ここから本文です

最近首の付け根辺りの痛みが少し強くなって来ていて関係があるかわかりませんが頭...

kur********さん

2018/11/2709:54:10

最近首の付け根辺りの痛みが少し強くなって来ていて関係があるかわかりませんが頭痛もあります(頭痛はこめかみと頭頂部のちょっと後ろ辺りがズキズキではなく筋肉痛に近い痛みでさほど強くない)

首が原因の頭痛ってありますか?

ちなみに私は姿勢が悪く結構な首凝り肩こりがあります(カチカチです)

閲覧数:
126
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

men********さん

2018/11/2711:50:18

全ては姿勢の問題でした。


「慢性的な首こり、肩こり、腰痛の原因は患部にはない。」
これが私の結論です。


後ろ合掌はできますか?

自宅でのストレッチをお勧めします。

鏡を見て肩の高さ違いがないか確認してみてください。状態の確認は非常に重要でした。
体の歪みや姿勢の悪さがあれば是正は必須と考えます。
結構いるんですよ、スマホやパソコンの長時間利用で無意識に左右の肩が上がっている方。
私がまさにそれでした。



首こり、肩こり、眼精疲労、ドライアイ、めまい、顎関節症、更に多くの身体的な症状がありましたが、全て自力で治しました。

体の歪みに注目してみてください。

鏡に向かって左右の肩の高さを確認してみてください。
あと、巻き肩とも言われる肩の前傾ですね。


慢性的な首こり、肩こりに悩んで、整形外科や整体、カイロプラクティックに行っても治らなかったのですが、そもそも原因は首や肩では無かったことに気がつきました。
背中だったのです。
厳密に言えば胸椎、肋椎関節の歪み、旋回、肩甲骨周辺の筋肉の緊張、こりだということになると思います。

ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?
できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。
私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。

この事に気がついて首こりや肩こりを治すことができましたが、これによる良い影響は本当に大きかったのです。

対応としては自宅でストレッチが重要だと考えます。
当初は私も整体やカイロに行ってましたが、自分で問題の箇所を感じながら取り組んだ方が効率が良かったです。

特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。
頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。


姿勢の是正と後ろ合掌など背中のストレッチを進めてみてください。
両肩の高さを合わせて後ろ合掌しながら、顎を引いて首を伸ばすようにするストレッチ、また顎を引くのではなく、顎を突き出してやるバージョンもお勧めします。

またスマホ使用時はなるべく机の上で両ひじをついて肩の高さを合わせてやるようにしてください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sju********さん

2018/11/2800:29:46

カサイセンA錠が効くとおもいます。腱を柔らかくして症状を改善する珍しいタイの漢方薬です。副作用は全くなく、錠剤なので飲みやすかったです。処方薬で効果のない方にオススメです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yak********さん

2018/11/2712:01:53

>>首が原因の頭痛ってありますか?
ちなみに私は姿勢が悪く結構な首凝り肩こりがあります(カチカチです) ・・・
首や、姿勢が悪い事が原因で、頭痛になります。
緊張型頭痛でしょう。


頭痛の種類と痛み
*偏頭痛がこめかみ付近でズキズキと脈打つような痛み。
*緊張型頭痛は後頭部から首の後ろから、
肩あたりまでが重苦しくずっしりと痛む。


緊張型頭痛は後頭部から首の後ろ、そして肩あたりまでが
重苦しくずっしりと痛むのが大きな特徴です。

張型頭痛は、デスクワークやパソコン操作などで長時間無理に
うつむいたり顔を前に突き出したりといった姿勢のままでいるこで
肩や首がこってしまうことで起こりやすくなります。

ストレスによる緊張でも起こり、
身体的な条件だけではなく精神的なコンディションも関係してくる。
筋肉のこりが首や頭部への血流を妨げてしまうことで起こる頭痛のため、
症状を改善するためには、こりをほぐすことが有効的。

・仕事の合間にマッサージをしたり、休憩時に伸びをしたりなどでかなり楽になる。
・首や後頭部を温めたり、湿らせたタオルを温めて首の後ろや後頭部に当てると、
収縮していた血管が温められて拡張します。
(血行がよくなり、痛みが和らぐ)



★受診は、頭痛外来です。

日本頭痛学会: 認定頭痛専門医一覧・勤務病院
http://www.jhsnet.org/ichiran.html

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる