ここから本文です

高長恭という中国の武人がいますが、どこまでが名字でどこからが名前ですか?

アバター

ID非公開さん

2018/12/122:33:28

高長恭という中国の武人がいますが、どこまでが名字でどこからが名前ですか?

蘭陵王とも呼ばれるようで、それは王号というものらしいのですが、それらについても解説いただけばと思います。

閲覧数:
106
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2018/12/123:22:58

高長恭は中国の南北朝時代、北朝の王朝のひとつである「北斉」の皇族です。姓は高、名は粛で、長恭は字(あざな)です。近代以前の中国史上の人物は姓+名ではなく姓+字で呼ばれる事も多いですね。例えば秦を実質的に滅ぼした項羽も名は籍といい、羽は字です。
蘭陵王、というのはWikipediaでは王号と書いてありますが、要するに「蘭陵の王」です。蘭陵というのは地名で、皇族として王位を与えられ、その所領として蘭陵の地を与えられたという事。高長恭が蘭陵王に封じられたのは数え20歳の時のことです。この時、兄の高孝珩(こう-こうこう)も広寧王に封じられています。

ついでに蘭陵王の仮面の話も書きます。
北斉が北周に攻められて洛陽を包囲されたとき、北周軍の包囲を破って蘭陵王の軍勢は洛陽の城壁まで辿り着きましたが、城内の味方には乱戦で蘭陵王の軍勢だと判別が付きませんでした。そこで蘭陵王は兜を脱いで顔を晒し、それで城門を開けてもらう事が出来ました。洛陽城中(当時の中国では城といえば都市を丸ごと囲む城壁のこと)では敵の包囲を破って援軍に来てくれた蘭陵王を讃えて『蘭陵王入陣曲』という歌謡を作って歌ったといいます。
その逸話が後世になって「素晴らしい美貌で敵も味方も見惚れるほどで、戦場で目立ちすぎるがゆえに常に仮面で隠していた」という話に発展し、それで蘭陵王と言えば仮面の美丈夫、というイメージが定着したわけです。
なお、北斉のために数々の武勲を挙げた蘭陵王ですが、後にその武勲の大きさや人気の高さなどを疎まれて、時の皇帝から毒を送られて自殺させられます。享年33。その輝かしく短すぎる生涯もまた、蘭陵王の伝説を華々しく彩るスパイスになっているのは間違いないと思います。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/12/123:45:41

    ご回答ありがとうございます!ご解説がわかりやすく大変助かります...!
    蘭陵王とは個人名ではなく、「蘭陵を治める王」という意味合いの統治者としての名前なんですね。
    字(あざな)について調べましたが、元服、つまり成人した後に名乗る名前が字(あざな)で、元服する前に名乗るのが(高長恭の場合)粛ということであっていますか?
    名は幼名ととらえてよいのでしょうか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる