ここから本文です

FXで儲けることに期待してはいけません。

アバター

ID非公開さん

2018/11/3018:44:34

FXで儲けることに期待してはいけません。

FXは金融商品取引法に定められた合法のみ行為です、会員の損した分が業者の売上・利益の全てになるので、「お金を払って遊ばせてもらうゲーム・娯楽・合法賭博」です。株とは違って投資・資産運用・金儲けの手段にはならず、パチンコと同じ「楽しむ適度に楽しむ遊び」です。のめり込み・依存症に注意が必要です。業者は法律に従った取引を行い、「契約締結前交付書面」で説明責任を果たしています。誰もが気づかないFXの特徴。

(1)取引は会員と業者だけで完結しカバー銀行・同業他社・インターバンク・他会員など第3者は関係しません。NDDとかマリーなどあり得ない。
(2)会員の負けた分が業者の売上・利益の全てになり、スプレッドの差が業者の利益になるというのは株などの仲介取引と混同した間違った説明です。
(3)会員向けのレートは各業者が独自に(勝手に)作成しています。マスコミなどで報道されるレートと同じではない。これを「レート操作」と非難する人もいるでしょう。
(4)会員個別に違ったレートを配信することもある。買うと下がり売ると上がるとか、買った人向け下に長いヒゲ、売った人向け上に長いヒゲ、様子見待ちの人向け変化なし、直ぐに統一など。
(5)実際には為替(通貨)の売買はやらない。買ったつもり、売ったつもりで、決済取引の後に差額だけをやり取りする取引。会員は1ドルも1ユーロも受け取らないし、業者は外国通貨を用意する必要はないので、会員以外とは取引しない。
これらの事柄は金融商品取引法に従った取引であり、業者は「契約締結前交付書面」で説明責任を果たしています。法律は嘘をつかない、業者も「契約締結前交付書面」では嘘をついていないはずです。マスコミ・評論家・解説本の著者・ベテラン・初心者・巷の噂話・欲に目が眩んだ勝手な思い込み、誰の説明よりもこれは正しいはずです。まずFXを規定している金融商品取引法から。

FXを規定している法律。
金融商品取引法第二条22 この法律において「店頭デリバティブ取引」とは、金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行う次に掲げる取引をいう。 
一 売買の当事者が将来の一定の時期において金融商品及びその対価の授受を約する売買であつて、当該売買の目的となつている金融商品の売戻し又は買戻しその他政令で定める行為をしたときは差金の授受によつて決済することができる取引 。 
●この法律によれば、FXとは客と業者が一対一で取引条件を決める店頭取引(株は取引所取引)なので、ある瞬間に100円で、100円3銭で、100円5銭で買う人がいるかも知れない。業者が会員全てに同一のレートを配信しない場合もある、ということ。買うと下がり、売ると上がる、時には買った人向けレートが下に長いひげ、売った人向けに上に長いひげ、様子見待ちの人向け変化なし、直ぐに同一レートということも。 
デリバティブ取引(株は直物取引)とは為替その物の取引ではなくそこから派生する取引、つまり為替の売買はしない。外国通貨の仲介取引は行わない。金融商品市場及び外国金融商品市場によらない取引なので、インターバンク取引、東京金融商品取引所での引は行わない。NDDなどあり得ない。
差金決済(株は受渡決済)とは為替の受け渡しも、その代金の受け渡しも行わないのだから、実際には為替の売買は行わないで、売ったつもり買ったつもりで、決済取引の後に差額のやり取りを行う。会員は1ドル・1ユーロも受け取らないし、業者はカバー銀行、同業他社、インターバンクと外国通貨の取引は行わないし、外国通貨を用意する必要もない。従ってスプレッドの差が業者の利益になるということはない。 
●この法律で決められている取引とは、客からの注文があると、その注文を呑み込んで、インターバンクや東京金融商品取引所などの金融商品市場やカバー銀行や同業他社・他の会員に取り次ぐことなく、業者自身が取引相手となって取引を成立させる取引、 商品先物取引法で禁止されている「のみ行為」です。つまり、FXとは金融商品取引法に規定された「合法のみ行為」なのです。因みにインターバンク取引(銀行間取引)は100万ドル単位で、FXは株と違って比例配分制度はないので小口を集めての取引きはできず、差金決済ではなく直物取引・受渡決済・RTGS です。取引をしようとすれば業者は多額の資金(多国通貨)を必要とします。 (文字数的に全部載せられません

このコピペをよく見ますがどこかの業者ですか?

会員向けのレートは各業者が勝手に作成してる
マスコミの報道とレートが同じではない、と書いてありますが どこの業者のレートもマスコミなどで報道されるレートも同じな気がしますが… 多少のズレはあるかもしれませんがその程度ではトレーダーの損益を操ることはできないと思うのですが、違いますか?

閲覧数:
227
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sto********さん

2018/11/3020:08:30

業者ではありません。
アンチ業者かトレードとは縁のない負け組です。
又は、元業者にいたけどクビになった人だと思います。

何故なら、こんなことを周知しても業界にとって何もプラスにならないからです。

ただでさえFX業界には黒い噂が多いのに、そんな自分たちの首を絞めるようなことを…彼らもバカではありませんよ。

稼ぎ過ぎると口座凍結されるとか
https://wizard-fx-trader.com/freeze/

ノミ行為とか
https://wizard-fx-trader.com/bucketing/

全ては勝てなかったトレーダー達による【負け組の遠吠え】です。

あ、間違えた。

負け犬の遠吠えです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/12/107:42:34

    それにしてもよくこんなに長い文章思い出しますよね 作るのもめんどくさそうです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/12/5 07:47:58

ワンワン!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mou********さん

2018/12/506:37:54

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/top_of_fx

FXは簡単らしいです

次々に手法が沸くらしい

俺には教えないなんて書いているので俺以外の人には教えると思いますよ

ただ、回答一覧を見ても勝組とは無縁のようで

FXが簡単と書く割には予想も出来ない、ど素人並みですが

本人は勝っている、儲かっていると書くので聞いてみてはどうですか?

聞くのはタダですし!

儲かれば儲けもの!

htt********さん

2018/12/420:16:12

レートの違いについては恐らくスプレッドのことではないでしょうか。http://www.mantiscentipede.work/article/460283080.html?1543921826

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kan********さん

2018/12/317:42:05

某有名中学の入試問題 次の文章を読んで質問に答えなさい。
「FXで儲けることに期待してはいけません。FXは金融商品取引法に定められた取引で、これは「お金を払って遊ばせてもらうゲーム・娯楽・合法賭博」です。・・・・・・・」
筆者は何を言おうとしていますか?
(1)皆さん、FXで儲けましょう。
(2)FXは儲からないので止めましょう。
ほとんどの生徒が正解するでしょう。この程度の文章、せいぜい原稿用紙10枚程度の文章が読み取れないとしたら、有名中学には入れませんよ。中学生に解説してもらって下さい。
ここの回答欄は全角4,000字(原稿用紙10枚)以内です。業者が「FXは儲からないので止めましょう」などと言う回答をするはずがないでしょう。長い文章を読むのが嫌な人なのですね。

ところでこの回答の内容はどうですか?結論として「FXは金融商品取引法に定められた「合法のみ行為」です。投資・資産運用・金儲けの手段にはなりません」と言っています。これが間違えだというのなら、どこが違っているのか指摘できますか?「FXを規定しているのはこの法律ではない。〇〇法律である」とか「店頭取引・デリバティブ取引」の意味は違う。「本当は〇〇という意味である」等。それとも内容は正しい、合法のみ行為であることを認める。しかし、説明の仕方が気に入らない、と言うのですか?

(ウィキペディアから) フィルターバブルとは、「インターネットの検索サイトが提供するアルゴリズムが、各ユーザーが見たくないような情報を遮断する機能」(フィルター)のせいで、まるで「泡」(バブル)の中に包まれたように、自分が見たい情報しか見えなくなること。
●ウェブビーコンによるトラッキングにより、各ユーザーのプライベートな情報が把握され自分と同じ意見があらゆる方向から返ってくるような閉じたコミュニティの中にいるというエコーチェンバー現象が起きている。人々は自分と同じような見方をする人たちとだけ情報交換をし、閉じられた泡の中にいるという状況になっている。このフィルターバブルの中に安住し、エコーチェンバー現象に陥っていると、FXの本当の仕組みが見えなくなってしまう。そこで普段とは違った情報に接することによって新たな見方ができるようになる。
長い文章嫌いな人には苦痛かも知れませんが新しい情報に接してください。新たな世界が見えてくるかも知れませんよ。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~tanaka1942b/fx-4.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

abc********さん

2018/12/317:10:46

会員向けのレートは各業者が独自に(勝手に)作成しています。
FXの会員ならば誰もが一度は読んで、理解し、納得したはずの「契約締結前交付書面」から引用します。会員向けのレートは各業者が独自に(勝手に)作成しています。レートが違うのでカバー銀行・同業他社などとの取引は出来ません。店頭取引・相対取引なので特定の会員を狙い撃ちしてストップ狩り(長いヒゲ)を仕掛けたとしても、法律違反とはならないでしょう。 業者は頻繁に「契約締結前交付書面」を改定しています。これも古くなっているかも知れません。ご自分の業者のがどうなっているのか確かめて下さい。その際に、(1)相対取引である。(2)差金決済である。(3)FXは金融商品取引法第二条22に基づく取引である。以上のことが明記されているか確認してください。これらの説明が不十分だと同法第四十条の二に反する恐れがあります。

●当社のFX取引サービスはお客様と当社の相対取引であり、取引所取引ではありません。当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しています。そのため、当社が提示するレートは、カバー先や同業他社が提示している為替レートと必ずしも一致するものではなく、市場レートや他社の提示するレート等と大きく乖離することがあります。お客様は当社に対し、外国為替市場の外国為替レートに基づいて当社が提示する外国為替レート以外のレートを主張できないことをあらかじめ承諾するものとします。(ヒロセ通商)
●当社がお客様に提示するレートは、当社の取引提携金融機関から配信されたレートをもとに、インターバンク市場の実勢レート等を考慮した当社のレートです。当社がお客様に提示したレートは、原則として約定拒否することなく約定いたします。(マネーパートナーズ)
●取引にあたり、当社からお客様に提示する為替レートは、ビッド価格とオファー価格で異なりますが、各々の提示レートは取引時刻に近接した時点のインターバンクレートを基準とし、市場動向等を勘案して当社が独自に決定します。(FX トレード・フィナンシャル)
●当社が会員ページにおいて表示している店頭外国為替証拠金取引に係る各通貨の価格は、インターバンク市場に参加している当社のカバー取引先から提供される最新の価格を参照し、当社がお客様向け取引レートとして算出したものです。(GMOクリック証券)
●FXブロードネットはお客様と当社との相対取引であり、当社の信用状況によっては損失を被る危険性があります。また、当社が提示する為替レートは他の情報(テレビやインターネット等)とは同一ではなく、不利な価格で成立する可能性もあります。(FXブロードネット)
●当社のFX取引サービスはお客様と当社の相対取引であり、取引所取引ではありません。当社では、複数のカバー先からの配信レートをもとに当社で生成した独自のレートをお客様に提示しています。そのため、当社が提示するレートは、カバー先や同業他社が提示している為替レートと必ずしも一致するものではなく、市場レートや他社の提示するレート等と大きく乖離することがあります。また、場合によっては、お客様にとって不利なレートで約定することがあること、当社レート履歴に記載のない不利なレートで約定することがあります。これらの約定は、ロスカット時や逆指値注文時に生じますが、これに限られるものではありません。(DMM FX)
●OTC(相対取引)リスク 店頭外国為替証拠金取引はお客様と当社との相対取引であり、当社の信用状況によっては損失を被る危険性があります。また、当社が提示する為替レートは他の情報(テレビやインターネット等)とは同一ではなく、不利な価格で成立する可能性もあります。当社では、カバー取引の相手方であるカバー先金融機関から配信されるレートに基づき、当社独自に生成した取引レーをお客様に配信いたします。(外為オンライン)
●取引にあたり、当社からお客様に提示する為替レートは、ビッド価格とオファー価格で異なりますが、各々の提示レートは取引時刻に近接した時点のインターバンクレートを基準とし、市場動向等を勘案して当社が独自に決定します。(FX トレード・フィナンシャル)
●『選べる外貨』では、お客様は、外国為替市場の実勢である当社カバー取引先金融機関が提供する為替レートに基づいて当社が提示した為替レートで売買を行う事ができます。テレビ、新聞、インターネット等他の情報媒体が表示する為替レートはあくまで市場の参考価格に過ぎないこともあり、当社がお客様に提示するレートと異なることがあります。(FXプライム)
●当社がお客様に提示・配信する取引価格は市場の状況を参考に当社独自の基準で決定するため他社の提示の提示価格と必ずしも一致 せず 、乖離する場合があります。(上田ハーローFX)
●当社は通常、提携カバー先から配信された取引提示価格を参考にして、当社基準にて決定されたオファー価格とビッド価格を取引価格として提示します。(セントラル短資FX)
●当社では、カバー取引の相手方であるカバー先金融機関から配信されるレートに基づき、当社独自に生成した取引レートをお客様に配信いたします。(アイネット証券)
●本取引は、お客様と当社の相対取引です。本取引では、複数のカバー先からの配信価格や市場環境をもとに当社が生成した独自の価格をお客様に提示しております。そのため、当社が提示する価格は、他の金融機関や市場価格と必ずしも一致するものでなく、大きく乖離する可能性もあります。(インヴァスト証券)
詳しくは下記リンク先をどうぞ。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~tanaka1942b/fx.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

for********さん

2018/12/112:30:40

どうせFXで損した奴が書いているだけなので気にしなくていいと思います。
確かにパチンコなどのギャンブルと同じと言えば、まあそうだねと答えますが。
当然、負ける奴しかいないのであればFX自体が無くなっていくと思いますよ。逆に会社が増えているのが現実です。
パチンコ屋だって、かつて人気だったころスロットの3号機時代なんて座る場所がないくらいの人気でしたが、勝てなくなった4号機、5号機の今は閑散として「店やってる?」みたいな状況です。潰れたパチンコ屋も多数。もしFX自体がコピペ通りならパチンコ屋と同じ道を歩んでいるはずです。
FX初めて残れる人10%というのも、何となく初めて見たという人も入れての話です。キチンと資金をためて、データを集め、実際に1Lot取引からスタートして、本気で取り組んで、という人だけ集めた統計ではどうなるのでしょうか?私の周りでも始めたけど止めた人は資金10万、とか思ったより稼げないから慣れないうちからLot数多く取引して資金割れしたとか、スキャルピングで始めたけど地味で止めたとか、そういった人ですよ。逆に残った人は、面白さを見つけた人。
損益を操る、これはどう取ればいいのか分かりませんが。意図的に数字の改ざんというのであれば、まあ無いと考えてよいと思いますよ。
負けるようにできている?いやいやここ数年、年間通してプラス収支です。マイナス月もありませんよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる