ここから本文です

キリスト教聖書から 創世記 2:16主なる神はその人に命じて言われた、「あなた...

ogi********さん

2018/11/2718:27:57

キリスト教聖書から

創世記
2:16主なる神はその人に命じて言われた、「あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。 2:17しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。

それを取って食べると、きっと死ぬであろう」。

上記の時は、地上には人間アダムしかいませんでした。ですから、どこかの宗教団体が、「神はアダムとエバに善悪の木を取ってはならないといいました」という説教は、間違っています。ただし、蛇からの誘惑の時には、エバは少なからずこの木に対して知識があったとみられますが、どの程度の認識だったのでしょうか?

閲覧数:
57
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

h0q********さん

2018/11/2719:04:16

「神はアダムとエバに善悪の木の実を取ってはならないと言った」は
創世記Ⅰからの説明なんじゃないでしょうか。
創世記Ⅰ植物 --> 動物 -->アダムとエバ
創世記Ⅱアダム --> 植物 --> 動物 --> エバ
エバは、創世記Ⅲ 3節で
「園の中央に生えている木の果実だけは、食べてはいけない、
触れてもいけない、死んではいけないから、と神様は
おっしゃいました。」と言っているので
神が「死んでしまうから食べることは勿論、触れてもダメだ」と
説教したことは知ってました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aki********さん

2018/11/2821:58:24

創世記3:3には、
神は、あなた方はそれから食べてはならない。いや、それに触れてもならない。あなた方が死ぬことのないためだ
といわれました。
とあり、
食べないで、触るだけなら良い、と言う認識ではなく、触ることも、良くない。との認識があったことが理解できます。

cat********さん

2018/11/2723:06:23

なんともいえませんね。主がアダムとエバにおっしゃられた
ことのすべてが聖書に記されているとは限りませんからね。

fen********さん

2018/11/2722:03:57

神話物語を論議する場合、その神話の創作意図が判らなかったら
神話の論議にならないんじゃないかと思いますし、エバは神から
食べてはならないと言われた木の実を食べました。
その結果人間は死ぬようになりましただったら、それこそ
小学校の道徳の時間にでも説教してほしい話だし
キリスト教会の教理は、まさにそのレベルでしかない。

アダムとイブの神話がそれが書かれた時代までのユダヤ人の
歴史の回顧であったら、それ以前のユダヤ人の歴史なり、その時期の
イベントが書かれたいくつかの書物を読めば、アダムとイブの神話
の記事から得られる内容よりも、遥かにその物語の背景が
判ります。

エバは何故木の実を食べたのか、もしかしたら食べざるを得なかった
のかも知れませんし、アダムも結局はエバに同調せざるを得なかった
のかも知れません。

私の個人的な見解と言う事にとどめておきますが、
”アダム神話は、ユダヤの民の創世神話である”
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_adamhonma.html

キリスト教会にとっては余計な話かもしれませんが。

afo********さん

2018/11/2719:09:12

>蛇からの誘惑の時には、エバは少なからず
>この木に対して知識があったとみられますが、
>どの程度の認識だったのでしょうか?


女はへびに言った、
「わたしたちは園の木の実を食べることは
許されていますが、ただ園の中央にある
木の実については、これを取って食べるな、
これに触れるな、死んではいけないからと、
神は言われました」。
(創世記3:2-3)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる