617:39:04

ロキソニンは問題ないよ。
インフルエンザに限らず小児の解熱に原則として使用しない薬剤が三つある。
アスピリン・メフェナム酸・ジクロフェナクナトリウムの三剤。
欧米の疫学調査でライ症候群の発生頻度が高くなるという疫学調査から追加された注意事項になる。
薬剤性ライ症候群は白人の小児にでる疾患で東洋人や日本人にはほとんどないからマユツバものの話だが。
ロキソニンはもともと成人用で小児に使わないからインフルエンザでも使用できる。

セデスハイの主成分はイソプロピルアンチピリンといういわゆるピリン系の解熱剤だがインフルエンザであろうと風邪であろうと使用できる。ただしピリン系なのでピリン系に対するアレルギーがある場合は禁忌になる。解熱効果は抜群にいいね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる