ここから本文です

東海道線の大船~藤沢、に鎌倉市深沢方面に枝分かれする支線はありましたか?

kac********さん

2018/12/121:49:32

東海道線の大船~藤沢、に鎌倉市深沢方面に枝分かれする支線はありましたか?

国鉄マンだった知人宅で古い8ミリを見せてもらったら、旧国40系が大船を発車して間もなく平面クロスをまたぎ、単線電化の支線を3分ほど走って終点に着いていました。

駅名は不明で、乗客はすべて男性でした。
その40系は夕方17時頃にも大船に男ばかり乗せてきたようです。

閲覧数:
66
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

paw********さん

2018/12/207:34:05

大船工場へ行く支線がありました。
工場といっても、当時は車両の解体場としての方が有名だった場所で柵のすぐ近くから切断されていく車両を見ることができました。
今も一部引込み線の遺構があります。
ここへの職員輸送用にクモハ40が使用されていました。
同時期に国府津~国府津電車区の職員輸送にもクモハ40が使用されていました。

質問した人からのコメント

2018/12/6 21:33:32

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sap********さん

2018/12/123:50:55

そろそろ、大船工場があった事をご存じない世代の人が現れましたか。

https://www.google.co.jp/maps/

Googleマップで「鎌倉総合車両センター跡」と入れれば出て来ます。
踏切跡とか、線路跡がまだ残っています。
また、現地は広大な空き地が広がっています。

mar********さん

2018/12/121:58:26

大船には国鉄の車両工場がありました。
車籍のない入換動車として、クモル145,クル144(元車番不明)を始め下記の車両が使用されていたが、工場部門の業務終了に伴い用途廃止となった。
クモヤ145形
2両(クモヤ145-2、111)
103系電車
別々に運用されていた2両(クモハ103-11+クモハ102-1201)を組み合わせ、パンタグラフ移設・前照灯を増設・塗色変更のうえで使用されていた。



ウィキぺぢあより転載

プロフィール画像

カテゴリマスター

bab********さん

2018/12/121:54:10

国鉄大船工場ではないですか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる